空に浮かぶ虹と…♡

you are my brightest…☆

キミはキラキラ star of my days ★

私事ですが、担当さんの誕生日をお祝いしたくてはじめたブログが1年を迎えました!

ブログを読んでくださっている皆様、いつもありがとうございます★

読んで頂けるだけでも嬉しのですが、中には感想まで下さる方もいらっしゃって…泣

自己満足の世界に共感して下さることはとても幸せな事ですね。

これからも書きたい時に書きた事を綴る自由気ままなブログになると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

さて、私は昔から人に興味を持ちにくい性分の為、他人にハマる事ってそうそうなかったんです。俳優の〇〇、アイドルの〇〇カッコいいよね~って言われても「ふーん、そうなんだ~」といった感じで特に芸能の男性には無関心。

なので、まさか人生の中でこんなにもアイドルに惚れ込むとは思いもしなかったので今でも凄く不思議な感覚なんですけど、いやーーーー大好きですね←

彼は何なんでしょうね??

知れば知るほど好きになる一方だし、本気でこれ以上の人はいないと思っています。

間違いなく私にとって最初で最後の担当でありアイドルです。

 

そんな大好きな担当の去年の誕生日には好きなところを30個上げたんですけど、今年はどうしようかなーーーまた31個書く??余裕で書けそうだけど。

 

 

じゃあ今年はあの伝説の美的第二弾もあったことだし、私が外見の好きなところを独断と偏見で上げていきまーーーす★

※私の雑誌コレクションを引っ張り出して写真を撮ってきましたので映りの方は悪しからず(その他媒体は拾い画を使わせて頂きました!)

 

 

 

さぁ、美貌の扉を開きましょう。

きっと彼の美しさにあなたの何かが狂う…はず(にやり)

 

 

 

 

それでは、まずこちらをご覧下さいませ。

 

はい、どーーーーーーん!!!

f:id:suu11_11:20181014190318j:image

 

 

はい、これが噂の美的ですね。

私のファーストコンタクトの感想は三度見した後で「…えっと…美人すぎじゃない?」

でした。

 

何の先入観もなくこのページを見た方は誰かわからないのでは??

しかも正面からではなく横顔が1ページどーん!!と載っている為、まず「美しい」という意識から入って、この美しい人は誰!?と興味がそちらに向かうはず。

アイドルだから正面のお顔がピックアップされがちで正面も勿論美しいんだけど、てごちゃんって横顔のほうがより「艶」や「色っぽさ」が出ていると思うので、この大きなカットで彼の印象として通ってこなかった新たな魅力が多くの方に認知されて凄く嬉しかったですね。

というか、そもそも「女性の美」を追求する専門雑誌で男性が女性の今季トレンドメイクを紹介するんですよ??この企画自体が凄いことじゃない??

まぁこんな美しい顔面を間近で見ていたら美的のスタッフさんも「てごにゃん女性メイクしたら絶対似合うと思う!!」「親に感謝~~~」って言うわ。

この企画を考えて下さった美的スタッフの皆様には感謝しかないですが、美容の知識も豊富でてごちゃんを身近に見ているのであれば必然だったのかもしれませんね。

はぁ…それにしても美しや…。額縁に飾りたい。

そもそも、こんな美貌を持っているのに出していかないの逆に勿体なくない?

もういっそのこと写真集出しちゃわない??

しかも女性アイドルみたいなやつが良いなぁ。(衣装とメイクとスタジオで完璧な美の追求から、非日常の絵画のような世界、そして南の島で水着だったりお部屋でリラックスした感じだったりお風呂あがr)

 

 

 

 

  

じゃあまずは、色やセット一つでオタクがワーキャー騒ぐ部分。

変化が一番わかりやすくて印象がガラッと変わり、新たな発見に動悸トキメキが止まらない髪型及び髪色から行ってみよう☆

 

 

 

最初は、今や世間的には彼の一番のトレードマーク「金髪」

 

 

たまに茶髪や黒髪熱望の方がいらっしゃいますが、私は彼が金髪にした思いと太陽のように可愛いくて明るい笑顔がより映えるから金髪を愛してやまないのです(いや…長期でなければたまにの変化は大好物だけどな←)

そして、彼の金髪はもう私の目にはヒヨコちゃんか天使にしか見えないという大変愛しい呪いにかかってます🐥ピヨピヨ

どんな感触をしているのかは分からないけど、絶対ふわっふわでしょ???

後頭部とか特にピヨピヨしていて愛くるしい。

触りたいーヨシヨシしたいー撫でくりまわしたいーーー!!

襟足もカーブに合わせてピョコっと跳ねてるのがさらに可愛いんですよ!ほら見て!!

f:id:suu11_11:20181029004650j:image

 

 

 

そして金髪は金髪でも色んな種類形があってだな…

 

 

 

 

 

☆覚悟と決意の金髪初期(2013年)

ここからが金髪のはじまり。

理由を「人と同じが嫌だから」そう言っていたけれど、この言葉にはいろんな思いが詰まっているんだろうなぁと思っています。

染めたての時はまだ眉毛真っ黒ですね、凛々しい。

 

f:id:suu11_11:20181022233228j:image

 

 

 

 

 

 はい、じゃあ次~!!!

 

☆今では珍しい金短髪時期(2014年前半)

f:id:suu11_11:20181102230109j:image

あんまり人気がないこの髪型。

何で!!?めっちゃカッコよくない!?

スポーツ万能爽やか少年のようじゃないですか?

んーアイドル的要素があまり感じられないからですかね??

 

この頃はテゴマスの青春でツアーをしているんですけど、いつも可愛い可愛い言うてる私が「はぁ…カッコいい。付き合いたい」と、リア恋爆発させる時期ですね。

美しすぎてどこか架空の人物的な感じから一気に等身大の男の子感が出てきて、そこがまたリアルでいいんですよね~。

スターなんだけど、より身近に感じるというか現実味がある感じ。

 

私の中でのNEWSとテゴマスの境界線の1つはそこのような気もします。

テゴマスにアイドルっぽさは求めていない私からすると、青春のセットリストとこの風貌が最高にマッチしていたんですよね。行けなかったの本気で悔やまれる…

ねぇーーーテゴマスのアラサーやろうよぉぉぉーーー!!!(こじらせている) 

両立活動や歌声等その他諸々内部的問題に色んな事を言う人がいるけれど(本当大変な職業よね、あーだこーだと…めんどk(毒))

例え1曲やラジオだとしても、歌声が聴けるだけ有難いと私は思う。

いくら”今の声”を望んでも二度と叶わないことだってあるんだから。

彼らにしか奏でられない音を、そして彼らがやりたいタイミングの時にできるような環境下になると良いなぁと望んでいます。

 

私は単純に楽しそうに歌う2人の歌声が聴きたいから待つだけ、以上!笑

f:id:suu11_11:20181027111026j:image(この衣装の良いとこは、より強調されたムッチムチの二の腕ですね。はー最高。そしてテゴマスの距離感。何なんだよ君たち)

 

 

 

 

 

WINK UP様のこの単独表紙はずっと大切にしています。

f:id:suu11_11:20181027184300j:image

(この企画最高でしたよね…コレクターなので全メンバー分所持済です笑)

 

にゃんこ×てごちゃんの組み合わせとか…天才ですか!???

猫好きの私得でしかないやないか!!

「(犬を飼っているから)犬のイメージが強いだろうから敢えて猫で…」って事だったみたいですけど、私はてごちゃんを性格もお顔も猫ちゃんに似ているとずっと思っているので、待ってましたーーーー有難うございますーーー!!!と歓喜でした。

短い毛のてごにゃんに長毛種の猫、イケメン×イケニャン。

はーー最高かよ。

しかも頭に乗せちゃうんですよ?ずるいわーーー。

あなた、自分の魅せ方分かりすぎでしょ…そういう所も大好きだけどな!!

 

本誌の中身は超自然体な「26歳・男・祐也」が盛りだくさんで載っていますので(彼氏みがすんごぉいよ…だから「ゆうや」呼び)お持ちでない短髪好きな方は是非お勧めです!!いやマジでこの企画リア恋爆発するから。

 

 

 

 

そして、ONEのPV。

f:id:suu11_11:20181102230140j:image

 最初にNEWSを意識した時に見た映像の中で、曲とPVのカッコよさにビックリしたのがこの曲だったのでNEWSのPV再生率ではダントツです。

だから今でも私の中でサッカーソング代表のような思い出深く大切な1曲になっています。

サッカーソング+短髪+ユニフォーム風衣装、最高じゃないですか?

見た目チャラい人が嫌いだと言う友人にもこのPVのてごちゃんと曲は凄く好評なんですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、次はみんな大好きですよね☆

いつも以上に女子より可愛い長髪期。(2015年)

f:id:suu11_11:20181015004332j:image

ちょこんとした座り方といい、首の傾け具合といい、お手手の添え方、表情…はぁ、、、なんじゃこの可愛さは。

 

こんな女の子いたら絶対モテますね。私もこんな彼女欲しいもん。

そしてべたべたに甘やかしたいし、甘えられたい。

 

 

 

KAGUYAやWhiteの時期が特に長めですよね。

PV撮影とコンサートの為だったのかは分からないですが、本当有難うございます!!

中性的なお顔の”綺麗”をより引き出してくれる髪型だからこそ、長髪のてごちゃんはまさに「美」です。

 

f:id:suu11_11:20181015004845j:image

桜の妖精かな??精霊かな??天使かな??

 

 

 

 

こちらは「男・祐也」感が凄いですね。

あーこの風貌でギターガシガシ鳴らしながらロック歌ってほしい!!

ロックバンドで(ポジションはギター兼メインボーカル)女をちぎっては投げする超プレイボーイだけど、実は”孤独”が怖くて心の穴を埋める為の何かを探し求めている。

強がりだけど実は寂しがり屋枠で是非お願いしたい。

f:id:suu11_11:20181017005624j:image

 

 

 この2つを目の前に並べられて、「セクシーなのキュートなのどっちが好きなの?♬」って松浦亜弥ちゃんが私に歌いながら詰め寄ってくるんですけど(若い子は知らないかもなぁ汗)私の好みはカッコいいよりも断然可愛いです。

 

 

 

ほーら可愛い♡

 

 

f:id:suu11_11:20181017005809j:image

 (見て下さいよ…てごちゃんがやったであろう生クリームの下手くそさ。愛しいーーーー!!!!)

 

キュートに笑っている彼の周りには常にピンクの色彩が見えるんですよね。

てごちゃんは周りを明るくする才能を持っている。

笑顔を見るだけで、こっちもつられて笑顔になってしまう不思議な魔法。

それは自分自身が常に「楽しい」と意識していないと出来ない事ですよね。

自分を自分で楽しませ、それが周りをも明るくするという素敵な才能の持ち主。

 

 

 

このボブみたいになってる髪型も可愛いですよねぇ♡

f:id:suu11_11:20181028130145j:image

 

 

 

 

 

そして長髪の究極形態。

ベストオブ可愛いのはーーーー

(ドラムロール)

 

 

 

じゃじゃーーーーーん!!!

はい!これ!!!!!!

f:id:suu11_11:20181014192729j:image

長髪+ポンパ!!!

もーこのてごちゃんを見た時の衝撃と言ったら…!!

余りにも可愛すぎて、ファンになりたての頃にNEWSで最初に買うDVDは絶対White!!と思った大きな決定打でした。

てごちゃん×ポンパ×色白最強説がここに誕生しましたね…

そしてだたのポンパじゃなくて全体的なフワフワセットもたまらん案件です。

何なんだこの可愛さは…そりゃ増田さんも相方の足の上に自分の足を置いてちゅーを迫りたくなりますわ(これは是非WhiteのMCをご参照ください。テゴマスの破壊力凄すぎますので…)

 

 

 

2018年はなんだか斑に黒めアッシュが入っていたり耳辺りに白が入っていたり…きっと本人の希望ではなく美容師さんのセンスでこうなっているのかな?

この斑加減がどうも三毛猫に見えてしょうがないので、結局は可愛い。

f:id:suu11_11:20181028005455j:image

 

 

 

 

 

そしてセットですが、あまりセットされました感がなく短めでストンとした感じが特に好きです。


f:id:suu11_11:20181027200543j:image

無防備すぎる…衣装も相まってこれこそヒヨコちゃんみたいじゃないですか?

あぁ…全力で守りたい…。

この世の全ての悪から守りたい(過激派)

(そしてこの時のトークは、小さい頃の夏の思い出は草むらでトトロを探していたと言っています。純粋かよ!!!エピソードすら可愛すぎて、私の何かが爆発しそう。もう勘弁して) 

 

 

 

LPSの時期は結構暗めでしたね~!!冬毛かな~(猫扱い)

f:id:suu11_11:20181027200720j:image

個人的には明るい色が好きなんだよなぁ~なんて思ったりなんかしましたが、これはこれでより現実味と男性感が増してドキドキしますね。

 

 

 

 

 

さて、周りをパッとする華やかな金髪期のお次は私の大好きな銀髪期です。(2013年冬)

f:id:suu11_11:20181021132415j:image

 

 

 

実は私がてごちゃんに一目ぼれしたのがイッテQの男7人雪合戦祭り。

(リアタイではなく、動画漁ってて出会った)

f:id:suu11_11:20181022233638j:image

元々イッテQでいつも笑っている明るい子って好印象だったので気になってはいたんですけど、男7人祭りの登場シーンで「えっ!!あのいつもスタジオでニコニコ笑っている子がこの子!?」ってなって本編見たら、とんでもなく綺麗なお顔なのに運動神経は抜群だし超負けず嫌いで男気あるし、熱くて真面目で仲間思い。

「目の前で仲間がやられる姿を見るのが悔しい」この一言でズキューーーンですね。

そして、ここぞという所では必ず成果を上げる。

いやいやいや…そんなんすぐ惚れてまうやろーーー!!!

イッテQの彼しか知らない方はチャラいという固定概念が出来ているのかもしれませんが、ロケでの立ち振る舞いを見ていると世間のイメージとのギャップが一目瞭然なんですよね。その一面により多くの方が気づいてくれると嬉しいなぁなんて思っています。

(そんで、その後見た24TVのイモトさんマラソンハグで完全沼堕ち)

 

 

 

銀髪時期はたぶん1か月くらいしかないと思うので大変貴重ですね!

だからこそ、イッテQとテゴマスの「ヒカリ」で銀髪を残してくれたの本当に有難すぎる。

 

特にこのアルバム曲である「ヒカリ」を選んでPV作ってくださったテゴマスと関係者各位に高級ハム送りたい。

 

f:id:suu11_11:20181015010505j:image

あぁーーーヒカリのPV超好き。

というかテゴマスの楽曲の中で1番好きなんですよね、この曲。

NEWSよりもアイドル要素が抜けてフワッとした自然体な空気感の二人が妙にリアリティがあってドキッとします。

曲名でもある「ヒカリ」の通り、自然光に照らし出された二人の美しさ、そしてその光が朝~昼~夕方~夜へと移り変わっていく様子も情景や感情と相まって凄く良いんですよね。

暖かい日差しに照らされた銀と赤の髪色コントラストも最高じゃないですか?

 

そして只でさえカッコ可愛いテゴマスがワンワンと戯れるんですよ…そりゃぁもうあんな姿やこんな姿が…

f:id:suu11_11:20181029005132j:image

あぁーーーだからイケメン×動物はダメだって!!!

萌えの破壊力が半端ないんだからっっ!!

 

そしてこのストーリーがまた良いんですよね。

男の友情というか唯一無二の相方感というか…

はぁーーーテゴマス尊い。(結局それ)

(メイキングもめちゃくちゃ良いよ!テゴマスの空気感とか距離感が最高!是非テゴマスの青春初回盤を手に取ってみてくださいませ!!)

 

 

 

 

あっ!そういえばイッテQのウォーターアートのスタジオ披露も銀でしたよね?

f:id:suu11_11:20181028011941j:image

上から手元を映すから普段見えない頭のテッペン&つむじが見えて激萌えました。貴重映像スバラ!!!

(ナイスつむじ!!Byイモトさん)←イモトさんと見てるとこ、考えてる事が完全一致

 

 

 

 CWCのテーマソングとしてWORLD QUESTを歌番組で披露した時も!!

銀というより若干青いかな?

カラフルな衣装も相まって超目立っていてカッコよかったし、二次元みが凄い…

何だろう…この子絶対パーティー組むなら勇者だわ。

f:id:suu11_11:20181015010018j:image

 

 

あと、この練習風景めっちゃ好きなんよなぁ。

(セットしてない髪、私服の練習着、そして真剣な表情と目…全部せいhe…)

f:id:suu11_11:20181015010141j:image

 

 

そしてCWCキャスターの時。

f:id:suu11_11:20181015010214j:image

うおーーー!!!!ねぇねぇねぇ…!!!このてごちゃん超かっこよくない!?

(自分で貼っておいて超興奮した)

この銀髪が一番好きかも!!色も髪型もお顔もパーフェクト!!

(短めの前髪からちゃんと染まった眉毛見えてるのとか得に好き。眉頭めっちゃかわいくない?)

 

えーーーっと、すみません。控えめに言ってうちの担当さんカッコ可愛すぎじゃないですか???

 

はぁ…銀髪よき。

 

 

 

 

 

銀髪期後は何とも言えない不思議な色時期が何度かありましたねぇ(2014年前半)

 
f:id:suu11_11:20181018231042j:image

こちらは優しい色合いでミルクティーみたいで良いですね。

フワッとした優しい暖色が似合うのいいなぁ。

長毛種のニャンコみたい🐈

f:id:suu11_11:20181110154643j:image

(短髪の時はソマリに似ていると思ってる)

それにしてもお顔可愛すぎか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、じゃあ次はみんな大好き

☆茶髪期(~2011年)

f:id:suu11_11:20181018231153j:image

健全な思春期の男の子感がたまらないですねーーー。

あどけなさがヤバい可愛い。こんな子が弟だったら、はちゃめちゃに可愛がって何でも買い与えてしまいたくなるわ。

 

 

茶髪期で私が特に好きなのはSUMMER TIMEのPVです!!

f:id:suu11_11:20181018231502j:image

てごちゃんにピンクTシャツ着せてくれてありがとうございます!!

あー宇宙一ピンクが似合う!!もうメンバーカラーがピンクなことすら天才。

茶髪はまだこの頃のあどけないイメージしかないから、今のてごちゃんでどんな風になるのか凄く興味はありますね。

 

 

おっ、そういえば短髪でも茶色みがある時もありましたね!!この時もたぶん一瞬だったような…

短髪で茶色なんて、よりリアル感あってやばいっす…
f:id:suu11_11:20181028132735j:image

 

 

 

(茶髪期のおまけプードル期)

髪型としてはあまり好みでないのですが、プードルちゃんみたいで可愛いです★

f:id:suu11_11:20181018231528j:image

 

 

 

 そして…

☆伝説の黒髪期!!(2013年後期)

f:id:suu11_11:20181028132359j:image

これはドラマ撮影時のみなので、銀髪期よりもさらに期間が短いですね。1か月ないのでは??

黒髪に違和感があって鏡を見るのも嫌で嫌で仕方なくてオールアップ後に速攻で染めたらしいです笑

その反動で銀髪が生まれたので私としては有難いですけどね~!

お顔が綺麗なので黒髪だとより美男子感増し増し。

こんな子と学生時代にスクールラブしたい人生でした、はい。

それにしても顔がいいな←

 

 

(黒髪期のおまけ、まだ何色にも染まってない純粋期)

f:id:suu11_11:20181027200813p:image

まだカラーリング前の綺麗な黒髪ですね。

この少年がまさか金髪になるなんて…でも、NEWSには欠かせない太陽のように明るくて、どんなに遠くにいても、沢山のジャニーズの中に混じっていても一番に見つけられる素敵な髪色に染まっていくんだよなぁ。(しみじみ)

 

 

 

 

…とまぁ髪型だけで小一時間は余裕で語れるくらいどの髪型や色でも魅了されっぱなしでどの時代も好きな事に変わりはないんですけど、このてごちゃんの天使っぷりは群を抜いて宇宙一天使だと思っています。

 

 

 

☆白髪期。(2012年と2015年)

 

2012年はこちら。

f:id:suu11_11:20181018232036j:image

 

 

 

 

そして2015年。

f:id:suu11_11:20181027201010j:image

 

まさに、この世にも天使がいたのさ…ですね。

 

2012年の白髪は、画像を見つけた時にあまりの可愛さに心臓を射抜かれ、友人にどの雑誌に載っているのか尋ねて血眼になって探しました。

今はプレミアが付いているようですね。間違いないわ、どう見ても天使やもん。

この子は見つかったら誘拐されそうなので、てご担で囲います。

誰にも触れさせんからな!!!!←

 

 

 

2015年はソロのPVが分かりやすく白髪ですね!

バラードと歌詞も相まって、儚くて消えちゃいそうで見ていて凄く切なくなります。

 

 

 

 

さて、ここからは特別編です~☆ 

 

 

特別編その1★ピンクメッシュ期(2013年)

f:id:suu11_11:20181018232727j:image

ちょうどテゴマス活動時期ですね。

自担は本当にメンバーカラーが良く似合う。

こういう遊び心ある髪型、実は大好きなんですよね~!!

(何故なら私はもともとZipperっこ。裏原ファッション大好きだったので、自身もピンクメッシュとか入れていた過去があります)

 

 

 

特別編その2★さくら色期(2013年)

f:id:suu11_11:20181018233306j:image

イッテQで突っ込まれていたけど若いうちに遊びたいからと、綺麗なさくら色になってましたね~。こんなにピンク色の髪の毛が似合う男の子は他に居ないのではないでしょうか?

えーっと、桜の妖精さんかな??←末期

 

 

 

 特別編その3★ブルーメッシュ(2013年)

f:id:suu11_11:20181018232431j:image

これは染めているのかスプレーで一時的なのか…当時のファンではないので定かじゃないのですが、コレクターである私の切り抜きの中では1誌しかなかった髪色ですね。

テレビでも見た記憶がないので、貴重なの…かな??ピンクも大好きだけど、ブルーも素敵ですねぇ~デレデレ

 

 

 

特別編その4★その他不思議髪色編

 

ちょっと表現が難しい不思議な髪色!

1枚目は猫ちゃんみが凄い!お顔も相まって三毛猫ちゃんソックリ(ฅ'ω'ฅ)

2枚目、3枚目は短髪期で色々と楽しんでいた時期ですね!

短髪で前髪おろしてるのもいいなぁー♡

どんな色でも似合っちゃうのが凄い。

 

f:id:suu11_11:20181028132638j:image

f:id:suu11_11:20181028133303j:image
f:id:suu11_11:20181028133316j:image

 

 

 

特別編その5★無セット

f:id:suu11_11:20181018234028j:image

ええと、私の性癖ドストライクです。

このまるっとしたシルエットが激可愛い。

何か凄い無防備な感じがしませんか?貴重な一面を垣間見たような、見ちゃいけないものを見てしまったような。。。

そして童顔なお顔がより幼くなりますよね。

あーー君を守りたいーーー!!!

あらゆるものから全力で守りたい!!

庇護欲掻き立てられるーーーー!!!!

 

 

 

特別編その6★白髪ストレート

f:id:suu11_11:20181110181121j:image

一瞬誰か分かんなかったよ…このセット珍しいですよね〜!

ストレートアイロンでもしたのかな?これはドル誌1冊だけだったような気がするので、貴重なセットなのかもしれませんね!

 

 

 

特別編その7★片方編み込み

f:id:suu11_11:20181021133034j:image

それは2016-2017カウコンでした…

テレビ画面にとんでもなく可愛い子がいらっしゃったのですよ。

いやもう美しすぎてこの世のものなの???アニメの世界の人じゃないよね??

と錯乱してしまうほどの美貌。

私、このてごちゃんめっちゃ好きなんですよね。ビジュもそうなんですけど、ブルーのカラコンと編み込みから他のグループに負けない!という闘志を感じて。

他ファンもNEWSの曲を聴いてくれるチャンスだもんね。掻っ攫ってくる勢いが全面に感じるの。さすがエース。 大好き。

 

 

 

f:id:suu11_11:20181103135528j:image

少プレの衣装+セットでダントツで好きなのがこれです。

う、美しや…フワフワなトップと外ハネの毛先+片編み込みとか天才かな!?

顔が良すぎるのに衣装が辛め。まさに甘辛ミックスすばら!!!!

この回は他メンバーのビジュも最高で、これはNANAの世界かなと錯覚するくらいのイケメンロックバンドでした。

 

 

 

そして珍しい逆サイド編み込み!

f:id:suu11_11:20181103135839j:image

いつも右側が編み込みだったから、最初見た時違和感が半端なかったけど右でも左でも編み込みは良きですね~総じて顔が良い←単純

髪の毛短めの編み込みは貴重!

 

 

特別編その8★気合いマシマシ編

f:id:suu11_11:20181021133120j:image

本当は前髪はあった方が断然好みなんですけど(あ、でもポンパは別)前髪を全上げしても変じゃないのはベースが良いからこそできることですよね。

てごちゃんのリクエストなのかと勝手に思っていたけどご本人曰くフルお任せのようなので、てごちゃんの気合いをセットされる方が汲んでくれてるのでしょうかね?

勝手にそう思っているからこそ、ここぞという時の気合いの入った髪型が愛しく感じます。

 

 

 

特別編その9★王子様スタイル

f:id:suu11_11:20181103135107j:image

ハロウィン音楽祭…泣←今年なかったから

 

いやー個人でのコラボ抜擢だけでも嬉しかったのに、ディズニーのアンダー・ザ・シーを鬼龍院さんと楽しそうに歌う姿と表現力にもの凄く感動しました。

リアクションも表情も豊か分でかりやすいし、声の通りや強弱、発音も凄く良いから聞き取りやすいんですよね。

そして音域も幅広いし運動神経も抜群。

これはもうミュージカルやるしかないんじゃないですか!?

 

王子様のような白タキシードに合わせて髪の毛も男性っぽく仕上げてくれてて大人っぽくてドキドキしました。ちょっとテゴマスの青春を思い出す感じですよね!

またコラボしてほしいな。というか、こういうジャンル問わず歌える場所が沢山欲しい。

 

 

 

特別編その10★役者小太郎編

f:id:suu11_11:20181110183148j:image

小太郎ちゃんーーー泣(小太郎モンペなりがち)

いや、最初は友情出演って事だから大勢の中にチラッと…とかだと思ってじゃん。思ってたんだけどさぁ、なんだこの素晴らしい役は!!

破天荒だから抑揚が凄いし台詞は長いし動きも多いし…凄い大変だったと思うけど彼の演技は原作ファンの方にも凄く好評だったようで嬉しかったし、新たな彼の一面を見ることができてとても貴重な時間だったなと思いました。

彼だから、彼だけしか似合わなさそうなこのサイケな衣装とメイクも最高でした!

金髪めっちゃ活かされてるし、最初の登場の時よりもどんどんフアフアがエスカレートしていくセットもストーリーと相まっていて良かったです。

(あと学生の頃のポンパが可愛すぎたよ!!)

 

 

 

 

最新版☆2018.10月初旬最新てごトレンド

 

とあるドル誌1冊のみ髪色が違ったので、オタク達大騒ぎでしたね。

えぇ、ご想像の通り元から銀髪が大好きっこの私も大興奮でした。

そしてテレビで見た10月初旬の最新の色がこちら★

f:id:suu11_11:20181021133218j:image

あーーーーーがわいいーーーーーーー!!!!←

 

あの深夜の時間帯でこの眩しさよ。いやもうアイドルって人間なのかな?

何なのこの輝き。

 

そして髪色は…んんん??銀というかアッシュグレー??グレージュ?

下の方はパープル入ってる??

ちと表現が難しい色ですが、何色でも良いです最高ですーーーー!!!!

銀ではないけど大好きですーーーー!!!!

きっと美容師さんのお任せなんでしょうけど、美容師さんナイッス~~~☆

 

 

 

そして少プレのシェアハウスは神がかっておった…

f:id:suu11_11:20181027201528j:image

このビジュアルあかーーーーん!!リア恋爆発するーーーー!!!

すきーーーーー_(┐「ε:)_

えーーーもう結婚しt

 

 

 

 

えーー、ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

髪型というワードだけでこんなにも魅了してくれるなんて、何て素敵な自担なんでしょう★彼は色んなセットや髪色をしてくれるので、テレビやライブ、雑誌等で登場する度に視覚からも楽しませてくれます。

いまずっと並べていて分かったけど、わたし2013年~2014年頃凄い好きだなぁ。

もちろんどの時代も大好きなんだけど特に目に付くのはこの時期だし、惚れ込んだキッカケもこの時期のてごちゃんなんですよね。

何だかてごちゃんの強い気というかパワーに引っ張られている気がします。

 

 

そして変化が好きだけど「金髪=NEWSの手越くん」という世間のイメージも大事にしている所から彼の色々な覚悟を感じます。

だから銀や白も大好きだけど、最終的にはやっぱりいつもの金髪が好きなんですよね。(面倒くさいオタク心)

 ※「うちのガヤがすみません」のサッカー対決の時に”金髪のライオン”って表現してくれたのが凄い嬉しかったです。気高くて仲間思いで優しい百獣の王NEWSのエース、てごちゃんにぴったり!

 

f:id:suu11_11:20181029005949j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、じゃあ次~★

 

お顔が可愛いからこそ程よい身長の高さも天才ですね~!!

よく小さいと言われていますが、彼のお顔で大きかったらバランスが…

ねぇ??

f:id:suu11_11:20181021133919j:image

 (いや待って、この4人可愛すぎじゃない?そして一人だけ女子がいる。)

 

 

 

そういえばライブで見慣れているはずの増田さんをPON!の観覧で見た時に、あまりの大きさと厚みに凄く衝撃を受けました。(別に近くで見れたわけでもないのですが遠くからでも本当に大きくてビックリだった)だから、てごちゃんも華奢に見えるけど実際は印象や想像よりも大きくてガッチリしているんだろうなぁ~なんて思うと、ドキドキするし隣に並んでみたい欲が増します。

私情を挟むと、私の身長的にはお顔を見上げる高さにいるんですよね…

あぁーすぐ隣に並んで、下から見上げてみたい。

身長差的には最高な差なんだよなぁ。ほら、こっちが見上げて見つめていたらそれに気づいて目線合わせる為にちょっと屈んでくれて、それから……おっと、個人的な欲望がダダ漏れてましたね、失礼しました笑

 

なので、イッテQのスタジオ披露後にみなさんが立って並ぶ際の女性メンバーとの身長差に激しく萌えます。

f:id:suu11_11:20181021134142j:image

見て、このムーさんとの身長差。

NEWSでは小さくて可愛いのに女性の横に並ぶと急に男の子感増すやん…

はぁぁーーーーすき。

(ちなみに私はムーさんよりも小さいです)

※この画像の身長差以外の私的萌えポイントはコンバースです。男性の華奢な方が細身パンツにハイカットコンバーススタイルが大好きなので(しかも赤!!この衣装最高バランスじゃないですか!?モノトーンにアクセントの赤とか大好きすぎる。)この回私得すぎて興奮したのを覚えています。

 

 

 

 

 

 

そうそう、足のサイズが小さいのもまた可愛いですよね。

(ここで「足小さいよね・靴のサイズ探すの大変」っていうスタイリストTAKAHISA MASUDAからのお言葉を思い出して右ストレートをくらうてご担 By:Strawberryパンフ)

 

 

私は特に彼のような体形にブーツを履かせる増田さんのセンスが大好物です。

去年のNEVERLANDといい、EMMAといい…そして今年のエプコティアは黒のムートンですよ!?彼以外こんなに可愛く履きこなせる30歳男性はいないでしょう。

個人的にNEVERLANDのブーツが好みで、エプコティアはあんなに激しいダンスナンバーをムートンブーツでキレッキレに踊る姿に惚れ直しました。

(NEVERLAND展でこのブーツが好きすぎてブーツばかり見てた私です)

f:id:suu11_11:20181021134317j:image

 

 

 

f:id:suu11_11:20181021135107j:image

 

 

 

 

そしてお顔は超可愛いのに、この筋肉質な足のギャップよ…

f:id:suu11_11:20181021135159j:image

サッカーで鍛えた綺麗な筋肉に彼の努力と本気度が伝わってきますよね。

あんなに細いのに、太ももがめっちゃ太いのとかさぁ…はぁ。(語彙力ゼロ)

あぁー男の子感たまんねーーー!!!

f:id:suu11_11:20181028135800j:image

欲を言えばもっとサッカーしている姿が見たいですー!!

サッカーアース様、プレイするロケいかがでしょうか!!)

ゼウスのPKもめちゃくちゃカッコよかったもんなぁ。

 

 

 

 

f:id:suu11_11:20181028135502j:image

ゼウスもウチガヤのPK時もですが、めちゃくちゃ集中して真剣な目をしてるのに蹴る直前にニッと笑うんですよね~そこがたまらなく好きです。

プレッシャーをも楽しいに変えてしまうという並々ならぬ精神の強さ。

彼の勝負強さはきっとそういうとこなんだろうなぁというのが分かりますよね。

あと個人的にこのユニフォーム姿と、蹴る前にフェイントをかける時の左右に揺れる動きがにゃんこみたいで最高に可愛いです、はい。

 

 

 

 

そういえば、よく「お手手も小さくて可愛い」って書いてあるのを見かけるんですが手小さいですかね??

f:id:suu11_11:20181021143123j:image

 

f:id:suu11_11:20181021143755j:image

 

 

私は最初の方の印象で、小柄だし可愛いお顔なのに手は男性並みに普通に大きいやん…キュン♡ってなったのでずーっと疑問だったんですよね。。。

彼のイメージからでしょうかね?

f:id:suu11_11:20181102230427j:image

ほらーーー男の手…たまらん(ゴクリ)

 

 

これは2012年くらいの雑誌なんで今とそんなに大きさも変わってないと思うのですが、実は手の大きさは他メンバーと0.5~1cmしか違わないんですよね。

f:id:suu11_11:20181027201813j:image

この冊子は他のグループさんも載っているんですけどNEWSは比較的平均だったように感じました。(むしろてごちゃんより小さいおてていっぱいだったよー)

 

はっ、書いてて気づいた!!

もしかして手の大きさというより、細さが小さく見せているのかな!?

手首とか華奢ですよねー!!特に「恋を知らない君へ」の女性とにゅすくんの手が出てくるやつ、てごちゃんのお手手が女性みたいに綺麗でどっちがどっちかパッと見分かんなかったですもん…

 

ほら、、、。

f:id:suu11_11:20181109234638j:image

ああーなんかすごい腑に落ちたかも!!

そうか、華奢だからか!

 

 

 

 

そして指のホクロも可愛いっす。

f:id:suu11_11:20181110170633j:image

Mステの「生きろ」披露の一番最後、てごちゃんのLの指がアップになったときにホクロまできちんと見えていましたね。

あぁぁぁぁぁーーーーてごちゃ!!!指!!可愛い!!手が!!!と大興奮だったのですが、メッセージ性の強い曲の一番最後に映った手は、今まで色んな物を手放したりもしたけれど、掴んできたものも沢山あるNEWSの一番末っ子、てごちゃんの手だった事に何だか泣けました。

曲でもカメラアングルでもメッセージ性の強い演出素晴らしかったです。

f:id:suu11_11:20181021141422j:image

 

 

 

そして、ここから本当にマニアックな話になるんですけど…

わたし、ここ数年のてごちゃんが歌っている時のマイクの持ち方が好きなんですよね~。

f:id:suu11_11:20181108213956j:image

 

このマイクの頭と持ち手の境目に人差し指が沿うように、指も等間隔で力を入れすぎずフワッと持って、人差し指と中指の上にくるっと親指を持ってくる持ち方!!!

f:id:suu11_11:20181108214037j:image

彼は両利きなのでどちらでも握ってますが(結構左が多いかな、多分←調べてない)どっちに握ってもこの持ち方なんですよね。

 

 

f:id:suu11_11:20181108214113j:image

 

良い具合に力を抜きやすく、そして込めやすいのかなぁ〜なんてぼんやりと思っているのですが、この等間隔の指と添えられた親指がめっちゃ愛しくて好きなんです!!

(余りにもマニアックで引かれてないかな…気持ち悪いですね、すみません汗 でも何だか好きなんですよ~誰かに伝われーー笑)

f:id:suu11_11:20181108214534j:image

 

 

 

 

あ!もうマニアックな話ついでに書いちゃおう!!(開き直り)

突然ですが、普段隠れている所が見えるのってなんか興奮しませんか?←

私、雑誌とかで裸足になっているのがすっごく萌えるんですけど…皆さんどうですか?

くるぶしとか足首とか、あと二の腕と脹脛も好きなんですよねー。

(もう只の変態やんけ)

 

そんで最近で言うと一番沸いたのがこの足の裏!!

f:id:suu11_11:20181021143932j:image

 

 

はい、足の裏側ですら可愛いーーーー!!!!

 

このページ開いた瞬間、買うのを決めた私です。

 

 

 

 

えっと、、、その他も上げていいですか??

 

 

 

★ストンとしたノーセットの髪の毛+すっぴん

(完全オフモード、プライベート時など)

f:id:suu11_11:20181021144102j:image

 

 

 

★ピアスを通していない穴

f:id:suu11_11:20181021144126j:image

 

 

 

 

★はっきり見える(化粧で隠れてない時)唇の3つのホクロと

髪の毛のセット具合で見え隠れする目の左側にあるホクロ

f:id:suu11_11:20181021145637j:image

 

 

 

★裸足+足首(すね毛)

f:id:suu11_11:20181028140659j:image

 

ああああーーーー可愛い。

 

メレンゲ様の自宅映像なんかお宝中のお宝すぎてたまらんかったです。

あの映像は何度見ても飽きずに、毎回萌え転げる自信しかない。 

エマちゃんも登場するし、永久保存版ですね。 

 

 

 

そしてこの二の腕。

f:id:suu11_11:20181021145907j:image

はーーーーーかぶりつk(自主規制)

昔に比べてずいぶん逞しくなったねぇ泣

全部が太いんじゃなくて節々はキュッとしまっている感じがたまらんです。

だからライブ中にTシャツで袖を巻くっている姿が大好物なんですよ~。

(MCタイムは話を聞くのと二の腕見るのと動きを追うのとで毎回いっぱいいっぱいです。)

というか、てごちゃんのTシャツ姿が無条件で凄く好き。それは次に書きます!

はぁ…男らしいその腕に強く抱k(そろそろ殴られそう)

 

 

 

 

忘れちゃいけないのが肩幅ね。

f:id:suu11_11:20181028140948j:image

(アンニュイだけど何かを伝えたそうな何とも言えない表情と顔面の良さにドキッとしますね…あぁー鎖骨綺麗)

 

今までのブログを読んでくださっている方は知っての通り、私てごちゃんの肩幅&背中が大好きなんですよね。

あんな可愛いお顔なのに首からすぐ下は男らしく肩が張っていて程よく筋肉もついていて美しいのと、男の子だと実感させられる感じがたまらないんです。。。

「生きろ」のジャケットが解禁になった時みんなが裸に沸いてましたが、まぁ自担の裸は見慣れているので(言い方)そこまで…なんですけど、余計なものは何もなくシンプルに肩幅とか鎖骨が綺麗に強調されている白黒ショットに興奮して、てごちゃんの肩幅がいかに好きかをそのままのテンションでツイートしたら何故か色んな方にリツイされてめっちゃ恥ずかしい思いをしました笑

私の性癖が…皆様のお目汚しに…(赤面)

 

 

 

そして肩幅に続く大好きな部分。上記にも書いた”背中”です。

f:id:suu11_11:20181028141124j:image

いつもブログに書いてますね、毎度毎度すみません。でも煩く語るほど好きなんです。

色んな物を背負ってきた、華奢かもしれないけれど私にとっては広く大きく見える大好きな背中。

この後姿を見るだけで愛おしさが込み上げてくるんですよね。

それは決して後ろを振り向かない彼だからこそ。

時には先頭に立って皆に背中を預け、時にはメンバーに頼るように甘えるように丸くなる愛しい背中。

皆が彼の背中を常に見ていたからこそ、必要な時はその背中にそっと手を置いてくれるんだろうなぁと思っています。

 

私がずっと追い続けていきたい、見ていきたい後姿です。

 

 

 

 

 

さあ次はどこいく??

よし、満を持してお顔にいきましょうか!!

まずは可愛いほお袋にしましょう!

f:id:suu11_11:20181028142426j:image

 

美的で女性メイクをした時に輪郭がコンプレックスだと言っていたけど、全力で「そんなことないよーーー!!!その輪郭が可愛いんだよーーーー!!!」と叫びたい。

蒸しパンみたいなふあふあホッペ可愛いよーーー。

いっぱい詰め込んでかぁいいねぇ~ハムスターみたいだねぇ🐹

 

けーちゃんがよくムニューってしてるけど、したくなる気持ちがよく分かる。
f:id:suu11_11:20181028141819j:image

見てこの発酵したパン生地のようなふかふか具合。

どんな弾力なのかは、けいちゃんの指の跡が総てを物語っていますよね。

あぁぁぁーーーー触れたい。君に触れtouch。

けいちゃん、場所を変わってくれませぬか…。

 

 

 

特に好きなホッペが、下を向いた時。

このフワッとでちゃうの可愛くないですか?? 

これは下を向いた時でも口角が上がっているからってのもあると思うんですよね。

下を向いてもキュッと上がる口元…きっと心が豊かだからだよなぁ。

f:id:suu11_11:20181028142404j:image

 

 

でもてごちゃんがコンプレックスを懐くほどでもないよ~!!

ほら、めっちゃシュッとしてる。

あぁぁぁーーー美人だ。←てごちゃんがエマちゃんに言ってる風に読んでください笑

f:id:suu11_11:20181028143036j:image

 

 

 

 

おまけ★もぐもぐてごちゃん

どんなに食べ物が小さくても両手持ちでハムハム…。

ほお袋いっぱいに詰め込んでハムスターみたいで可愛いねぇ☆お口ちいさいのに沢山ほおばって可愛いねぇぇ♡(デレデレ)

こんな可愛い姿見せられたら、長年一緒にいるメンバーも”あーん”してあげたくなるわ。 

f:id:suu11_11:20181028143816j:image

 

 

そして最新版☆水を含んで我慢しているてごちゃん。

f:id:suu11_11:20181028143912j:image

いやもうお口も表情も、そしてキラキラお目目も最高可愛いんですけど何なのこの子。

普通、寝転がったら多少はお顔崩れるはずなんだけどなぁ。

恐ろしい30歳やで…(努力の賜物だよね。うん、好き←)

しかも20歳そこそこの若者ばかりの中で(私の中で)一番先輩が断然可愛いってどういう事よ。

 

 

 

 

 

 

 

あとてごちゃんが天才すぎるのは、眉毛は変に作り込まずにあえて無造作なとこ!!!

f:id:suu11_11:20181028144843j:image

あんまり書いたり整えたりと分かりやすいのが(私が)好きではないのと、あんなに完璧なのに眉毛だけがちょっとだけ親近感を持たせるところ。

そこはこだわらんのかい?って思うと愛しいし、あえての計算で無造作なのだとしたら天才すぎて…(頭を抱える絵文字)

お目目と眉毛の間隔がただでさえ狭くて美しい対比を作り出しているのに、無造作風にすることによって余計狭くなってるでしょ…いやもうこれ天才としか…(さらに頭を嘉抱え込む絵文字)

 

(でも金髪の時は眉毛も薄めの色だと個人的に嬉しいな。だからこそ銀髪時期は完璧なんだよなぁ←まだ言ってる笑)

 

 

 

 

 

はい、そして綺麗に通った鼻筋。

だからこそ、横顔も美しいですね。

この人どこから見ても本当に美しいな。

f:id:suu11_11:20181028145005j:image

 

 

 

 

そしてお顔の中で私の一番好きなところ、そう!!口角!!!!

f:id:suu11_11:20181028151840j:image

太陽のように眩しくてキラキラのてごちゃんは、いつ見ても口角が上がっているんですよね。

にゃんこみたいにキュっと上がる口角を見るだけで見ているこっちも自然と笑顔になりませんか?

口角が上がっている人と下がっている人では、こちら側が受ける印象がかなり違うんですよね。

 

 

 

最近の天才口角すぎるーーー!!!って思ったのはこの場面!!!

f:id:suu11_11:20181028144039j:image

 

これ、歌っている途中なんですよ。

歌っている姿を見れるだけでも幸せなのに、こんなに口角あげてテレビの前に立ってくれているんですよ。

どんな一瞬も油断しない彼の仕事に対する姿勢は本当に尊敬するし、きっと本人自身も楽しかったんですよね。

あーーーーー好きーーー!!!!

(好き好き言いすぎですよね笑 普段は照れて絶対に言わない言葉なのになぁ。アイドルって凄い)

 

 

 

 

  

 

 

はい、次は可愛いおめめ~★

f:id:suu11_11:20181102230714j:image

てごちゃんのお目目は左右対称な二重じゃないけれど、そこがまた良い味出してるんですよね。

だって毎日表情が違って見えませんか??

 

私も綺麗に揃った二重幅じゃないので割かし日によって変わるんですけど、寝すぎたり体調悪かったり泣いたり浮腫んだりした時など、結構体調の変化が出やすいんですよね。

サッカーアースでトロンとしている時とかすこぶる可愛いし、このイッテQの両目揃って深い二重幅の時とかビックリするくらい幼くないですか??

f:id:suu11_11:20181028145058j:image

 

 

 

だからこそ彼も雑誌で自分の横顔が好きだと言っていますが、右と左で全然見え方が違う魅力ある横顔も好きなんです。

f:id:suu11_11:20181028150328j:image

 

f:id:suu11_11:20181110171945j:image

 

 

 

 

二重幅ともう一つ好きなのが、目の下の網膜。(またマニアックですいません)

f:id:suu11_11:20181028150714j:image

天然のピンク色で可愛いお顔がより華やか!

私は流行の化粧とかに凄く疎くていつも自己流なんですけど、網膜ピンクのてごちゃんに憧れてメイクする時は下瞼にピンクを足しています。笑

これが天然物なてごちゃん凄いなーー。

そして、伏し目がちや寝ている時にわかる睫毛の長さ…あなた女子として産まれてきても絶対モテてたわ。

 

 

 

そして、ファンを見つめる時はいつも以上に目じりが下がっていて、びっくりするくらい優しい眼差し。

TVや雑誌では見る事の出来ないファンだけの特権であり、ファンだけの大事な宝物。

f:id:suu11_11:20181028150231j:image

自担がこんな目して見つめてくれるんですよ?

だからこそ、彼のくれる言葉にリップサービスはないと担当は自信を持って断言できるし、この表情の向けるその先に自分がいれる事が幸せなんです。

 

 

そんな優しい目をしてくれる彼ですけど、熱い気持ちのこもった瞳も大好きです。

この目だけで全てを物語っているんですよね。

f:id:suu11_11:20181102231207j:image

何に対しても全力で応えようとしてくれている彼の真っ直ぐな瞳に嘘は一つもない。

この瞳が総て。

 

BLUEと「生きろ」を歌う彼のこの瞳に迷いを一切感じなかったから、大丈夫だ!と思ったし付いていこうと思ったんですよね。

彼らの力強い歌声と彼の瞳が、あの時少しだけしゃがんで道草をしてしまいそうになっていた私の道しるべでした。

 

 

 

そうそう、瞳といえば色も綺麗な茶色で彼の瞳には常に☆が宿っています。

あんなにも瞳がキラキラしている人は少女マンガ以外で見たことがないかもしれません。

何時も瞳にキラキラを☆☆☆

f:id:suu11_11:20181103133921j:image

 

 

色素が薄いから 、より光を映しやすいのかな??

茶色い瞳も大好きなんですけど、雑誌を見返していてビックリ!

このてごちゃん目の色素が分かりやすいくらい薄い!!

f:id:suu11_11:20181028145943j:image

以前から目が茶色い事や色素が薄いから光に弱いという事は言ってましたけど、ここまで分かりやすく映っているのも珍しいですよね。

瞳孔が猫ちゃんみたいになっていて、凄く神秘的ですね。

 

 

 

 

お顔が中性的(かなり女顔だけど)だからこそ、色んな場面や表情によって見え方や魅せ方の変化が大きくて惹きつけられるのは彼の魅力。

そして凄く表情豊か。

テレビ画面の彼を連写すると分かるけど、1秒後には全然違う顔をしているんですよね。

だからワイプで抜かれている時も目が離せないし、小さなワイプさえも目に止まるくらい明るく出来るのは彼の才能だと思っています。

 

雑誌のインタビューでも全部買ってくれたファンの事を考えて違う内容の話をするようにしているって言ってたけど、写真もきっとそう考えてくれているんだろうなぁと思ったら余計愛しくなります。(だから常に雑誌ビンボー)

f:id:suu11_11:20181103134015j:image

 

 

あと最近目立つようになってきた笑い皺も大好き!!

これは、いつも笑顔を絶やさない人だからこそできる幸せな刻印。

f:id:suu11_11:20181103134051j:image

 

 

 

そして元々童顔なお顔なのですが、毎年若くなっているような気がするの凄くない??

どんなアンチエイジングしてるの??ぜひ教えてくれ!!

って思っていたけど、きっと前と心情が違うからなんでしょうね。

エプコティアレポでも書いてますけど、去年と全然違う表情をしていたんです。

柔らかくてより優しく良い意味で力が抜けていて。

何だかそれが凄く嬉しかったのを覚えています。 

f:id:suu11_11:20181028151037j:image

 (シャボン玉の中に天使が…)

 

 

 

 

ここ最近はBLUEと「生きろ」のように魂を込めて力強く歌う楽曲が多かったので分かりにくかったかもですけど、この前のMUSIC FAIRは一目瞭然。

f:id:suu11_11:20181028150044j:image

私はこんなにも歌う事が楽しい嬉しい幸せ!!という想いを全身で表しテレビ越しでもダイレクトに伝わってくる彼の姿に、何だか凄く泣きたい気持ちになりました。

 

毎年最高を更新してくれる天井知らずの彼の努力と才能。

一番好きな事は「歌う事」だという彼に、もっと色んな所で歌う場所が欲しいし、もっと好きなように伸びやかに自由に歌う姿が見たいです。

 

 

 

 

私はご本人はもちろん、可愛い可愛いといつも褒めている同担さんも大好きなんですよね。

そして私が仲良くさせてもらっている方々は、いつも彼の幸せを一番に願っている。

 

一度、他担さんに「てご担はいつもてごちゃん褒めしてるよね」って言われた事があったんですけど、表面上は自由奔放に好き勝手しているように見えるかもしれないけど実は真面目で影の努力は決して怠らずその事は決して自分の口からは言わない、自分の世間体や傷つく事は気にせずに1番に周りの事を考えて大事にする。ファンの希望や想いをいつも受け止めてくれて、その度に欲しい言葉をくれて常に色んな所で戦ってくれている。

自由が好きなのに、ファンの為に試行錯誤しながらこの世界にとどまってくれている。

まだまだ沢山あるけれど世間のイメージとは真逆な部分を知ってしまって、自分の事よりも他の事を守ろう大切にしようとする彼の姿を見ちゃうとさ、ファンが褒めずに誰が褒めるのって思っちゃうんですよね。

こちら側には全く分からない世界だけど、きっと槍なんて何時でも一方的に投げてこられるような腐った世の中なんだから、せめてファンだけは常に味方でいたい。

後は単純に彼の良さをもっと沢山の人に知ってほしいだけなんですよね。

 

それに彼の頑張りを強がりを知っているからこそ、そして彼がいつも欲しい言葉や溢れんばかりのを愛情を必ず真っ直ぐにこちら側に向けてちゃんと言葉として発してくれるれるからこそ、てご担さんは同じだけの愛情を彼に返したくなるし応えたいと思うんです。(私の超個人的な意見ですけど)

 

 

 

 

最後に、私が今年一番救われたお顔。

f:id:suu11_11:20181028152208j:image

あんまり自分の中でネガティブだった事って書きたくないんですけど、これだけは。

 

 

この放送がはじまるまで、吐きそうなほど緊張して今にも不安に押しつぶされそうだったし、実際に見るのが凄く怖かったんです。

居てもたってもいられず、でも何もできる事がないからテレビの前で静かに見守るしかないというもどかしい状況で。

 

自分自身の努力で掴みとってきた夢の4年に1度の大きなお仕事。

どうか大好きで大切なサッカーのお仕事を全力で出来ますように。

心から楽しめていますように。

ただそれだけが願いでした。

 

そんな張りつめていた気持ちで固唾をのんで見ていた私を、ほんの一瞬で照らしてくれた太陽のような笑顔。

そのお顔を見た瞬間、闇の中に光が差したように救われたんですよね。

そして、どんな時も何があっても笑って明るくテレビの前に立つ姿に涙が溢れました。

一番不安定だった時に救ってくれた、いつも通りの大好きな眩しい太陽の笑顔。

 

 

その時の応援歌、BLUEはこの先もずっと大事な大事な宝物です。

この曲を持ってきてくれてありがとうね。

f:id:suu11_11:20181103134125j:image

 

 

 

 

 

てごちゃんにとって30歳の1年はどうだったかな。

1年前よりも笑っていた?

楽しかった?

やりたい事は出来た?

幸せだった??

 

 

 

「昔の自分よりも今の自分の方が好き」

 

 

そう断言できるあなたの事が私は大好きです。

 

 

 

 

そして、

 

「ここにいるのは 愛する人の為」

 

f:id:suu11_11:20181103134250j:image

と、差し出す愛情を教えてくれた泣けるほど愛しい存在である貴方に、これからも沢山の幸せが降り注ぎますように。

 

 

ずっとずっと笑っていてね。

幸せでいてね。

 

 

 

31歳、おめでとう!!

これまでも、これからも大好きだよ。

 

 

f:id:suu11_11:20181110180509j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NEWSのドリームなフェスティバル

 下書きからずっと放置してたので今更ですが…こっそりひっそりアップしておきます〜!

 

東京に3泊4日遊びに行って普段出さないフルパワーで遊んでいたもんだから、まんまと体調を崩して風邪をひきました…声が出ないのはURを全力で歌ったからだと自分に言い聞かせて誤魔化していましたが、まぁ具合が悪い(笑)

しゃちょー様に「遊んで帰ってきて風邪ひくとか何やってんだ」と呆れられて返す言葉もありましぇん…(超絶繁忙期&今月から責任あるポジションになったのに休みを貰っていたので猛省してます。ごめんなさい汗)

仕事が立て込んでいるのもあり、毎日帰って寝るだけの生活も相まって一向に良くなる気配がなく、体力と免疫力が無さ過ぎて情けない限りですね。。。

だがしかし!!人間には「忘れる」という時に便利で時に切ない機能がついているので、若干意識朦朧としていますが覚えているうちに勢いだけでレポを書き残します!

 

 

 

そうそう、ちょうどドリフェス出演の前日が結成15年記念日でしたね。

にゅす恋のカウントダウンにはじまり、webでの4人の言葉やお写真。

そして15日指定日配達で届いたスペシャルBOX。

わざわざ記念日に届くように指定された箱には、メンバー自身が考えたグッズ+想いが沢山詰まっていました。

それはもうラブレターですよね。

最高の彼氏かよ。

 

 

 

その日はお昼の飛行機に乗らなきゃいけなかったので家を出るまでに届くのが間に合うか分からなかったんですが、宅配のお兄さんが午前中に届けてくれたので曲は何とか携帯に取り込んで連れて行くことが出来ました。

段ボールから出した瞬間からワクワクする箱。

色んな「NEWS」という沢山のロゴを見ながら、このロゴはあの時の…この時の衣装良かったなぁ~と思いを馳せながら眺めるだけで幸せだし、知らない過去も丸ごと愛しくなります。

Tシャツも、プリントを見ただけで味スタの最後に流れた4人が笑顔で写真を撮っている映像を鮮明に思い出すことが出来て胸熱でした。(あの超絶可愛かった映像、どこかに収めて…くれるよね!?よろしくお願いします!!)

 

 

まず歌詞カードを読んだだけで大体誰がどこを書いているか分かる愛しい言葉の羅列に胸がいっぱいだったのですが、こんな愛情溢れた曲の初聴きを飛行機の中で軽率にイヤホンを差してするもんじゃないですね。

優しいアコースティックギターのシンプルな音だけで作られた空間で、4人が4人共色んな思いを歌詞と声に乗せて歌ってくれていて。

その声が穏やかだったり力強い決意だったり、でもどの部分にも”ありがとう”の感謝が溢れていて。

 

私の完全な主観なんですが、NEWSは昔に比べるとずいぶん感情を乗せて歌うようになっていて、そしてそれが聞き手に伝わりやすくなっていると思っているんです。

愛言葉の歌詞と、4人の歌う声と表情に惚れてNEWS沼に引きずり込まれた私にとって、自分たちで作った詞を自分たちで歌うというシチュエーションほど感情が手に取るようにわかる事ってないし、しかもその曲を向けられた先にいれるという確信がもう何物にも代えられないほど幸福な事。

音が少ないシンプルな曲だからこそダイレクトに声と歌詞が入ってきて、よりこの曲に私信の感情ごと寄り添えるようになってるのかもしれません。

 

15年間良い時も悪い時もどんな時もNEWSでいてくれた事、このタイミングでNEWSに出会えた幸せ、ファンを想う4人の気持ち、NEWSを通して好きを分かち合えるお友達に出会えた事、これからも走り続けてくれる4人の決意。

そして15周年という節目のその日に、100%ファンだけに届ける思いで作ってくれた温かくて優しい歌詞。

 

彼らを好きになってから今までの色々な感情が全部溢れかえってきて、前から4列目の狭いピーチの座席ですすり泣く私。笑

もうこれ以上聴いたら間違いなく機内で号泣している怪しい奴になりそうだったので1回さらっとしか聞けず、次に流れた曲で完全に気持ちが異国の美王子にシフトチェンジしました。エンヤーエンヤーエンヤーアーアーアー♪

 

あー私、NEWSのファンで凄く幸せだわ。

出会ってから今まで、幸せしか貰ってないや。

幸せだね、私達。

 

 

 

 

…あれ??何の話でしたっけ?

 

そうね、ドリフェスですね笑

相変わらず超絶前置きが長くてごめんなさい!

 

ちょっとここから書く内容は読んでいてあまり良い気分にならない部分もあると思いますが、もう思った通りに書きますね。

あんまりフワッとした言い回しが出来ないもんで、ご了承くださいませ。

 

 

 

前にも書いていますが元々私はバンドが大好きなので、野外フェスによく参戦していました。

フェスの良い所って、全然触れてこなかった新しい音に出会うきっかけを得られる事なんですよね。名前だけしか知らなかったアーティストのパフォーマンスに実際に触れてみて初めて合致するというか…

基本的に「音楽」全般が好きな方が多く訪れる場所、音を愛しているからどのジャンルも大切に聞いてくれるというイメージだったので、私のように「どうせジャニーズでしょ?=歌声は期待できない」というアイドルの偏見をNEWSが打ち破ってほしくて凄く期待してたんです。

歌で勝負できるグループだと思っているので、アウェイをチャンスだ!!興味が無い人たちの意識を掻っ攫ってやる!!という負けん気でいってほしくて。

(団扇とかペンラなんて絶対いらん!!と思ってたけど公式さんがペンラの販売を行っていたので若干毛色が違うのかなぁ…なんて思ってましたが)

 

 

 

…会場に行ってみたら見事にほぼNEWSファン笑

 

うーーーーん、これはアウェイというよりもホームに近いのかもしれないなぁ…

(思ってたんと違う…感がどうしてもぬぐえない)

 

 

 

※ここから楽しいはなしじゃないので、スルーしてもらっても大丈夫です汗

そしてまぁ…うん。聴くスタイルは基本自由にして良いと思う。自由に楽しむのがフェスの醍醐味だと思っているし。

でもさ、他のアーティストさんにも敬意は払うべきではないかな?

この日の為に練習したり準備したり、そして目の前で一生懸命に曲を届けようとやっているんだからさ。

聴かないなら聴かないで全然良いから、足組んで寝たり、ずっとスマホ弄ってたり、おしゃべりせずに、おとなしく座っているか外に出よう?

しかもそれをNEWSのグッズを身に纏った人がしちゃったら”NEWS”自身の評判にも繋がる事まで考えないのかなぁ。

 

一番びっくりしたのが、私達の席は前から10列以内の端の方だったんですけど、私達のお隣席の通路側男性にNEWSの時だけ席を替わってほしいと直談判しに来た女がいた事。

凄く物腰柔らかいリトグリさんファンの男性2人で遠方からいらしてて、私達にリトグリさんの音階とか歌い方を丁寧に教えて下さったり、いのちのうたフェスやミュージックフェアーで共演したからその感想なんかも言いあったりして、こういうファン同士の交流も楽しいな~って思っていたんです。

あまりNEWSの曲に触れたことが無かったようなので、うちの生歌も本当に素敵なので是非聞いていってくださいね!!って言ったら楽しみにしてくださってたんですよ。

もう本当に台無し。

同じファンとして恥ずかしくて情けなくてしょうがないのと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

そして今一度、自分が纏っているグッズの意味を分かってほしいです。

 

 

 

 

あーーー読んでても嫌な気分にしかならないですよね…。すみません。

本当は書きたくないんですけど、反面教師的に自分もファンとして身の振り方を考えないと…思った出来事だったので無視はできなくて。

この前イモトさんが言ってたように、ファンが一番気を付けないといけない事は「ご本人に迷惑をかけてはいけない」という事なんですよね。

 こういうNEWSファンだけではない会場なんかは特に少数の行動だとしても「NEWSのファン」で一括りにされちゃうからね。

 

 

 

 

ふーーーーー。

よし!気を取り直して本編かくね!!

(長々と楽しくもない愚痴を読んでもらってありがとうございます、ごめんなさい!!)

 

 

フェスで初見のアーティストさんを見るときって(特に好き嫌いハッキリしている私にとっては)絶対的にテレビやCDよりも少しでもプラスで衝撃がないと興味を持てないんですけど、圧巻だったのがsuperflyさん。

もうね、最初の登場から会場の雰囲気の作り方、合間に自然と入る柔らかだけど会場を煽る聴きやすく興味をそそるMC、キャッチーな曲から聞かせる曲まで流れの完璧なセトリ、自分の魅せ方全部が完璧。

感覚で分かるくらい、会場の空気を一気に自分色に染め上げたんですよね。

無駄な所が一切なくて場数の違いを目の当たりにしました。

 

実は、元々superflyさんの突き抜ける高音とパワフルな歌声がデビュー当時から大好きだったので今回念願叶ってやっと生で見る事が出来たんですけど、もう全部に圧倒されっぱなし。

あの小さい体のどこから出るんだろうというパワフルな歌声で圧があってめちゃくちゃカッコいいのに喋るとお茶目で可愛くて、そして何より大好きなのが歌う姿勢。

私の永遠の憧れの人と、てごちゃんにも共通する「歌いながら笑う人」なんですよね。

それとあと一つ共通するのが歌う時の表情が本当に楽しそうなのと、近くじゃなく隅々まで届くようにと上を見上げて伸び伸びと歌う姿が好きなんです。

声も前半から後半にかけてグングン伸びてきて、その絶好調の状態でバラードとブルースを持ってくる辺りも流石です。

あーーー志帆ちゃん最高!!!ライブいきたい!

 

 

 

…はっ!!!余りにも素敵すぎてsuperflyさんの事ばかり語ってしまいました。

この時点でNEWSがトリだという事もすっかり忘れるくらい虜になってたな笑

でもこれがフェスなんだよなぁ。普段はあまり触れる事のない世界に入って新たな出会いと発見をするのも楽しい。

割愛させてもらいますが、もちろんその他アーティストさんも途中で席を抜けて聴かないのは勿体ないと思うくらい素晴らしい方々ばかりでした。(個人的にsumikaさんのMCがめちゃくちゃ感動したけど文字起こし出来る記憶力がないのが悔しい…とにかく今はデジタルな時代だけど今日みたいにこうやって面と向かって生の音楽に触れてほしい風なニュアンス。完全同意だったなぁ。生歌に敵うものはないもんね。あとMステで共演した時にNEWSさんの声量が凄かったと言ってくださいました!)

 

 

 

 

さて、NEWSですよね。(何回目!!)

少プレのロックンロールパーティーや味スタでバンドを従えて来た時に、絶対フェスならバンドで出演してほしい!!!

と個人的に超熱望していたのでバンドセットが無かった時点で少し残念な気持ちになったんですけど、まぁこれはこっち側の勝手な願望ですからね。

これで行こうとなったありとあらゆる経緯や事情は私達にはどうしても分からないんで、ファンとしては気持ちを切り替えて与えられたものを全力で楽しむのみです。

 

 

 

さて、オープニングですよ。

これがもうハチャメチャにかっこいいの!!

そう、あの10thの時のCOMPASSだったんです…あの私の大好きなゾクゾクするはじまりの!!!(いや、知らんがな案件ですが、オタクは好きでしょ?メンバーの写真が一人ひとり出てきて最後に4人揃うとかさぁ…大好物やん?)

いやーそれがさ、映像が白黒で「生きろ」のジャケ写の目だけアップ風の写真でK.K…とかイニシャルで紹介しながら拡大されていくんです。

そして皆揃ってwe are NEWS…って言うんですよ。

超カッコよくないですか???

この演出だけで一気に鳥肌立ったわ…

15周年記念日を迎えた次の日である今日のドリフェスの為に敢えて10周年の時の映像で新たなバージョンを作ってきてくれるんですよ。もうこれから始まる出来事に期待しかないですよね。

 

さて、ステージセットはスタンドマイクが4本。

この時点で分かりますよね、最初の曲。

 

 

 

1.チャンカパーナ

世間の認知度が高くて4人再始動の曲。これぞジャニーズ!!の振り付けありのみんなで盛り上がれる曲でスタート!!キャッチーなメロディと皆知ってる曲で、NEWSを知らない方々の最初のつかみはバッチリですよね!!

(てごちゃんが「チャンカパーナは宝物」って言ってたの今回のセトリで頷けるし泣ける…)

そうそう、最近増田さんが「褐色の葡萄」前の目隠しをガッツリしてくれるの超嬉しいです!ありがとうございますーーー!!!目隠しの下から覗くてごちゃんの上がった口角がめっちゃ好き。

 

 

 

2.BLUE

えーーーーー!!!ぶ、BLUE(泣)←BLUEに対する思いが強すぎる

ここでBLUE持ってきてくれるのめちゃくちゃ嬉しんですけど!!!

何だか悔しかった想いとか少しだけ浄化されたような気がします。(まだMステ披露は諦めてないけど!)

日テレさんで沢山かかってたから皆さん知ってるのと(ドリフェスはテレ朝だけど)

タオルをブンブン振り回す参加型の曲という事で2曲目で会場全体の統一感が得られる!!

そして味スタでみんな意外とタオル振り回さないのね…って個人的にしょんぼりした案件も消化されました!!

BLUEは手を上に突き上げてタオル振るのがマスト!!

 

 

 

 

3.恋祭り

ここで恋祭り!!

BLUEに引き続きタオルが活躍する曲だから、知らない曲でもさっきのBLUEのテンションに引っ張られて一緒に盛り上がれるから納得の選曲!

しかもトロッコまで!!!(本当はいらないと思っていたけど、後ろの席までちゃんと来てどの席でも楽しませてくれるというジャニーズのコンサートの魅力を教えてくれる素敵アイテムですもんね。近くまで来てくれたらファンじゃなくても絶対嬉しいもん)

ロッコ移動で後ろに回ったNEWSのメンバーを映したモニターに結構な数の団扇が映っていてギョッとしたけど、本来のコンサートと違ってファンサに応えないNEWSくんが最高に大好きなNEWSくんでした。そういうとこ好き!!

 

そうそう、てごちゃんが皆タオル回してくれてたから嬉しそうに「みんな可愛い」って言うてました。

そして全力で「お前がなーーーーー!!!!」って返したいくらい今日も最高可愛い。

 

 

 

4.「生きろ」

シゲちゃんの挨拶から始まったこの曲、まさかこの位置で歌うとは思ってなかったので(最後の方だと予想してた)心の準備がー!!とうろたえました。15周年記念日過ぎてからの「生きろ」だったから、もし歌ってくれたら色んな思いが爆発して絶対泣く…って思っていたけど不思議と全然泣かなかったし、むしろ力を沢山貰いました。

それは味スタの感情を全部声に乗せて自分自身に言い聞かせるように歌う「生きろ」ではなく、彼らがすでに外に向かってこの曲を歌えるようになっていたからかもしれません。

この曲は不思議な力を持っているなぁ。私的にはUR not aloneと同じような位置づけで、歌う人と聞く人の心境によって色んな色がでる不思議な、でも力をもらえる応援歌。

 

本音を言えばフルで歌ってほしかったんですけどね~。

特に2番を多くの人に聴いてもらいたいし、この曲は全部通して意味があるような気がするので。

(たくさん曲歌う目的でそうしてくれた事も分かってるけど。そういうとこも好き←)

 

 

 

5.madoromi

この曲は誰も予想しなかったんじゃないでしょうか。

ここでシンプルに「歌」だけをじっくり聴かせにくる曲を持ってきてくれた事が凄く嬉しかったし、ファンとしてとても誇らしかった。

エプコティアレポBLOGでも書いたけど、それぞれの声で聴かせることが出来る技量があるからこそ、音の少ない曲でもこの歌割が出来るんですよね。

エプコティアと同じような演出で、花道先頭で真っ暗な会場の中オレンジ色の照明の中でそれぞれ背中合わせで四方を向いてしっとりと歌う姿と歌声に会場中が静まり返った瞬間でした。

てごちゃんの憂いを帯びた表情と、エプコティアよりさらに抑えた歌声が素敵でした。

 

 

 

6.夜よ踊れ

えーーーーmadoromiからまさかの!!!!

もうオタクの大歓声鳴りやまず。

ジュニアは出てくるわ、コヤマスがサングラスしてくるわで大興奮な展開なのは分かるよ、わかる。わかるんだけどさ!!

(毎回思うけど歓声でてごちゃんの素敵な歌声が聞こえないんですけど!!てご担さんは皆冒頭の入り凄い好きだと思うからさ、本当お願いだから一瞬沸いたら黙ってくれる??ね??)

この曲、絶対やってる本人達も楽しいだろうなぁ。てごちゃん超楽しそうなんだもん。その姿見ているだけでこっちまで幸せだわ。

そしてジュニアが初めてついたことによって振りが加わっていたんだけど、さらにカッコよくなってたし、味スタの初披露時よりも断然上手くなっているNEWSが好きすぎる!!

 

 

 

7.JUMP AROUND

ぬおおおおーーー!!!凄い、凄いよNEWS!!勝負に出たね!!

クルクルと一人やたら楽しそうに舞うてごちゃんがめっちゃ可愛かった…天使かな。天使だね。

クラップも分かりやすく煽ってくれたので知らない方もノりやすかったんじゃないかな?

 

 

 

8.BLACK HOLE

うおおおおおおーーー!!!何これ!ねぇ、マジでセトリ凄くない!??

行けなかった方は、このセトリ通りに是非聴いてみてほしい。本当にアガるから!!

てごちゃんが冒頭の音に合わせてホッペをペチペチするのも健在で可愛さ爆発してるのに、その後ガラッと切り替えて声と目は勇ましくて超絶好き。

ちょっと声が出しにくそうに感じたけど、それがディスボにガナリ交じり風になってて、ご本人的にはどうだったか分からないけど初めて聞いた声だったから私的にはそれはそれでかなり痺れたし、さらにダークさが増した感じで好きだったよ!

 

 

 

9.KAGUYA

BLACK HOLEからのつなぎとして使われた曲が和の音色だったからもしかして…と思ったらジュニア×傘きたーーー!!!!

そしてバックにはまさかのPVですよ、PV!!!

綺麗なKAGUYAとそれを取り合うイケメン3人を他のファンの人も見ているのかと思うとドキドキが止まりませんでした(←そもそもの私の解釈よ)

NEWSはPVにも力を入れていて、凄く妖艶な部分もあるんです!

そしてその世界観を、いつものジャニーズらしいセットが無くても空間で魅せる事が出来る鮮やかな演出でした。

うーん、魅せ方がうますぎる。

 

 

 

~MC~

(覚えている範囲でかいつまんで書きますね!)

 

てご:これがNEWSです~わかってくれましたか??

 

こや:ここからMCです~いつもは2.30分喋るんですけど、今日は2.3分しかな

   いと。

ます:選択肢として、もう歌わないでずっと喋っててもいいくらい。

てご:俺ら放っておくと1時間とか喋っちゃうからね

 

こや:この人昨日もきてたんですよー。

   (昨日プライベートでドリフェスを見に来ていたてごちゃん)

てご:Xさんがトリで今日NEWSでしょ?もうちょうカッケーの!!

   皆で「エーックス!!」ってやって。

しげ:どんな感じ??

ます:俺らも練習しとく?「N」とかで。

   ちょっとやってみて??

てご:一人で「N」ポーズする←すこぶる可愛い

(ハラちらありがとうございます!!!)

 

(みんなで「エヌー!!!」)

てご:みんなかーわいい!!←通常運転で好き

こや:NEWSもね…こう飛ぶ曲があるんですけど

ます:ファンの方が最近手抜き

シゲ:今日やるかわかんないよ!?わかんないけどもしやったら飛んでほしい!

 

こや:今日の衣装は増田さんが今回の為に作りましたー!!

(今回のドリフェスT×KINGDOMの赤いキラキラ×赤チェック。あと15thのTシャツのあの★も胸元に!増田さんのドラちゃんトートが目立ってて可愛い。EPCOTIAのJUMP AROUNDのガウンのような衣装でした。てごちゃんは黒ムートンだったよ!世界一ムートンが似合う男の子だね、きゃわいいね)

 

てご:みんな色んな環境の下で生活していて辛いこととかあると思うけど、そんなときは一人じゃないよって事を忘れないでほしい

(のようなニュアンスをめちゃくちゃ長く熱く語って、メンバーに長いよ!!と突っ込まれる笑)

 

てご:次の曲は皆の声が必要です!俺がまずはお手本で歌うから、分かった人は一緒に入ってきて?

(この言い方がめちゃくちゃ優しい、そして皆すぐに歌いだしたから凄く嬉しそうだった!!可愛い!!好き!!!←)

 

 

10.UR not alone

この曲は冒頭だけじゃなくてガッツリサビも一緒に歌う曲だから、まさか他ファンの歌方もいらっしゃる所でやるとは思わなかったけどNEWSとファンだけの合唱じゃなくて「音楽が好き」という会場全部を巻き込んだ歌唱はいつもの感じとまた違った良さがありました。

てごちゃんが初めての人にも分かりやすいように何度もレクチャーしてくれたからスムーズに皆さんも参加できたと思います。

 

今回のドリフェスで、いつもキャッキャしているてごちゃんが喋ったりするときに真面目モードになっていて会場全体の雰囲気とか、多方面に気を使って話していたり率先して盛り上げようとしていて、やっぱり引っ張っていってくれるNEWSのエースはカッコいいなぁなんて。また新たな一面を見れてさらに惚れるよね、うん。

 

 

11.WeeeeK

最後はやっぱりこの曲!!

皆知ってる曲で誰も置いていかずに、最後の力出し切って全員で盛り上がる曲が最後。よく練られたセトリだなぁ。

 

 

フェスってみんな認知度が高い曲で堅めがちだけど、11曲中シングルが5曲、後はアルバム曲とカップリング曲の構成って凄くないですか??

王道のジャニーズのコンサートも魅せつつ、最近のアーティスティックな曲、歌声を聴かせてくれる曲、参加できる曲をバランスよく持ってきつつもあえてマイナー曲で固めて攻めにもくる、そしてジュニアの登場の場面も、映像の入れ方もかなり計算されたものだと思います。

魅せたい部分は沢山あるけど、それを1時間以内で…っていう縛りの中でここまで色んな魅力を凝縮して見せてくれるNEWS最高でした。

(でも一つ気になる事が…若干てごちゃんのマイク音いつもより小さくなかった??)

 

他ファンの方の感想も気になったので色々覗いてみたら「歌が上手くてびっくりした」「知らない曲ばかりだったけどその曲がカッコよかった」って意見が嬉しかったです。

 

 

でも!!NEWSはこんなもんじゃないんです!!もっと凄いんですよ!!

ってのを沢山の人に知ってほしい、もっと色んな曲を歌ってほしい。

場数が足りない。歌う機会が沢山欲しい。

 

 

私はてご担だから、どうしてもてごちゃんの声ばかり拾ってしまうけど彼の短時間での変化にいつもビックリさせられるし、まだまだと期待をしています。

沢山の人を惹きつける力がある人だから、ステージでより輝く人だからこそこういう場所がもっと増えてほしいなぁと貪欲に思ってしまいます。

 

「まったね~!!!」と元気にステージを後にした彼に、またフェスで会いたい。

きっと次に会えた時はもっと凄い彼に、彼らになっているはずだから。

 

 

f:id:suu11_11:20181014190025j:image

4つの輝く苺

NEWS 結成15周年おめでとうございます!!!

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 

私がNEWSを好きになったのが2016年春。

NEWSの歴史を語るのには随分と短い歴なのかもしれません。

それでも私の一部になってしまうほどとても大きく、今では無くてはならない存在になってしまいました。

ファンになってから色んな事がめまぐるしく起こったけど、好きになったのを後悔したことは一度もありませんでした。

楽しくて幸せな日常をありがとう。

いつも希望の光でいてくれてありがとう。

NEWSでいてくれてありがとう。

たくさんの愛と感謝と敬意を込めて。

 

2018.9.15  NEWS HAPPY BIRTHDAY

 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 

 

 

 

味スタのブログを書こう書こうと思って、もう1か月が過ぎてしまいました。

忘れたくない記憶なはずなのにいつも通りの日常を過ごしていると、ふとあの時見た景色は夢だったのかな…なんて思ってしまうのですが、先日発売された「生きろ」のカラオケバージョンを聴いた瞬間、直前までずっと雷雨予報が変わらなくて雨雲レーダー見ながらお願いだから中止にだけはならないで!と皆で願ったり、熱中症になりかけながら動かない人の群れを相方と必死で切り抜けてTシャツが張り付くくらい汗をかいたり、一緒に入る4人で作ってくれた4色のブレスを着けて4連団扇でキャッキャしたり、センス抜群な手作りタトゥーシールを腕に沢山貼って可愛いなぁって眺めたり、大きなスタジアムの中に入った瞬間の景色と今から始まる出来事にワクワクが止まらなかったり、自然光の4人に同じ人間だ…と訳の分からない感情を抱いたり、綺麗に揃って同じ動きをする沢山の赤い光に感動したり、気持ちを伝えたくて声を張り上げて歌ったり、感動して一緒に涙したり、最後に「生きろ」が流れて嬉しくて周りのみんなで笑いながら口ずさんだり、クタクタだったけどアドレナリンが出まくって感想をずっと話し込んだり、最後まで感想が「楽しかった、やっぱりNEWSが大好き」という事しか出てこなかったり、そんな沢山の思い出がブワーーーっと一気に蘇ってきて愛しくて苦しくなりました。

 

そんな大切なひと夏の思い出を形にしたく、感じたままにつづっていきます。

 

 

 

 

 

「NEWS 15th ANNIVERSARY LIVE 2018 strawberry」

 

in 味の素スタジアム(2018.8.11~8.12)

 

  

 

 

  

この味スタが発表されてから、本当に色んな事がありましたね。

それはもう前のブログに書いているので割愛しますが

 

suu11-11.hatenablog.com

 

でも一つだけ。

この記事に書いているように、世間の目やファンの事じゃなくてまずは自分たちの気持ちを1番大事にしてほしい。言いたい事は言って欲しいし、感情を出したいときは素直にぶつけてほしい。

それはこの頃からずっと変わらない思いだったけど、でもどういう風になるのかな…

なんて開催数週間前までは若干不安要素交じりで思っていたんです。

 

 

でもグッズのアプリが立ち上がり、プレ販を室内貸し切りで2日間もしてくれ(しかも東京国際フォーラムよ!?それに台風の中、時間調整等ずっと対応してくれながら)会場に行けばただのグッズ販売だけじゃなくオブジェ等装飾や音楽もかけてくれ、グッズはどれも可愛くてファンに喜んでもらいたいという思いだけで凄く可愛いものを作ってくれていてさ。

Tシャツなんてメンバーの名前 + & YOUって書いてくれるんだよ。

端々に大事にされている事を実感させてくれる彼らの心意気に感謝しかない。

 

 

私は地方住みでプレ販にはどうしても行けないので快く引き受けてくれた優しい友人に代行してもらったのですが、その中でどうしてもライブ前に読んでおきたかったパンフレット「メンバーへ15のメッセージ」を読ませてもらったんです。

 

実際に4人それぞれの言葉を読んで受け取って、うん。この4人だったら絶対後ろ向きな事なんて言わない。そう確信しました。

彼らの色んな思いの欠片達から、きっと彼らは自分自身と今まで支えてくれたすべての人がただ楽しいって思えるような15周年のお祝いをしたいんだなという事が伝わってきたので、こちら側も楽しみだという気持ちしか残りませんでした。(天気以外←)

 

 

 

結果を先に言うと、SNS等で心配されていた色んなことはとんだ杞憂でした。

ただただ楽しい、4+FANの世界。

 

エプコティアでは「NEWSが土台でファンが苺」そう言ってくれていたけど、

私が見た景色は大きなスポンジケーキの土台の上で一際キラキラと輝く見た目も中身も美しい4つの苺でした。

 

 

 

 

 

さ、序盤でこれなので毎度の事で長くなりそうですが笑

セトリ順に振り返っていきましょう☆ 

(書ける曲のみ&2日間とも座席が近い位置だったので見えていないメンバーや部分も多いし、二日間の記憶ごちゃまぜでお送りします汗)

  

 

とにかく何事も無く開催されてよかった。

いやもう何が心配だったかって、まずは天気。

 

自分が濡れる事なんて本当どーでも良いんですけど、てごちゃんがずっとやりたいと言って念願叶った野外。そしてエプコティアでシゲちゃんが言ってた「野外のリベンジ」これがどうしても叶ってほしかった。

この事を聞いた時、当時の事はファンにとってとても悲しい出来事だったのかもしれないけれど、きっとそれ以上にNEWSにとって心に大きな何かを残しているのだと感じたから。

その結果、11日は開演前に。12日は終演直後に雨が降り出し、次の日には何と調布がゲリラ豪雨に見舞われた。

このライブの時だけ無事だった奇跡は、きっとお祝いしたいと願うすべての方の願いが通じたんだと思っています。

 

 

 

 

 

 ~セットリスト~

まず最初に会場に入って目に付くセット。

はっ、、、何か見覚えが!!

2年半程前からファンになった私にとっては伝説の美しい恋にするよの秩父宮を彷彿とさせる白いお城のセット!!

 

きっと彼らの野外への想いと4人再始動でもある原点をあえて持ってきたのかな…なんて深読みのオタクは考えてしまいます。

 

 

 

 

ー歴代シングルジャケット映像ー

いやもう、この映像だけで泣くでしょ。

歴代のシングルジャケットがケーキになっていて、BGMはオルゴールとその時のPV。

 

シングルを出せる事は当たり前の事じゃない。

シングル一枚のリリース=お祝い事なんですよね。

その枚数と年月の積み重ねで15年突っ走ってきた軌跡の数々。

うぅ…新規ながら、曲と共に数々の思い出も蘇ってきて泣ける…

 

 

 

1.BLUE

もぉーーーー!!!

ケーキがBLUEのジャケットになった時点で泣くから!!!

特にてごちゃん担である私にとっては特別な曲。

努力で2回連続夢を掴んで、さらにテーマソングも持ってきてくれて。

なのにプロモーション活動が出来ない、CMも流れない、歌番組の披露の場も少ない。

仕方のない事だし、誰を責めるわけじゃないし責めようとも思わない。

ただ、エプコティアで「おめでとう」に対して返してくれた彼のニコニコした嬉しそうな笑顔と「たくさん披露する」と言った言葉を思い出すたびに悔しい気持ちが拭えなかった。

 

でもBLUEが予定通り発売だった事と日テレさんで沢山流してくださった事は凄く救われたし、私もこの曲に凄くパワーをもらい聴く度に背中を押してもらいました。

あの時期に色んな事からくじけなかったのはこの曲があったからだと思っています。

そんな縋るような思いで乗り越えた時の希望だったその曲が、15周年祝い幕開けの1曲目。

 

闘志燃やした目で声高らかに歌う姿と、堂々としたフェイクが空を突き抜けていってカッコよすぎて震える。

(…とまぁ、こんな感じで気持ち激重なもんでシゲちゃんが転んで慶ちゃんがすかさず助けるというスバラ場面をまんまと見逃しました。後で友人と喋っていて一人だけ「えっ!??どこ!!!」と驚くという完全な置いてきぼり感ね。笑

そういや、てごちゃんがめっちゃ笑ってるなぁなんて呑気に思ってたわ)

 

  

 

てごちゃんは色んな色の髪飾りつけて可愛いねぇ~皇帝ペンギンみたいだねぇ~(デレデレ)

見た目から気合いや張り切っているのが分かりすぎるところも愛しさが爆発するんですけど、個人的にはナチュラルな方が断然好みなので2日間で完全に分けてきたの本当に天才!!!オタクの需要を分かっている!!!

 

あと個人的にはテゴマスの金と赤の配色が好きなので、増田さんが舞台後で時間がない中染めてくれたの嬉しかった!!

 

 …というか、最初の衣装で増田さんがてごちゃんに赤いフード着けたの本当に天才じゃないですか?

 

  

 

エプコティアの衣装でも思ったけど、てごちゃん×フード最強。

しかも赤ですよ、赤。「手越が苺だった」に繋がりますか?

オタクの深読みですか?気持ち悪いですね、はい、すいません。

 

 

2.恋祭り

 

3.チュムチュム

 

4.サマラバ

 

5.BEACH ANGEL

 

ここ4曲で一気に会場を盛り上げる真夏のナンバーですね☆

夏の野外にもってこいのテンション爆上げ選曲で、ファンのボルテージも上がるいっぽう!序盤ですでに大量の汗をかきました。

(ちなみに放水は届く範囲ではありませんでした…残念!にゅすちゃんが水鉄砲で打ってくれても構わなかったんですよ?←)

 

 

 

そしてBEACH ANGELでですね、

な、なんと…私の(←違う)てごちゃんが

リフター目線ど真ん前だったんですよーーー!!

しかもナチュラひよこちゃんの2日目に!!!!(歓喜

もうね……超かっわいいの!

ずーーーっとニッコニコなの。

あの子は天使なのかな?

目じり下がってて、スタンド席にずっとお手ふりしてくれてて。

はぁ…。

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい。

(曲中ずっと私の脳内はこの四文字で埋め尽くされていたし、身長が低いので席ギリギリまで前のめりで超必死に見ていたので、私を間に挟んでいた増担さんに苦笑いされる始末…笑)

味スタのANGELは間違いなくあなたです!!!!

 

 

 

6.恋のABO

増田さんが2日間でアレンジ変えてくれるの最高です。

一日目は通常通りで、二日目に「すーべてをーさらけーだしてぇ↑↑」って上げてくるの。

ここ大好きなんです~聴けてめちゃくちゃ上がった!

 

 

 

そして、私的最初の事件は1日目に起こりました。

テゴマス担の私、放心状態第一弾!!!

 

この曲でアリトロのテゴとマスが入れ替わるんですけどね。

その入れ替わる前、そう!!結構早い段階から増田さんがてごちゃんの方を向いてニコニコ両手を広げて完全受け入れ態勢で待っていたんですよ、奥様!!

そんな増田さんに、ちょっとだけ戸惑う…というかめっちゃ照れてるてごちゃんね(ここもすこぶる萌え案件)

そしてギュッと熱い抱擁!!!!

 

ええええええええええええーーーーー(パニック)

 

そしてそんなオタク達の動揺もお構いなしにトロッコ入れ替わり後も水を取ってくれと増田さんが促し、素直に手渡しするてごちゃん。

 

て、テゴマスーーーーー!!!!

 

 

増田さんの体の大きさよ…

そしてすっぽりと入り込むてごちゃんよ…

 

 

しばらく引きずる案件でした、ごちそう様です。←

 

 

 

 

7.Weeeek

福岡で増田さんにてさんざん語られたWeeeekでファンが飛ばない問題ね。

今回も1日目で会場に飛べと煽っていたんですが、その煽り方が外周走ってる途中で時々立ち止まって無表情でお客さん見ながら垂直にぴょんぴょん飛んで(まるでマサイ族のよう)疲れた~ってグッタリする姿が可愛かったし、その姿にオタクが湧くもんだから気に入って何度もしていらっしゃいました。

はい、可愛い。

てごちゃんが言う、完全にボケる前の顔してるんだろうね笑

 

 

 

 

ー映像(ケーキ作り)-

いや、映像可愛すぎかよ!!

たった二日間なのに、こんなに凝った映像まで作ってくれる4人が好きだ。

ところで、あの可愛いパティシエは何処に行ったら会えますか??

てごちゃんが一生懸命まぜまぜしているのを3人のお兄ちゃんズが見守っているのが何とも可愛らしかったです。

一人で出来たねぇ、偉いねぇ(デレデレ)

 

f:id:suu11_11:20180901174644j:image

 

 

 

8.happy birthday

マーブルの乗り物が可愛かったんですけど、ヘタの部分が見えなくて完全に卵だと思って見てました笑(産まれるにかけて…と思ってたら苺だった笑 そらそうだわ)

増田さんが替え歌してくれる部分に愛情がたっぷり込められているよね。

ニコニコして歌っている姿が愛らしい。

NEWS HAPPY BIRTHDAY☆

 

 

産まれたこと 出会えたこと

今そばにいれること ありがとう

 

 

改めて聞くと凄く良い歌詞。

まさにこのライブ時の心情そのものだったかもしれません。

NEWSでいてくれて、出会ってくれて、ありがとう。

 

 

 

 

9.愛言葉

私がNEWSに落ちたキッカケで、どうしても生で聴きたかった曲。

相当な思い入れがあったのでイントロがかかった瞬間にブワーーーッときたんですけど…

(え、いま!??って心の準備全然できてなかったから感動よりも戸惑いの方が大きかったけど)

 

 

※ここから愚痴入ります汗(NEWSの事じゃないよ!)

えっと、NEWSが歌って?って言う所は全然良いんですよ?

私もURとか周りが引くくらい酸欠になるまで全力で声出しますし?

しかしですね、バラード曲だったりメンバーのソロ部分とかまでフルで隣で大声で歌われちゃったら、まぁ~彼らの大事な声が全く聞こえないんですよね~怒

 

いやマジで、あんたの下手くそなカラオケをわざわざ金出して聴きにきたわけじゃないんですけど??殺

 

…はっ!!つい口が悪くなってもーた。 

引きずっちゃって2日目もあまり堪能出来なかったので、次回はちゃんと聴き入りたい…

サビでてごちゃんが気持ちよさそうにハミングする所が大好きなんですよね。

 

 

メンバーが作ってくれた歌詞

 

可愛くてフワフワの 笑顔も

優しくて まんまるの時間も

僕の言葉に魔法をかけて てずてってとって会いたいよ

 

ここが大好きなんですけど、今もこの歌詞を作った時と同じように思ってもらえるファンでありたいです。

 

 

 

10.チャンカパーナ

いつも、もっとガッツリ隠して!!って思っていた「今夜世界から 身を隠そう」を増田さんがちゃんとやってくれた事が嬉しかったー!!!これこれ!!てごちゃんを後ろから抱…(黙れ)

 

あと最後てごちゃんの「チャンカパーナーーーー!!!」って伸ばす所ね。

いつもファンも一緒に歌ってーって言うもんだから、いやいや!あなたの声が聴きたいんですー!!って思っていたんだけど、1日目はいつも通りファンと一緒に、2日目は自分で歌ってくれたので感無量でした!!

 

どこまでも伸びる高音とビブラートが空に昇っていくようで凄い気持ちよかったー!!野外最高だ。

 

 

11.SUMMER TIME

 

12.フルスイング

 

13.UR not alone

愛言葉でも思ったけど、フルスイングとかURが序盤できたもんだから感情が全然追いつかなさすぎる!!私の情緒超不安定!!!笑

 

っていう若干の心の追いつかなさはあるものの、フルスイングの時に一番端と端にいるのに絶対目合わせるテゴマスにウッ…となって、URではメンバーが目の前だったのでそれぞれの歌に込める力の入れようが良く見えました。

(そして、ここもてごちゃんが目の前!!ありがとう友よ!!)

高い位置だったてごちゃんがサビでしゃがみ込んで、会場全体の声を浴びようとしている場面がとても印象的でした。

あの頃とずいぶん受ける印象が変わった曲だけど、ファンと会話をするように会場の声を大事にする所は変わらないんですよね。きっと原動力に変えてくれてるのかな。

 

 

 

ーMC-(8/12のみ)

ここはもうポンコツなんであんまり覚えてないです笑

 

8/11は開演15分前になってもまだ2万人が入場出来ていなくって、でもオープニングは見てほしい…だから開演自体を遅らせる事にした。でもそしたら曲とMCどちらを取るかで、やはり1日しかこれない方もいるし、見てほしいから曲を取るという選択をしたNEWS。

(野外会場は場所によって音を出してよい時間が決まっているので、流れや時間配分もかなり綿密に計画していたと思います。)

それなのにMCが無いことで皆が休憩できなくてごめんね、今のうちに水分補給してねって気遣いしてくれて。こっちは基本立って見ているだけだけど、休憩もろくに取れずぶっ通しで歌って踊る事になるのはNEWSなのに…

(特にテゴマスは休む暇が一切ない)

本当にサクっとMCを終わらせて、でも1日目ラストまで疲れは一切見せないNEWSがめちゃくちゃカッコよかったです。

 

そして、1日目にMCが無かった事を踏まえて2日目は早め早めに行動するNEWSファンも良い子すぎる!!

 

 

それと1日目にかなり目立っていた音問題。

野外は特に音響の設備や機材調整等が難しい為、時々ズレたり歌いにくそうだったのに(これが普通だと思う。プロのミュージシャンでもイヤモニの調子が悪いのが一番致命的に歌いにくいとの話だし)一人だけほぼズレる事なく全体の軸になって音を支えて引っ張っていたてごちゃんが凄すぎる…と脱帽しました。

 

 

 

 

 

 

 

あ、無事に8/12(2日目)はてごちゃん曰く超面白いMCが聞けましたよ☆

 

まずは、てごちゃんが「グッズ凄い売り切れたんでしょ?売り切れましたーの通知が凄くきて…(えっ、メンバーもアプリ入れてるの??可愛いな)何とか買えるように交渉してるからね。」って言ってくれたこと。

暑い中で外に並ばせたくないからと交渉してくれたのもそうだし、こうやってファンの生の声を関係者の方に聞いてもらって事務所を動かそうとしてくれる行動力と、ちゃんと事実を伝えてくれる姿勢がファン思いで大好き。

(後日、本当にジャニーズショップでの販売が決まったんですよね。しかも初の試みなんでしょ?通販も…って検討してくれたみたいだけど、ここまで動く事は凄いことなので、ショップ販売してくれるだけでも有難いですよね!!きっと凄く熱心に交渉してくれたんだろうなぁ…)

 

その他諸々は…もう雑誌等確認で、ね。(他人任せ)

 

 

その中でも一番印象に残っているのが、やはりドリフェス出演の発表!!

てごちゃん担としては、彼がずっと夢見ていたフェスに今年出れるという事が叶って嬉しくて仕方なかったです。

担当の夢+バンド好きとしては、絶対に参加したい!!!本当に夢みたい!!!!

 

 

…というか、

・年に1枚アルバム、3枚シングルのリリース

・W杯キャスター

・野外ライブ

・またNEWSで曲を作る

・アウェイのフェス出演

 

これ全部てごちゃんが言ってる事で、今年全部叶えているんですよね。

ちゃんと有言実行するNEWSのエース、自担が誇らしくてしょうがないです。

 

 

それと慶ちゃんが歌番組とかだと未だに歌う前に手が震えてしまって、てごちゃんに握手してもらう話。

その時にてごちゃんが「大丈夫だよ~」って言った声がめちゃくちゃ優しくて。

叱咤するわけでも激励するわけでもなく、「大丈夫」って言ってくれるんですよ。

優しくて思いやりがあって…そういう所が人としても大好きです。

 

f:id:suu11_11:20180901175750j:image

 

 

あ、どの場面だったか忘れたんですけど(MCの冒頭かな?)急に、

 

てご「タカ、ターカ!!上着はもう脱いでもいいの?」

 

ます「待ってください…」

 

ってやり取りがあって、オタク一瞬にして大混乱の巻。

 

(え、ちょ、ま、、、、今てごちゃん「タカ」って呼びました?しかも、すげーナチュラルにオタクの前で呼びました???そして当たり前のように受け入れている増田さん何なの…え、これが日常なんですか????コヤシゲも突っ込まないじゃん!ねぇ、なんかどんどん話進んでるけど全く内容が入ってこないんですけど!!誰か教えて!!)

 

って混乱している間に、いつの間にかデビューシングル順に並んでみよう…って話になってて

 

てご「そしたら俺、欠席した人みたいに…」

 

って自虐したら

 

ます「今は真ん中」

 

っていう、タカ兄さんのてご愛が炸裂しとるやんけ。

 

 

ねぇ、君たち一体どうなってるのですか?テゴマスさんよ… 

 

 

 とまぁ気持ちが追いつかないほどテゴマス事案が色々と起こるんですけど、次の曲なんて私にとっては本当に夢を見ているんじゃないかと思う事が起こるんですよね。

 

 

 

 

14.青いベンチ(テゴマス)

MCの時に、コヤシゲが「じゃあ僕たちはハケますので~」って言ってテゴマスだけになった時から「え?え??え????」しか言ってなかったです笑

 

なんとなくNEWSのライブの中でテゴマスとしての歌は歌わないんだろうなって思っていたんですけど(何かの雑誌インタビューでも言ってた気がする)慶ちゃんがNEWS15年の歴史の中で外せないと言ってくれたので、この歴史的なライブだけは特別に…という感じで披露してくれたのかな。

 

 

初めてちゃんと聴くテゴマスのハーモニーは凄く優しく溶け合っていて、会場全体に温かい風が吹き抜けるような心地よっくて大好きな音色でした。

NEWSでハモる時よりもテゴマスとしてハモる時の方がより優しいんですよね。フワッと軽い気持ちにしてくれるような、不思議な声。

 

何よりも歌う時の表情がNEWSの時とはまた違って、二人だけで歌う時間を思う存分楽しんで、そして大切にしているのが分かるくらい凄く良い顔で。歌声で会話をするような、歌う事が大好き!!ってこっちまで伝わってくるこの二人だけの雰囲気が大好きだなぁと改めて思いました。

 

 

 

 

そして、1日目よりも2日目の方が断然溶け合った歌声になっていたんですよね。

もしかして1日目の後に2人で練習したのかなぁと素人でも分かるくらい、たった半日で完成度さらに上げてくるなんて…やっぱり音を大事に楽しみながらもプロ意識の強いテゴマスの事が大好きだ。

 

 

 

 

そして歌い終わったら2人とも同時に歩み寄って嬉しそうにギュってするんですよね。

 

はぁ、テゴマス…尊い(頭を抱える絵文字)

 

 

お二人さん、そろそろ新曲なんてどうですか?ライブとか…しませんか??

f:id:suu11_11:20180901175717j:image

 

 

 

 

 

ー映像(衣装について)-

なんだかアナザースカイのような映像が流れるんですけど、こういうオフな感じのインタビューって良いですよね。

 

内容は増田さんと衣装の話なんですけど、増田さんはきっと才能を認めて任せて出来上がったものは絶対に着てくれるメンバーの事と”NEWS”というグループ自体の事が大好きなんだろうなぁ。

 

 

そして衣装とメンバーカラーの関係。

てごちゃんが「増田貴久が一番メンバーカラーにこだわらない」

と言っていて(何か言わされている感…というか流れ的にドラマ風仕立てなのかな?)そういえば増田さんの衣装ってメンバーカラー取り入れてなかったなぁ。

今までそこまで深く考えはしなかったけど、Hey!Say!JUMPの衣装を担当した時はガッツリとメンバーカラーを取り入れていたし、何かわざと避けているのかな?なんて漠然と考えていた事を思い出しながら聞いていたんです。

 

 

そしたら、

 

増田さん「4年前から考えていたことがあるんです」

 

 

 

 

15.Share

 出てきた瞬間ブワーーーーっと鳥肌が立ちました…

 

てごちゃん→whiteのピンクのモコモコ

増田さん→カルテットの形が面白い蛍光イエロー

シゲちゃん→NEVERLANDのの迷彩

慶ちゃん→エプコティアの襟首が印象的なオープニングの

f:id:suu11_11:20180826101317j:image

 

えっ、まさか1ツアーに1つメンバーカラーの衣装を作っていたの!?

 

 

しかも一番びっくりしたのが、個人的に各ツアーでメンバーカラーを纏う本人自身が一番似合っていると4人全員に思っていた衣装だったんですよね。

本当に増田さんのアイデアって独創的で天才だなぁ。そしてブレない。

メンバーカラーにこだわらないと見せかけて1年に一色ずつメンバーカラーの衣装を持ってきて、4色揃って15周年のお祝いをするんですよ。

先の事よりもまずは今できる事をコツコツと…というタイプだと勝手に思っていたので、この壮大な仕掛けと誰よりもNEWSの未来を衣装に込めていた増田さんの想いの深さに脱帽しました。

 

 

2015年・てごちゃん(ピンク

f:id:suu11_11:20180901200627j:image

 

2016年・増田さん(黄色

f:id:suu11_11:20180901200631j:image

 

2017年・シゲちゃん(

f:id:suu11_11:20180901200907j:image

 

2018年・慶ちゃん(

f:id:suu11_11:20180901200923j:image

 

  

いつも思う事だけど、曲を聴くと次に思い出すのが”ライブの衣装を身に纏って歌うメンバーの姿”なんですよね。

すぐに情景が目に浮かぶくらい印象深いし、メンバーだからこそ引き出すことの出来る癖や身体の特徴、魅せ方の研究が凄い…といつも魅了されっぱなしです。

 

てごちゃんはいつもNEWSの中に咲く華のように可憐な衣装、増田さんは独創的な形が良く似合うし、シゲちゃんは魅力+衣装の融合が上手いし(フードの使い方etc)、慶ちゃんはスタイルの良さがいつも際立つ衣装ですよね。

増田さんが(一番メンバーに近い距離の人)NEWSの衣装を担当してくれている事は、NEWSの強みでもあると思っています。

増田さんだから出来る、増田さんにしかできない誇り。

衣装制作は想像以上に忙しく大変だと思うけど、それを苦ではなく凄く楽しんで作業出来る人だからこそ3人も任せきっているんだと思います。

ツアーに入る時の楽しみの一つでもある”衣装”という一つの技術。

これからも増田さんの作り出す世界が楽しみです。

 

 

そして4年分の想いを纏ってshareを歌う。

バックには美しい恋にするよの泣き顔が流れていたけど、それを見て同じように並んでくれて。

1日目に増田さんがニコニコ笑いながら泣き真似をして、それを見て3人も笑っていて。そんな4人の姿はあの頃よりも笑顔が輝いていて、何十倍も誇らしげにステージに立っていました。

肩を組んで背筋を伸ばして約6万人の前で笑う、そんな彼らの事が愛しくて仕方なかったです。

 

 

 

16.Touch

 

17.エンドレスサマー

なんであんなに広い会場なのにギュウギュウにくっつくの??

(慶ちゃんが凄いギュッと詰めたの見逃さなかったよ…そういうとこー!!)

ギューッとくっついて音に合わせて左右に揺れるにゅす君たちが可愛すぎるんですけど!!!!

あのオルゴール売ってくれませんか!?

 

 

 

18.ヒカリノシズク

 

 

ー映像ー

ダークファンタジーな不穏映像で大体のファンがBYAKUYAを想像しませんでしたか?

私はしました笑

 

 

 

19.夜よ踊れ

いや、まさかのーーーーー!!!!

BLUEのカップリングに入っていて、最初に聴いた時の感想がNEWSにしてやられた…と思ったほど衝撃的で。

でも挑戦的な楽曲に嬉しくなり、ジャニーズがこんな曲を歌うんですよ!凄くないですか!?って特に音楽好きには是非聞いてほしくて宣伝しまくるくらい私の中で革命が起きたんですよ。

でもこの曲はきっとライブとか野外じゃやらないだろうなぁと思っていたので(どちらかというとスタジオ映えする曲と音だと思っていた為)もうビックリ!!!

歓喜の声がそこらじゅうから挙がっていましたね。うんうん、みんな好きだよね。だって超カッコいいんだもん。

こういったジャンルの曲をセトリに入れ込んで、生でやってのけちゃうのが今のNEWSなんですね。

はぁ、、、どこまでも天井知らずの向上心の塊がカッコいい。

 

しかもバンドですよ、バ・ン・ド!!私の大好きな!!!(知らんがな!)

マジでたまらん!!!

私の微笑のマリアーーーー!!!!

 

 

そして只でさえ歌いこなすのが難しい曲をずっとリードしていたり、バンドメンバー紹介の時に楽器とスキャットでセッションしたりするてごちゃん。

その姿はとても自由で、その日だけの音を存分に楽しんでいて。

自分で自分を楽しませる事の出来る人が好きな事をしている時って本当に素敵な表情と表現をするんですよね。そんな羽の生えたような姿に惚れ惚れしました。

 

 

増田さんのラップはいわずもがなですけど(この曲でさらにパワーアップしましたよね)慶ちゃんのラップもめっちゃ良くないですか!?声に安定感があっていいなぁ。音源よりも少しだけ高めだったのもまた良かったです。

 

あと、シゲちゃんの台詞

「君の…」の時点で物凄い色気の圧にぶっ倒れる勢いだったのに、周りの悲鳴が凄くて台詞半分しか聞こえなかったんですけど…泣

(まぁ冒頭のてごちゃんの声も「夜よ踊れ」に興奮した周りの歓声で…ね。うん。←悔しい) 

 

それにしても、1日目にはしなかったのに2日目にはサングラスかけてくるシゲマスは2人で相談したの!?ねぇ、ずるくない?そういう魅せ方!!!(すき)

 

NEWSは曲を出すごとに各メンバーの色んな声の表情を知る事のできる所が凄く魅力的だと思うので、これからも”らしからぬ曲”で聞き手をびっくりさせてほしいです。

 

 

 

20.JUMP AROUND

バンド演奏が凄くハマってた!!

間奏部分に遊びのある曲ってバンド映えするなぁ。 

 

 

 

21.紅く燃ゆる太陽

あの、、、冒頭がかっこよすぎませんでしたか!?

最初にテゴマスのハモリでうわーーーー!!!ってなったんですけど、その後に入ったコヤシゲよ!!!

テゴマスだけだと声が結構優しい感じなんだけど、コヤシゲが入る事によってより音に深みとスパイスが加わるんですね…この冒頭何度でもリピートで聴きたい。

4人で奏でるメロディがガチっとハマる感覚にゾクっとしました。

 

 

 

 

 22.BLACK FIRE

ギターのマーティが来てくれた時点で絶対やるでしょ!!!

って期待してたらやっぱりきたーーーー!!!

バンドっこの血が騒ぐので、この曲は団扇もペンラもいりません。拳です。

てごちゃんのあの雄叫びを聞いてしまったら煽りは全力で応えないと!

そしてロックは裏拍!!そこは譲れません(キリッ)

 

勝手な推測なんですけど、バンドと挑戦的な曲を持ってきたのはドリームフェスティバルが決まっていたからってのもあるんじゃないかなぁなんて。

ドリフェスではてごちゃんが見たいであろう景色、拳と体で客席が揺れたり熱いコールレスポンスのぶつかり合いをしてニッコニコの嬉しそうな顔が見たいと思っているのと、フェスって本当に音楽好きさんが集まる場なので昔の私のように「どうせジャニーズでしょ?」って思っている方たちをビックリさせてほしい。

アウェイの場所でパフォーマンスを披露することは今まで興味の無かった方を振り向かせる絶好のチャンス!!!

ジャニーズなのに・ジャニーズだから…この二つを魅せる事ができるNEWSはこんなにも素敵なんです!!ってのを沢山の人に知ってほしい。

きっと私と同じように「他ファン目当ての人も心奪ってやる!!」くらいの勢いで臨んでくれる負けん気の強いエースがいるから大丈夫だと思うけどね!

だからあえて挑戦的な楽曲を持ってきてほしいですね。

(彼がそう希望してくれると信じてる!)

ドリフェスのセトリと、NEWSの更なる可能性が今からめちゃくちゃ楽しみ!!

 

 

 

 

 

 

ー映像(15年前・15年後)ー

 

ちょっと最後に書こうかな。

 

でも一つだけ。

短い言葉で一番最後に増田さんが「いま、幸せだよ」と言ってくれた事。

私はこのたった一言に勝手ながら沢山の意味が込められていると思っています。

その思いが色んな人に伝る事を願っています。

増田さん、伝えてくれてありがとう。

 

 

 

23.NEWSニッポン

いやーそんなに聞いてきた曲では無かったんですけどね、BLUEのカップリングにこの曲を選んだこと、それがデビューシングルだった事、増田さんが一番苦しい時期にKちゃんNEWSでこの曲をかけてくれて改めてNEWSの大事さに気づかされたこと、色々思い出深い曲になりました。

きっとこの曲のリプレゼンス時期は偶然じゃなく必然だったんじゃないかな。

 

 

「独りじゃないよ 近くにいるよ」

このフレーズに凄く救われました。

 

 

これからも、

 

NEWS 奇跡起こせ!!!!

We can do it!!

 

 

 

24.渚のお姉サマー

ピンクの浴衣姿で可愛く歌い踊るNEWSが大好きで、私がファンになる前の音楽出演動画で一番見たんじゃないかな?ってくらい大好きな夏ソング!

NEVERLAND東京ドームでは踊りが無かったので、今回冒頭の踊りが見れて感無量です!!!

あと増田さんの「Oh~baby♪」が好きなんです。

 

今回は超絶優しい「Oh~baby♪」を頂きました…

 

 

25.NYARO

私達の目の前が慶ちゃんだったんですけど、もうね、ずーーーっと可愛いの!!

所々の席から「可愛い…」って声が上がるくらい本当に可愛かったんですよね。

だって4人でハート作る所も一人で振り付けしてたんですよ!!

慶ちゃんが凄く楽しそうに踊っていたので、こっちまで自然と笑顔になっていました。

慶ちゃんが楽しそうで私も嬉しい。 

 

 

26.星をめざして

スタンド席だったので、NEWSを囲んだ赤く無数の光が同じ動きをする光景がとても綺麗でした。 

 

 

27.チェリッシュ

最後に「上手♡」と褒めてくれるてごちゃんの声がいつも優しくて好き。

甘やかされてる子猫ちゃんはみんな従順☆

 

 

28.四銃士(8/11のみ)

 

 

29.4+FAN

いつだって4+FANを願ってくれて、この曲を毎回入れてくれるNEWSが大好き。「僕らファンタスティック!!!」を叫ぶシゲちゃんがいいんですよね。

泥臭いけどファンタスティック、そんなNEWSだからこそ惹かれるんです。

 

 

 

 

ーステージ裏映像ー

自担が脱ぎました(←言い方 笑)

「あっちむいて 全方向!!!」ってカメラにキャッキャする姿とニコニコして顔の横に手を添える姿はそこらの女子よりも可愛くて仕方なかったんですけど(本人半裸ですけど)

 

stand up!!と会場を煽る瞬間に顔つきがガラッと変わって、それが物凄く男の顔をしていたんですよね。

いつも可愛い可愛いしているのに急に男出してこないで…めっちゃ動揺するやんけ。

そのギャップはあかん、あかーーーんっ(照)

f:id:suu11_11:20180901175632j:image

 

 

 

30.Stand up

 

31.希望~Yell~

 

32.SHOCK ME

まさかSHOCK MEが聴けるなんて…

やらないの勿体ないくらいカッコいい曲ですよね。

これもROCKな感じて聴きたい…ドリフェス

冒頭のてごちゃんの入りがディスボっぽくてめちゃくちゃカッコよかったです!

あの声痺れるー!!

 

 

33.KAGUYA

 

34.サヤエンドウ

 

35.裸足のシンデレラボーイ

 

36.BYAKUYA

野外+ペンラが赤と知ってから絶対この曲の世界観と合うからやってほしいと思っていたんです!!

そして思った通り、真っ黒闇の中で無数に灯る赤い光の中のBYAKUYAは最高に妖艶でした。

 

 

37.さくらガール

テゴマスの魔法とWhiteを見てから特別になった曲。

ちょうど歌う位置がこちら側だったのでしっかりメンバーを見る事が出来たんですけど、2日目だけ。

野外は天井が無くて、見上げれば直接空に繋がっているもんね。

大丈夫、きっと伝わっている。

 

 

 

38.Fighting Man

この曲で真正面だったんですけど、半分はアリーナを向いていたので大好きな背中が堪能できました。あーTシャツ姿たまらん…戦う男の背中ってカッコいいですよね~。

あとファイティングポーズが一人だけにゃんこの猫パンチのようで可愛かったです、はい。

 

 

39.LPS

ファンにほとんど歌わせるやん笑

どんどんファンパートが増えてきている気がするんだけど、それを嬉しそうに聞くにゅすちゃんが可愛いし、完璧に歌えちゃうファンとの関係性が好き。

声やレスポンスでお互いの愛情表現を確かめ合おうとするところはNEWSとファンの絆のようなものですよね。相思相愛の理想形。

 

 

40.「生きろ」

シゲちゃんの熱い挨拶で始まった曲。

  

テレビでも伝わってきていた4人の「生きろ」に対する気迫。

この曲からまず伝わってくるのは、彼らがこの歌詞を背負う事に相当な覚悟を持っているという事。メッセージ性が強すぎるからこそ、それ相応の感情を乗せて歌わないと歌詞に食われてしまうんですよね。しかし彼らは負けてないどころか歌が共に生きているような、そして聞いているオーディエンスまでもその熱意の中に引っ張り込んでしまうほどの圧。

それは約6万人がたった4人の歌の力に押された瞬間でした。

 

テレビだと沢山の視聴者に対して歌っているけど、ここは100%NEWSとファンだけしかいない特別な空間。いわゆるホームだ。

だからこそ言葉に出せない感情を全部歌声に乗せてファンにさらけ出しているかのようでした。

 

特に2日目は全員の抑えきれない感情がむき出しだったように感じました。

 

 

2番を歌う慶ちゃんの「終わりなき青春」部分。ここで歌詞と慶ちゃんの歌声と情景が相まってウルッときてしまったんだけど、後に続くてごちゃんのソロでもうダメ。

 

 

今までに聞いたことのない声の衝撃の強さに、身動きが全く取れなかった。

それはまるで「美しい恋にするよ」のフルスイングを彷彿とさせるようで。

…うん、でもうまく言えないけどやっぱりそれとはまた全然違うな。

今にも倒れそうで、いや倒れても構わない、自分の限界を超えてもどうなっても良いから全身全霊で伝えたいと、まるで感情をすべて外へ吐き出すかのように歌うその姿に涙が止まらなかったし、今でもこの魂の歌声がずっと耳から離れないし、きっと一生忘れられない、忘れたくない声でした。

 

以前、テレビ番組でこの歌割と歌唱部分に触れた時に「バトンタッチのように、手越の歌唱を受けて自分も変えている」と言っていた増田さん。

この日、てごちゃんの心の底から叫ぶ歌声に続いた増田さんの歌声は今まで聞いた中で一番優しくて、でもまるで大事なものを強い気持ちで包み込むようでした。

やっぱりテゴマスは言葉はいらなくても伝わっているんですね。

 

「仲間の絆」で3人と会場を差し、てごちゃんの声を受け止める増田さんの歌声と、後ろでグッと堪える表情をしたシゲちゃんにさらに泣かされました。

 

 

「生きろ」の命令調と鍵カッコ。

これは生きる事をまずは自分自身に強く言い聞かせているのではないだろうか。

きっと自分に強く生きていくという決意と負けるなという鼓舞。

そして、きっとこの時の彼らも自分自身に向けて歌っていたんだと思う。

 

 

 

NEWSは歌で思いの丈を伝える力のあるアイドル。

同じ歌を歌っても、その日の感情や景色、月日が流れる度に変わっていく。

歌が常に「生きてる」と思わせてくれるから惹かれるんですよね。

 

 

私が想像していたアイドル像とは真逆。

 

熱くて、泥臭くて、感情むき出しで顔をぐしゃぐしゃにしてがむしゃらに気持ちを声に乗せてくれる、派手な衣装や演出が無くても魅せてくれるアイドル、そんなNEWSが大好きです。

 

f:id:suu11_11:20180901175549j:image

 

 

 

 

グランドフィナーレで花火が味スタの上空に咲いたとき、花火に見向きもせずに総てを出し切り放心状態で会場を見渡していた彼の表情が忘れられません。

それはまるで無垢な子供のようでした。

 

 

「総てパフォーマンスで返す」

こちらの期待と想像を大幅に超えて、ちゃんと示してくれる彼が大好きです。

 

 

てごちゃんは15年前の自分へ「もう手越祐也は自分だけのものじゃありません」と言っていました。

 

私はその言葉を聞いた時、どうしようもないほど苦しくてしょうがなかったんですね。

私達は彼に何てことを言わせてしまっているのだろうか…と。

 

誰よりも自由が好きで後悔しない人生を歩んでいきたい、やりたい事が沢山あるといつも言っている彼だからこそ、今いる世界は沢山の制限があって窮屈な思いや理不尽な事、もどかしい事がきっと沢山あるはず。彼の性格上、見えるところで弱音は絶対吐かないけれど、もちろん傷つかない人間なんていない。

NEVERLANDのオーラスで小さくなって泣きじゃくる姿を見て、彼がどうしてここまで泣かないといけないの?一体あんたたちに彼が何をしたっていうの…と世間をめちゃくちゃ憎んだ。

 

そんな思いを沢山している筈なのに、それでも私達の前に立ち続けてくれている。

 

そして、「俺からファンを取ったらなにも残らない」「ファンが俺の心臓」等、いつも一番大事だと言ってくれるほどファン思いの彼を縛っているものがファンの存在であるという事が苦しかった。

常に姿を見ていたい、いつまでもそこに居てほしい。声を聴かせてほしい。 

そう願う事は、本当は酷な事なのかもしれない…

 

そんな事を思いながら、家に帰ってからゆっくり見ようと思っていたパンフレットを開いて、真っ先に飛び込んできた言葉に涙が出た。

 

 

 

そうか。

彼にとってこの世界は…

 

だから、そこに立ち続けているんだね。

 

 

モチベーションはファンだと言ってくれた彼がくれたこの言葉を常に忘れないでいたい。

そこにずっと居たいと思ってくれるような、いつまでも自慢のファンでありたい。

 

 

 

 

そしてNEWSがステージを去った後にエンドロールが流れたのですが、それは未発売の「生きろ」の歌唱なしの音源でした。

まだみんな歌詞も完璧に分かるわけではない状態なのに、誰かが歌おうと催促したわけでもなく、歌うような映像が流れたわけでもなく、皆が思い思いに口ずさんだんです。

 

NEVERLANDのオーラスで自然発生したURの大合唱の、NEWSにこの声を届けたい!とか、ありがとうを伝えたい!!という相手に届けたい気持ちじゃなくて、ライブが楽しくてしょうがなかった!その気持ちのまま歌いたい!!「生きろ」が大好き、NEWSが大好きだから歌いたくなっちゃう!そんな思いでファンの方々が自分なりにNEWSの曲を愛して楽しんだ事によって自然発生した歌声。

 

NEWSがライブでファンのみんなと意志疎通のためにしてきた「歌う事」それがファンには自然と身についているんですよね。

 

どこを流してくれてるのか分からなかったので、歌詞が分からない部分はふにゃふにゃ~となってしまうのに、それでも歌いたい!!って歌っちゃうファンの皆さんも可愛くて好きだし、きっとここにいる皆は自分なりにもがきながらも6月を必死に過ごしてきた人ばかり。あの時期、顔は知らなくても各媒体で支えあってきた沢山の仲間がいたことを歌声を聴きながら思い出して余計温かい気持ちになりました。

 

 

そんな、NEWSに聞いてほしいわけじゃなくて自分たちが楽しんで歌っていた歌声を慶ちゃんがステージ裏で聴いて泣いてくれていた事、そして1日目の事を踏まえて急遽楽曲を長く編集してくれたことを先日のラジオで教えてくれて、あーーーもうNEWS大好きだなぁって。

だって2日目も当たり前に歌うって思ってくれてるんだよ、それを踏まえて少しでも歌いやすいようにって時間もないのに考えて作り直してくれて。

こういうお互いを尊重して思いやる情景こそが、私達ファンとNEWSの相思相愛の理想形なのかもしれません。

 

 

 

 

15周年記念のセットリストは今まで一度も音楽番組やライブで披露した事のない曲は「夜よ踊れ」の1曲だけだった。

実は、いつもメンバーが感謝している「あの時、残ってついてきてくれたファン」ではない自分が15周年のお祝いについていけるのだろうか…と少しだけ後ろめたい思いがあった。

でも、最初から最後まで2年半前にファンになった私を一度も置いてきぼりにはしなかった。ずっとNEWSと一緒だった、凄く楽しかった。

きっとそれはどの時代にファンになったとしても一緒にお祝いが出来るように、誰一人置いていかないように。そしてまだまだ一緒に歩んでほしい。

そういう思いを込めて”過去+現在+未来の融合”のようなものにしてくれたのかもしれません。

 

ずっとずっと楽しかった15周年ライブはまさにお互いの「ありがとう」で溢れた空間でした。

 

私は最近バラードよりもNEWSが4人でわちゃわちゃしている曲のほうがより泣けるんですよね。いま楽しいんだな、4人が4人で幸せなんだなって思って泣けるんです。

 

これからもきっと私にとって「泣けるほど愛しい」存在。

 

 

 

15年、どんな時もNEWSでいてくれてありがとう。

 

 

勝手ながら私も一緒に歩んでいかせてね。

 

 

15周年、本当におめでとう。

 

 

これからのNEWSの未来に幸あれ!!!!

 

f:id:suu11_11:20180901174705j:image

夢に見た世界は群青

こんにちは~☆

 

はてなブログさんから毎回「そろそろ記事を書きませんか?」ってメールがくるくらい更新が気まぐれですみません。。。

 

 

実はこの記事結構前からチマチマと書いてはいたんですけど、まぁここ1か月の間に色々ありましたよね…うん。

そんなこんなで完全に続きを書くタイミングを逃してしまいまして。

なので記事アップの前後、時空が歪んでいます。悪しからず汗

とりあえず完成できて良かった…!

 

 

 

こういった私信ブログを書いて読んでもらうにあたって、自分の勝手な解釈で本人はそんな事思ってもいないのに…とか、嫌な思いをさせていたらどうしよう…と色々考えてしまうので更新ボタンを押すのに実はちょっとだけ勇気が必要なんですが(てごちゃん誕生日とかNEVERLANDとか気持ち悪いくらい語っているくせにね笑)

そんな時に「読んだよ」「更新待ってるよ!」等かけて下さる温かい言葉は、自分の文章に自信がない私にとってとても励みになります。いつもありがとうございます!!

 

では今回も自分の記録用兼勝手な主観入りまくり、相変わらず自担贔屓な記事になると思いますが…(さぁ私は何回可愛いと言うでしょうか笑)

まぁ、お時間ある時にゆるっと読んでいってくださいませ☆

 

因みに3万字超です…簡潔に纏めるの下手くそすぎる笑

 

 

 

 

 

 

 

5月20日、NEWSとファンの壮大な宇宙旅行EPCOTIAツアーが無事終焉を迎えましたね。

 

コンセプトを大事にしたツアー第二弾。

第一弾のNEVERLANDが想像以上の凄さで、世界観の作り込みやセトリ等今までで一番好きだったし、何しろ私にとってはNEWS初コンサートであり、まぁ色々あって並々ならぬ思いで迎えた特別なツアーだったので(ブログ「ようこそNEVERLANDの世界へ」参照)

 

 

suu11-11.hatenablog.com

 

 

 

NEVERLANDの世界から抜け出したくない気持ちと、後ろを振り向かずに前進する今現在のNEWSを見たい…という葛藤に悩まされながらの参戦となりました。

 

いや、アルバムを聴いた時点ではもうすでに期待でしかなかったけどな!←単純

 

 

今回は有難いことに色んなご縁があって福岡と埼玉の二か所に参加出来ましたので、そちらの公演の感想になります(しかも入った方向がほぼ同じような場所だったので、全然見えていないメンバーが多いです。特にコヤシゲ…全然お目にかかれなかったよ泣 あとやっぱりどうしても自担&テゴマス案件ばっかり目で追っちゃうよね)

 

 

 

とりあえず、福岡の初日は初体験のデジチケにドキドキ。

これスマホ壊れたりログイン3回失敗したら恐ろしいことになるやつやん…

 

 

私は文明の進化になかなかついていけないアナログ人間なので、チケットは事前に紙で手元に持っておきたいのが本音です。

”チケット発送しました~”

この通知が来ると一瞬で家に帰るのが楽みになるし、あの一人で郵便物と向き合ってドキドキする感じがね。

せーーのっ!!て独り言いいながら封筒からチケットを引っ張り出す「開封の儀」の程よい緊張感がたまらんよね。(えっ、私だけかな)

 

 

 

発券待ち中は前の若い子の「ぎゃーー!!!」という断末魔にドキドキ。

 

えっと、私たちの座席は…

なんと福岡は3公演中、全部2階スタンドRという”Rの呪い”にかかる(笑)

(一日目夜は相方ちゃんとの重複分だったのでRを交換してもらい、真反対のスタンドに入りました←それでも真反対…まさにスタンドの呪い笑)

 

 

 

 

さぁいよいよ会場入り!

 

ツアー初参戦の時って、まず入口の扉に近づいた時に少ーしだけ会場の形態が見えただけで一気に心拍数あがりませんか!?

特に私はそんなに大きなセットや装飾が無いバンドのライブにばかり行っていたので、未だにジャニーズのステージ構成やセットによる世界観の作り込みに驚かされます。

(ジャニーズのステージ構成ってめちゃくちゃお金かかってますよね、、、)

 

 

そして今回もセットが凄い…

 

一歩入ってしまえばもうそこはNEWSとファンだけに作られた最高の異空間。

 

群青の世界に浮かぶ惑星の数々。

今回はセンステ、メンステ、バクステ…というものはなく真ん中に一つだけ。

そこから四方に分かれたステージ。

NEVERLANDの時よりもシンプルになっている感じですかね。

 

 

……ん??でもこの形態どっかで見たことがあるな。。。

 

はっ、これって10周年ステージ構成と同じなのでは!?

 

 

 

ドームもアリーナもどっちも大切だと言ってくれる彼ら。

きっと、ファンとより近い距離・360度ファンに囲まれたいという思いがあったんじゃないかなーなんて想像するだけで胸熱です。

宇宙空間は広大で、そこには沢山の惑星が散らばっていて。

どの惑星もひとつひとつが存在感があって綺麗なんだけど、その宇宙空間の核(中心)の部分にあるのはステージ(NEWS)

 

NEWSってステージ構成とセットだけで、これからどんな世界が広がるんだろうって想像を掻き立てられてワクワクドキドキさせてくれるんですよね。はぁー、好き!

 

 

 

 

 

さぁ、夢に見た 明日はきた 

 

群青の世界へ~~~!!

 

 

 

 

 

~オープニング~

イケメンアテンダント4人の映像が流れて、宇宙ロケットに誘導された私達。

誰が出てきても悲鳴が上がる、ひたすら顔が良いアテンダントが宇宙空間での注意事項を丁寧に説明してくれます。

 

さて、その先導された先にあったものは……

 (これから始まる異空間の旅へ誘う際、いつも「一緒に」を大事にして手をちゃんと差し伸べてくれてるんですよね。すき!)

 

 

 

映像の切れ目の静かになったほんの一瞬、真ん中のステージから急に気合い入れの地声が!!

 

 

円陣の声に沸いた大歓声の中、突如はじまるカウントダウンとレーザービーム。

そして一斉に光り輝きだした無数の星(制御ペンライト)

飛び立つ準備を始めるやたら顔の良い宇宙飛行士。

 

 

そうか!さっきのアテンダントパイロットになって、自ら私たちを連れて行ってくれるのか!!

 

10カウントからどんどん数字が減ってく度に大きくなる歓声と、着々と地球を飛び立つ準備をする4人の姿。

 

 

やばい、めちゃくちゃ上がる!!!!

ワクワクしすぎて震える!!!

やばいやばいやばいやばい…

(もう語彙力飛んで行って、やばいしか出てこない…)

もう高揚感が半端ないんですけどーーーー!!!

この演出考えた人、天才すぎる!!!

 

 

 

 

 

1.EPCOTIA

何度も言うけどNEWSは本当にアルバムの表題曲が毎回最高すぎる。

最初のたった1曲で、どんなに日常とかけ離れた音楽の世界観にも迷子になることなく一瞬で連れて行ってくれる。そしてこれから始まる物語の助長にもってこいな想像力掻き立てられる曲調と歌詞。

 

 

コンサート前から凄く気に入っていたワード

 

「世界は群青」

 

暗転した会場で青のペンライトが光る、まさに一面に広がる群青の世界。

一つ一つの小さな星が輝いて大きな宇宙を作り出す光景がめちゃくちゃ綺麗…。

 

 

 

で、どこから出てくるんだ!?

 

えーーー!!う、上!?

 

まさかの宙吊りーーーー!!!!

 

しかもあらゆる方を向いてる!?

ちょ、、、誰がどれ!?←笑

えっ、シゲちゃんとか完全に逆さじゃない!?

というか、あの体制で歌えるの凄いんだけど…

f:id:suu11_11:20180723203057j:image

そして、これってもしかしてコンパスの方位。。。?

(シゲちゃんがあまりに逆さ吊りが上手で、自分が得意な体勢で決めていった風に雑誌で言ってたけど方位は単なる偶然なのかそこから方位の体制に組んで行ったのかは未だ謎のまま…ですね) 

 

 

 

 

 

あっけにとられていると4人が地上へ!

 

 

 

ぎゃーーー衣装めっちゃカッコいいーーー!!!

 

f:id:suu11_11:20180723203146j:image

宇宙服+制服のイメージかな?首回りと顎が隠れるようになっている形と、全体的にキラキラの紫のラメでそこに白の大きめのステッチがアクセントになっていてめちゃくちゃ可愛いの!!

 

1曲だけの衣装、勿体ないけど超豪華…

私、この衣装めっちゃ好きです!!増田さん!!

 

そして福岡だったかな?シゲちゃんがカメラに抜かれた瞬間に顔を衣装にうずめて眼だけ見える状態にするんですよ。

何なん、シゲ…ずるくない?

 

そして若干埋もれちゃってるうちの子が可愛くて可愛くてたまらんー!

怪我した猫ちゃんみたいーー(エリザベスカラー

 

 

EPCOTIAは、NEVERLAND同様テゴマスのサビに繋がる1番と2番それぞれの歌い方が凄くカッコよくないですか!?

それと、エフェクトかけたてごちゃんのフェイクの声が宇宙を照らしていく太陽のようにパーッと広がっていく感じが好き。

 

そして一番沸いたのは最後の決めポーズのテゴマスの背中合わせですね。はい。

テゴマス大好き芸人で、彼らは常に背中合わせな関係だと勝手に思っている私にはもうたまらん案件でした。

ありがとうございました、ごちそう様です。←

 

f:id:suu11_11:20180723203225j:image

ちょっと見て下さいよこの画像…雑誌から抜粋したんですけど、みんなビジュアル完璧じゃないですか??

ていうか表情の作り方が4人共素敵すぎて震えるわ。この自信に満ちた、気合いの入った四者四様の帝王感が最高。いやーー本当いい顔してる。この写真大好き。

 

 

慶ちゃんのフワフワでちょっと長めな茶髪いいですよね~。このビジュアル凄い好きです。前髪も長めで、分けずに下ろしている方が断然タイプ。そしてこの目が見え隠れしてる感じがまたね。

お目目が突然変異で二重になったみたいだけど、歳を増すごとにより優しい雰囲気になってて素敵ですね。はい。

そしてスタイルが良すぎるのでコートのような衣装が似合うこと!!細めのトレンチコートとか絶対似合うわー。あーでも長めのダッフルコートもいいなぁ!!それにバーバリーのマフラー巻い…何か脱線してきた。笑

そしてそのコートからチラリでる長くてスラッとしたおみ足がまたエ…あ、なんでもないです。

 

 

シゲちゃんは顔がいい。いつ見ても顔がいい。この前髪からでる渋いお顔の時の眉間の皺がすき。

髪型は無造作な方がタイプですね。ゆるパーマとか特に最高。それにだてメガネとかもうほんと最強だと思うんです!!シゲ×丸メガネよきー!!

アンニュイシゲ超好物(おっとよだれが…)

そしてこの片目だけ隠れている感じとかさ…はぁ…美しい。

でも後ろは短めなんですよね。そして短いからこそ見える位置、耳の後ろにあえてボディシール貼るんですよね!何て場所に貼ってるの!シゲ!!ずるい!

角度によってチラッチラみせてくるこの…たまにしか見えない、気付く人は気づくという感じがまたエロ…あ、なんでもないです。

 

 

増田さんは何?今回黒マス出現率高くない?人ひとり〇してきたの?この上から目線的な挑戦的な目がすげー好き!!!

そういえば増田さんって前髪分けだしてから、眉毛で結構お顔の印象が違う時ないですか?どちらかというと眉山あんまり強調してなくて明るい茶色の時がよりお顔が優しく見えて凄い好きなんですよね。(NEVERLANDのドームの時とか好き)

そして髪色もオーラスに向けて赤く染めなおす増田さんも可愛いなぁ~なんて思っています。(好みで言うと色落ちしたくらいの赤が好きですけど…というか一番好きなの10thのLIFE OF NEWSの時!!グラデめっちゃ好き!)あとEMMAの時も思ったけど、前髪無い方が今回の曲達にも合ってる!!髪型までもコンセプトに合わせちゃう増田さんの自己プロデュース力が凄いなぁ。ファッションって無限の可能性を秘めていますね。

そしてその分け目の隙間からちょいちょい溢れ出る隠しきれいエロいフェロモ…あ、なんでもないです。

 

 

てごちゃんはね~可愛いねぇ(デレデレ)いつも気合い入ると濃いめのメイクになるんだけど、今回は素に近いよね。えーーーん、大好物です!!!←

素が良いからメイクしなくても可愛いよ~かっこいいよ~(むしろそっちの方が…)って思ってたのが叶ったので、いやはやもう大満足です。(今日も気合い入ってるのね、うんうん♡張り切ってるねぇ♡ってのが一目瞭然なのも分かりやすすぎてそれがまた可愛くて大好きなんですけどね!デレデレ)

あーーー大好きなちょっとたれ目な感じと困り眉が強調されて最高♡大好き♡可愛い♡天使!!!

素の方が、いつも感情が出ているお顔がより豊かに見えて凄く良い顔してるんですよね。

あと髪形もストンッとしてるの大好きなんですー!なんつーかこう…無防備な感じが良くないですか?庇護欲かきたてられるというか、可愛すぎて襲いt…ごほん、なんでもないです。

そして日に日にお顔と身体がシュッと締まってきてて、どんどんカッコよくなっていくの!!今回ハードだから色んな努力が垣間見える!!好き!!

 

 

 


2.KINGDOM

てごちゃんの今までの勲章が全部散りばめられた大事な大事な、宝物のような曲。

その散りばめられた部分のパートを担ってくれるのは、ライナーノーツに「サッカーソングは手越が持ってきてくれた」と書いてくれたシゲちゃん。

(メンバー自身がこの事を書いてくれた事が凄く嬉しくて、何度も何度も文章をなぞったなぁ。逆にてごちゃんもドラマ主題歌はシゲちゃんのお蔭って言ってるもんね。この末っこズのお互い言葉に出して認め合ってる関係性めちゃくちゃ好きだ)

 

そして、その部分にてごちゃんがハモリで入るんだよね。

NEWSを引っ張っていこうと結託している二人が歌っているのが、何だか感慨深い。

 

 

 

ずいぶん前からサッカーのお仕事をやりたいと言い続けて自分の力で掴んできて、任されたからには…と真面目に知識と解説のスペックを磨いて色んな方々から信頼されて。

継続して任されることは当たり前じゃない、凄い事だよね。

有言実行で何事にも全力で立ち向かう姿に、何度尊敬と憧れを抱いたか。

 

サッカーソングはどの曲も前へ前へと気持ちを鼓舞してくれるようなてごちゃんの力強い声と、未来を射す光のようなフェイクが大好き。

(サッカーソングはてごフェイク+ますラップがないと…!!と思っています)

 

 

そして私がファンになって初めて迎えるW杯なもんで、毎日正式発表を今か今かと待ちわび、W杯メインキャスターが決まってすぐのたまアリで直接本人の口から嬉しい報告が聞け、みんなでお祝いできた事が物凄く幸せでした。

 

 

えっと…

実はですね、一番伝えたいことがご本人にちゃんと伝わったことが分かるような出来事があったんですよ……(震)

 

 

 

ふぉぉぉぉぉ…ものっすっごいキラッキラしてた…

 

ビックリするくらい可愛かった…

 

あり得ないほどの眩しい笑顔だった…

 

まさに、”この世にも天使がいたのさ…” 

 

 

(パニーーーーック!!!!)

 

 

 

 

 

 

しかも!!

念願のサッカーソングのシングル化というスペシャルなお知らせまで!

あぁもう泣いちゃう…

 

せっかく毎回てごちゃんの頑張りでテーマソングにも起用して頂いて、しかも素敵な曲ばかりなのにシングル化にならなかったの、実は結構悔しかったんですよ…

(W杯テーマソングはNEWSの新曲!って発表時、シゲちゃんのドラマ主演も既に決まっていたからか、”カップリングに!”って言われてる方が多くてね。それもすごい悔しかったなぁ。)

 

だから本当に嬉しい!!

おめでとう、ありがとう!!!!

 

 

こんな凄い事なんだからもっと大きな声で言ってもいいのに、自分のお知らせの時は凄いサラーッと言って終わっちゃうテレテレなてごちゃんが愛しすぎる泣

(そういうとこ本当すき!!!!!)

 

 

 

 凄くカッコいい曲なのにテレビ披露も1回きりで勿体ないなぁ…

と思っていたけど、ツアーで見たKINGDOMは声がより力強くなり、ダンスがキレッキレでさらにカッコよく魅せてくれました。

 

 

キラキラの赤い衣装を身に纏って闘志ある目で声高らかに

「It’s my KINGDOME~!!!」

と歌う姿は、とても輝いていたしカッコよかったよ!!

 (この衣装、KINGDOMの為に作ってくださって…ますか?増田さん!KINGDOMと凄い合ってるんだもん泣)

f:id:suu11_11:20180723203431j:image

 

 

 


3.TWINKLE STAR

冒頭3曲がアルバムと同じ流れなのはNEVERLANDと共通ですね。

3曲って絶妙ですよね、1曲目で一気に引き込んで、あとはその世界に慣らしてくれるようにアルバム通りの2曲でなぞってくれて。その加減が凄い心地よいです。

 

 

そして、てごちゃんのダンスがちょう可愛すぎませんか!?♡

ねぇ!!!何なの、あの可愛いこちゃん。

 

前奏部分の4人でぴょこぴょこ回りながら顔かくして~パッて出した時の天使の微笑みよ…Oh…(コトバニナラナイ…)

 

 

 

前奏後に4人が四方に分かれてファンの近くに行くんだけど、一人めっちゃ勿体ぶってなかなか移動せず、最後に勢いよくワーーッとファンの元に駆け込んで行ってアリーナ一帯を湧かせてニッコニコのご機嫌ちゃん。

さっきまで強い眼差しだったのに、皆の近くに行ったら一気に目じり下がってんの!

 

っっっ可愛すぎかよ!! 

構ってほしいにゃんこかな??

 

 

そして、サビの激しい踊りからのお手手を星の形にしながら左右を向いて、最後の片足を前にやりながら伸びるようなダンス

「TWINKLE  STAR ~♪   TWINKLE STAR~ ♪」

の破壊力ね!!!

 

f:id:suu11_11:20180723203536j:image 

み・て・こ・れ!!!!!!!

(雑誌のちょうどページまたぎ部分だったのが悔しい…折り目ー泣)

 

このコメントの可愛い手振りって書いてあるけど

いやいやいや…この子自身が可愛いすぎなんですけど!!

 

このおぼこい笑顔とお手手とあんよと…もう全てが可愛すぎませんか!?

 

うぅぅ。。。この笑顔を全力で守り…た…(パタリ)

 

 

 

そして最後の「TWINKLE STAR~Ah~Ah~♪」

の後の満面のスマイルよ…

 

 

 もはや貴方こそが私の”TWINKLE STAR”なんですけどーーーーー!!!!

(惚れてまうやろーー!!のテンションで)

  

 

 

…はっ、 MY TWINKLE STARが余りにも可愛すぎて、つい取り乱してすみません。

 

 

 

サビを激しく踊ってカッコいい→可愛いのギャップ責めの流れが最高です。

(この振りが好きすぎて、てごちゃんしか見てなかったんだけど他メンバーもやってたのかな…え、どうなんだろ←)

 

 

この曲は歌割りも良いですよね~

冒頭のアンニュイで艶やかな声の「綺麗な目をしてたね~」は、シゲがね…!!!って合いの手入れたくなるし

慶ちゃんの「もうどこにもいないと知って~」部分の「いないと知って」の苦しそうな歌い方も情景が伝わってきて好き。

 

あと、増田さんパートの

「もう世界は色のない~君と二人じゃなきゃ叶わない」

の所で音がスッと引いて空気がクリアになるような感覚の中で、増田さんの切ない歌声が響き渡る瞬間が超すき。

「もう」の入りの声と「叶わない」と歌い方が特にたまらん…。

切なさが爆発する…。

 今回のアルバム、増田さんパートでここが一番好きかもしれません。

 

 

 

 


4.紅く燃ゆる太陽

まさかの選曲!!!

少プレのロックンロールパーティー凄い好きだったから嬉しかった!

四方から真ん中に集まって、テゴシゲ・コヤマスですれ違う時のハイタッチが胸熱…踊りもキレッキレでカッコいい!

またロックな歌やってほしいなぁ。。。革ジャン&マイクスタンドでどうですかねー少プレ様!!

 

でも凄いカッコいい振付なのに、ギター演奏音「ジャッジャッジャーン」に合わせて各方面に3回投げチュー&その後にニコーって笑うの、反則。可愛い。好き。 

 

あ、あとシゲちゃん担の友人に大サビの「紅く…」と一拍置くところのシゲちゃんが凄いから見て!!って言われて初めて気が付いたんだけど、めっちゃ足上がってるのにビックリした!本当すんごいの!!!カッコよすぎてなぜか「シ、シゲアキ…!!」と呼び捨てになる(なぜ)

ここ是非盤に収めて欲しい!!

 

 

 


5.LIVE

私あんまり4人以前の曲を聴かないので曲は初耳だったんですが、無重力空間の表現方法が面白くてぴょんぴょんしてるNEWSちゃんも楽しそうだけど見ている方も楽しかった!

そして1回1回装置を付け替えないといけないのに、ちゃんと順番に360度回ってくれるんだよね。優しさの塊かよ。

 

慶ちゃん…高いとこ大丈夫かな汗 しかし手足がなげぇ…長すぎて手足絡まらないのかな。スタイルお化けめ…

てごちゃんは終始遠くの席に目一杯ニコニコお手ふりしてて天使かな?軽そうだね、可愛いね♡

増田さんは重量感ある感じですね…この男感たまらん。そしてテゴマス並びの時の対比萌える…

シゲちゃんは一人凄いクルクル回ってるの!オープニングでもだったけど、もしかして空中競技得意…?

バランス感覚というか体幹がしっかりしているのもあるんだろうな。

f:id:suu11_11:20180723203613j:image

 (え…この増田さん超乙女じゃね??何か姫だっこされとるやん?そしてお顔めっさ可愛いやんけ)

 

 

最後の「抱きしめてもいい?」でシゲちゃんは何回もその方向の子達をエアハグで抱き散らかして黄色い歓声を浴びておりました…。

普段そんな事しないのに、思いっきり大きく両手を開いて目をつぶって力いっぱいギューーーーってしてくるの。

 

何なんシゲ。ずるい、ずるいわーーーー。

 

 

 

 

 


6.LPS

NEWSICALのキラキラ衣装可愛い!!!

この曲は去年の東京ドーム後初の新曲で、最初に聞いた時にてごちゃんから入る「Wow~」の声がめちゃくちゃ温かくて。

この曲の発売以降、さらに歌い方とか声の出し方がより優しくなったような気がします。

 

そしてその後のテゴマスハモリで二人の声が重なってさらに音が優しくなるのが好き。

多幸感満載の曲だったから自分の中で凄い印象深い曲なんだけど、そんなにハマらなかったーって方を多く見受けて意外でした。

生で聴く「Wow~」はCDよりも、もっと穏やかで優しくて温かい声でした。

 

このツアーに入ってすぐ「あ、顔が全然違う」って思ったんだけど、特にこの曲はいい意味で力が抜けてフワフワ~っと目じりが下がった優しい笑顔で、凄く幸せそうにファンの顔を見ながら、

”大丈夫、一人じゃないから”

って歌うもんだから、福岡の最終日に自分でびっくりするくらいボタボタ泣いてました。

 

NEWSが届けてくれる、寄り添うような優しい応援歌も好き。

 


 


 7.NYARO

安定の盛り上がりソングだけど、どちらかというとダンスと併せて好きで。

4人でしか作れないハートマークを見るのが好きなので、次回は是非ともハート作ってください…!!!

二人で歩くシーサイドも手を繋いで二人で歩いて!!コヤマスーー!!

 

あと、この曲はてごちゃんの台詞を毎回楽しみにしているんだけど(去年のNEVERLANDはやたらご当地名物を連発してくれてましたね!もはや一発芸☆)

今回は超かわいく「なんとかちてぇぇ♡」 「make a ん~チュ♡」

4人でハート作れないから、ちゃんと自分でハートも書いてくれてね。 

 福岡では日曜の夜の2部に「テイッ!」ってしてくれましたよ!生テイッ嬉しい!

 

 

 

 


 8.恋する惑星

はい、私の超大好きソングです。

アルバム発売の時から凄いお気に入りの曲で、ずーっとこればっかりリピートしてました。

アルバム発売時の記事にも書いてますが、どんな表情で歌っているか全部想像できる声なんだもん。表情ある歌声大好き。

 

 

え??どこが好きかって??

 

「Oh boy まだ分かんないの~♪」

 

ここね!!!ここ!!!超好き。

 

特に「Oh boy」の言い方よ!!

 

ここの歌い方がめちゃくちゃ優しくて柔らかくて甘くて可愛くて。

もうずーーっとこの部分ばっかりリピしいてたいくらい大好きなんですよ。

円盤出たら、この部分だけエンドレスリピートできる動画が欲しい…(本気で)

 

踊りも絶対可愛いだろうなぁって期待してたら、アラサーNEWS全員期待超えてきて可愛いの大渋滞でハゲ散らかしそうだったんですけどっっ!!

4人共ぶりっ子めいててめっちゃ可愛いのに、急に「ゆっくり 話をしようよ」ってイケボで台詞ぶっ込んでくるし、「シゲまで何光年♪」って迫っていくし、チューしたりされたり催促したり…そしてご挨拶するように4人で並んでちゃんと順番に四方に来てくれる、もう完璧です。

お陰で曲を聴くと可愛いが脳内に広がって一番癒される曲になりました。

 

はぁ、しかし何なんだあの30代…。

可愛すぎてしんどいんですけど…というか、もはや尊い。 

(福岡ではちょうど私達方向でテゴとマスが踊ってる途中にぶつかっちゃって、それがたまらん萌え要素で、はうっ!!テゴマスがドッキングしおった…と、私と私の周りがめちゃくちゃザワつきました。ありがとうございます←)

 

 

f:id:suu11_11:20180723203843j:image

 

 

 


 9.銀座ラプソディ(小山慶一郎)

私、元々の原曲を聴いていないんですけど(山下さんとのやつね)慶ちゃんの醸し出す雰囲気に合ってるよね!

あの問題の映像の時に所々で上がる悲鳴はどっちの感情なのか慶ちゃん担の方に聞いてみたいです。。(去年、自担がベッド持込みしてますけどね、えぇ。)

いやでも白黒はあかん…

あ、でもカラーでもそれはそれで…

(目を覆うが指の隙間から覗いている絵文字)

 

一般的には、いつもメンバーに弄られていて優しいイメージ…かな?

でも今回は最年長の色気満載、そしてスタイルの良さを生かしたシンプルな衣装。

白シャツだけをあんなに着こなせるの逆に凄い。

映像後にはだけていたり、今回の曲に対しての自分の魅せ方のセルフプロデュースがうまいなぁと思ったし、責めている慶ちゃん嫌いじゃないです。

(むしろ振り切ってる感じが凄い好きだ)

 

そして去年よりも歌が上手くなっている!!!

今回のアルバム、全体的に慶ちゃんの低音がかなりキーポイントで、曲自体により深みを出してくれているなぁと個人的に思っています。

 

 

 


10.Sweet Martini

ラプソディからのマティーニ!!

少プレでもリクエストめっちゃ多かったからかな??

去年からプレミアムショーでやって反響があったものはセトリに入れてくれる流れ…あるよね。

さっきまで可愛くワチャワチャしていたのに、白黒の映像効果もあって30代大人NEWSの色気が凄い。(恋する惑星の貴方たちは何処へ…)

どの会場でも、シゲマスパートで2人抜かれる所が特に悲鳴が上がってました。なんかこじゃれたバーで、聞いたこともないカタカナの洒落たつまみでロック飲んでそうな感じだったもんなぁ(←田舎者の発想)

増田さんのここの低音すっごい低いよね。そしてシゲちゃんっててごちゃんがいるからあまり目立たないけど高音凄い出るよね!!(シリウスの最初のハモリとかビックリした)この音域の広さ、今後のNEWSに無限の可能性を感じる…!

誰とでも組んで歌えるのがNEWSの面白い所だなぁ。

もっともっと面白い歌や音域に挑戦してほしい!!

(※これを書いた後で「夜よ踊れ」が世に出て度肝を抜かれた…くうぅ…だから楽しくて目が離せないんですよ!!) 

 

 

それにしても銀ラプで白シャツの慶ちゃんがバーテンになって(しかし似合うなぁ)バーに見立ててお酒(水)を持ちながら歌い踊るなんて発想面白いわー。

これは会場の中心にステージがあるからこそ全方位に魅せる角度が出来るもんね。

そしてグラス持って四方で各々格好付けているのに、てごちゃんはリズム取って踊っているのが可愛すぎるぅぅぅ。

ちなみにシゲちゃんが座り込むところは確信犯すぎますね。

シゲの魅せ方がカッコよすぎてズルいーー!!

 

 

 

 


11.madoromi

NEWSの生歌の良さをまじまじと感じる事のできる演出が最高です。

最初に映像が出ないことによって素直に声だけに集中できる贅沢さ。

この演出は歌声重視で聴いてほしいって事なんだろうなぁと思ったので目をつぶって聞いていたんですけど、4人の声がみんな優しく丁寧で、曲と向き合って1音1音大事に歌っているのが伝わってきたし、声がダイレクトに身体に響いてきてめちゃくちゃ心地よかったです。耳が幸せ。

 

 

前も書いたけど、

慶ちゃんは悲しみ・シゲちゃんは憂い・増田さんは切なさ・てごちゃんは希望

こんなイメージを私は歌声に対して抱いているんですけど。

 

 

特にそう感じたのは、増田さんの1番のサビでは、まだ過去を惜しんでいる切なさやその切ない思いに寄り添うような感じなんだけど、2番のてごちゃんサビはその現実を受け入れて未来へ進んでいこうとする、希望のヒカリが射しているようになっているなぁと。

 

その印象がCDよりも生で聴く方が凄かったし、

4人の歌の成長が一番はっきりと伝わった1曲でした。

特にテゴマスのアレンジがよりそう思わせているなぁと。

増田さんはCDよりも、より切なく苦しそうに語尾も少し変えていて。

てごちゃんはCDよりも1番は語尾を短くして、2番はより伸びやかにしていたような気がしました。

 

1曲を通して歌声でストーリーが見えてくる表現力を持っていることと、一人一人の声の個性が凄くよく出ているように感じ、音も少ないし完全にパート分けされているのに、ここまで歌声で勝負できるNEWSがカッコいいし、今まで生歌にこだわってきたからこそできる事。

今まで積み上げてきたものがこの1曲に詰まっていますよね。

そういう部分はもっともっと世間に浸透してほしいです。

 

 

 

 


12.チャンカパーナ

NEWSって凄いよね。代表曲でもあるチャンカパーナは歌番組でもライブでも認知度があって求められる曲だから今まで何度も何度も歌ってきているけど、いつも手法を変えて楽しませてくれてて。

今回なんて自撮りよ!?メンバーで自由にカメラ回して、聞きなれた楽曲でもさらに魅せ方を変えてワクワクさせてくれるんだもん。

台詞部分なんて、カメラに寄ってくれるもんだから自分の目を見て言われてる感覚になる贅沢さ。

 

 

そしてファン大好き、メンバーのワチャワチャね笑

 

・いつもカメラを回してもらえない慶ちゃん

・超カメラに寄って行って最後ファンを食べちゃうシゲちゃん

・ふざけすぎちゃってほとんどまともに踊ってないんだけど、カメラへのファンサも完璧ニコニコてごちゃん

・末っ子が尺取りすぎて一番大事な台詞がいつも言いづらそうだった増田さん

(福岡だったかな?完全に尺足りずで台詞が言えなくて「俺の番!!」っていじけてた増田さんに、てごちゃんが自分のソロパート後に「言いな、言いな!!」って言って

♬褐色の葡萄だね〜「約束するよ チャンカパーナ」だったんです…吐血。)

はいはい、テゴマステゴマス…

(頭を抱え込む絵文字)

 

 

これ、マルチアングル的なものになりませんかね…!何卒…!!

 

f:id:suu11_11:20180723204034j:image

 

 

 

 


13.JUMP AROUND

実はこういうジャンルってあまり好みじゃないんですけど、この曲も各メンバーでパートわけされてて魅せ方が上手いなぁと。

ラップの増田さんは言わずもがななんだけど、てごちゃんの声が生かせるパート、そしてそこからサビは去年から特に高音が魅力なシゲちゃん、そこをしっかり低音で小山さんが支えているのが最高です。

 

そしてなんといってもテゴマスよ!

間奏部分のクラップを入れるところで、いつも増田さんがラップで煽って、てごちゃんがその場で即興フェイク入れるのがめちゃくちゃカッコいいんだけど

福岡の2日目だったかな??

 

急に増田さんが

 

「Hey、yuya!yuya!」

 

って言いだして、てごちゃんがノリノリでフェイク入れてて

 

………は??

 

、、、え、、ちょ、、ま、、、

 

いま、なんてーーー!???

 

 

ってフリーズしたんだけど、埼玉では言わなくなっちゃってましたね。

レポで読む限りは言ったり言わなかったり、フェイクも変えていったり…と自由な感じみたいで。

その日の気分やノリで音を流して自然に楽しむ事が出来るテゴマスがテゴマスらしくてカッコいいし、バンドで鍛えられたからこそ出来る事だなぁと。

その日しかないノリや音、これぞ”生”であるライブの醍醐味ですよね。

 

 

 

 


14.BLACKHOLE

あんまりゴリゴリのラップ調は好みじゃないんですよー。(2回目)

なのに、NEWSが歌うとかっこよくて好きになる魔法にかかっちゃう不思議。

BLACKHOLEも見せ場が各メンバー違ってめちゃくちゃカッコいい!!

 

そして黒増君臨って感じですかね。あのサングラスには彼の黒い部分へのスイッチ的な何かがあるんでしょうか…

「キミはgood girl それとも悪女?」

の ”悪女” とか…ね…。

あの前髪の隙間から出る色気がとんでもねぇ。

まさに、せくしーびゅーてぃほーちょーかわいい。

 

モニターの使い方も、歌詞を様々な大きさで右往左往に出して赤・白・黒だけの色で魅せてくれて、BLACK HOLEの世界観がより出ていて素敵だった。

(ダークファンタジー的なアニメの主題歌とかぴったりだと思うんですけど!) 

 

そして私の大好きなてごちゃんのサビ。

突き抜ける力強い高音がちょう気持ちいい!!

しかも大サビ部分は、

ビブラート→デスボ→ディスボ

って変化をつけてくるところとかたまらん!大好き!!!

これも福岡ではそこまで強調していなかったので、ツアーで歌っていきながら自分の気持ち良いところではめてきたんだろうなぁ。

 

WonderやBYAKUYAのデスボが大好きなのと、NEVERLANDで歌ってきたI’m comingの完成形ディスボが少プレで聴けて、さらなる可能性がみえたような気がして…

これで完璧!って終わるのではなくて、短いツアー中でもきちんと曲と向き合って自分パートの成長をさせていって。

変化を求めて常に進んで行く姿がかっこいいから、目が離せないし惹きつけられるんですよね。

常に彼自身が「生きている」感覚を実感させられるというか…(求む語彙力)

 

あとジュニアも含めて円形で踊っている時のガウンのような衣装がヒラッと舞うのが好きだったんだけど、てごちゃんばっかり見ていたので他メンバーがしゃがむ??うさぎ跳び??をしていた…と言われて頭の中の記憶めっちゃ探した笑

 

そして探し物は見つからなかった…

 

そんな所あっ…たかなぁ……

 

えっと…盤で確認させて頂きますね?汗

 

 

あ、大事なとこ忘れてた。

カッコよく攻める曲だろうに、前奏に合わせて自分のほっぺをペチペチしている可愛いちゃんは何なんですかね~デレデレ

 

f:id:suu11_11:20180723204254j:image

 (ひえっ…なんだこの超絶カッコいい四天王…)

 

 

 

 


15.Thunder(増田貴久)

うーん…この曲に対して書くのちょっと躊躇するなぁ…。

でも、正直に私の感じたまま書いてみようかな。

 

 

今までの増田さんのソロ曲の中でダントツ好きです。

こんなにも訴えかけるような、鬼気迫る歌い方ができるんだ…というのが正直な印象です。

もちろん今までも感情こめて歌っているのは伝わってるんだけど、”アイドル”のフィルター部分が外れた、生々しいほどの一個人「増田貴久」の声なのは初めてなんじゃないかなぁと。

今まで出してこなかった、アイドルのイメージと正反対の黒い感情。

ずっと隠れていた、いやわざと隠していた部分だからこその衝撃の強さ。

上手にとか丁寧に…ではなく、もはや歌声自体が感情そのもので、生で聴くとフリーズしてしまうほどの圧の強さ。

 

私は、世間はもちろんだけどファンにも訴えてる歌だと思ってて。

本当の自分ではない部分、わかってほしいけれど伝わらない。言いたくても言えない、反論すら出来ない。そんな現状と葛藤を言葉にしたくて。

多分彼は色々な声を知っているんですよね。

だから「見くびるな、哀れむな 自分で支配するんだ」という心の訴えと決意。

それを大切なファンにわかってほしいから「塞がないで 耳」なのかな。

ご本人がどこまで歌詞に関わっているのかは分からないし、本当に私の勝手な主観でしかないのだけれど…。 

 

でもこの歌は闇の部分ばかりじゃなくて。

雨は上がらないのかもしれないけど、その厚い雲の隙間から沢山の温かいヒカリが絶えず射し込んでいる事も知っている。

分かってくれる人もいると信じているからこそ歌おうと決意した歌でもあるんじゃないかな。

 

ライブでは完全に暗転した会場の中で増田さん一人だけにスポットライトが当たっているんだけど、その強い光の先に増田さんの影が壁に映し出されていて。

その演出が一人の人間”増田貴久”の光と影、そしてスポットライトにて内面を透かして見ているような象徴だった。

 

声だけの訴え、凄くカッコよかったです。  

こういう曲を世に出した今、この先の増田さんがめちゃくちゃ楽しみ!

 

(そして衣装がめっちゃタイプでした) 

 

 

 


16.氷温(加藤シゲアキ)

シゲちゃん…ちょっとポンコツな私には世界観が難しかったよ…

 

未練が彼女の残像となってずっと付きまとっていて、その象徴が光や女性の影やハイヒールな…んでしょうか?←自信がない笑

 

正解は分からないけど、シゲちゃんのソロはいつも絵本のページをめくっているように進んで行く物語のような作り方が好きです。

起承転結が短い曲の中で出来る表現力が凄い。

そして私の中のてごちゃんが「Don't think feel !!」って言うもんだから、感じたままに受け取るわ!

 

そもそも飲んでいたお酒の氷がテーブルにこぼれて、それが溶けきるまで飲もう。

そしてその出来事が曲になるなんて発想が凄いし洒落てるなぁ。

私なら何も考えずにテーブル拭く←

 

こういう独創性のあるアイデアによってNEWSのステージは誰も見たことのない素敵な世界を作れるんだろうなぁと思うと、シゲアキさまさまです。

 

 

※(おまけ)たまありラストでどうしてもシゲちゃんが言いたかったという不満

シゲソロ→AVALONまで時間が無くて必死に着替えているシゲちゃんの横で、「氷温!!バナナ!!」「氷温ボーイ」と騒いで邪魔したり、最後の方はチカチカライトを何処からか持ってきて氷温ごっこで邪魔するてごちゃん可愛すぎませんか!?

ライブ真っ最中にも関わらず元気過ぎる笑

そしてシゲちゃん…どんまい!!笑

 

 

 

 

 


17.AVALON

入りのてごちゃんの声が優しいのにどこか艶があって好きで、毎回この入りにドキドキしていました。

 

 

大サビ前の一瞬の静寂の後、群青の世界をひ舞う優しいピンク色。

その優しいピンク色舞う中で歌う白い衣装の4人が、可憐で儚くて消えちゃいそうで…でも凄く可憐で美しかった。

その美しさは、どこを切り取ってもまるで絵画のようで思わず見惚れてしまいました。

f:id:suu11_11:20180723204402j:image

 

ここも四方にいるから可愛いちゃんしか見ていなかったんだけど、四者四様でどのメンバーも素敵だったみたいですね。

メンバーによって表現の仕方が”動”と”静”で違うのも面白いですよね。

 

 

 

f:id:suu11_11:20180723204326j:image

 増田さんはもしかして…桜の精なんです…か??(お美しや…)

 

 

 

そして最後にシゲちゃんが集めた花びらをフーッてして暗転する終わり方が素敵すぎ。

どの曲も、全体というより一部分でハッとさせてくれる演出を盛り込んでるくシゲちゃん、自分の魅せ方が本当天才的…!!

 

f:id:suu11_11:20180723204344j:image 

(こちらは西洋の絵画ですかね…)

 

 

 

 

 

そういえばこの衣装凄い好きで、何か見覚えあるな~と気になっていて。

歌番組で一度着てたやつ…だよね??

えーーーっと…

 

f:id:suu11_11:20180723204548j:image

 

…あった、これだ!!CDTVクリスマススペシャルでチェリッシュ歌ったときのだよね!

(え…なにこのテゴマス、しんどい←) 

 

 

 

 

18.IT'S YOU

まず最初に、

「包み込む優しさ」のあの振りは何なんですか!!!

お手手を顔の横でくるくるして、にゃんにゃんポーズみたいなやつ!!

か、可愛すぎかよ…泣

これも円盤が出たらエンドレスリピート決定ですね。 

あーーーあのニャンコ飼いたい。手なずけてべたべたに甘やかしたい←

 

 

 

そして、てごちゃんの「IT’S YOU~♪」の歌い方が全部絶妙に違って、それぞれの音の響きが全部綺麗だったなぁ。

 

 

 

そうそう、福岡の公演が終わってから増田さん担の友人と話していて

「てごちゃんが一人で踊るところと、増田さんが一人で踊るところ…」って言われて、

 

 

………???

 

ひとり…ひとりで???

 

え…どこ!!???

 

ってなったんですけど笑

 

サビでテゴマスがそれぞれ一人で踊っているなんて全然気づかなかった…

(今回特に四方に分かれているから、確かに他メンバーのこと完全に見逃している部分多いよなぁ…勿体ない。いつも思うけど、4人共好きだし4人共ちゃんと見たいからコンサートの時だけ目がたくさん増えないかなぁ)

 

でも途中で知って良かった…!!

てごちゃんと増田さん、同じ振り付けなのにダンスの仕方が全然違う!!

 

増田さんはダイナミックにそして流れるようなダンスで男らしくてカッコいいんだけど、てごちゃんは動きが細かくてステップが綺麗で可愛いの!!

テゴマスのこの対比のバランスも相まって、より素敵な演出になってるなぁと。

 

そして、サビの主旋律に上下のサンドイッチも凄くないですか!?

この上下ハモで格段に音が多くなるからサビに重さが出るし、聞き手としてもどこの音を重点的に拾うかで聞こえ方も全然違う。聞いてて凄く面白いなぁと思いました。

最初、誰が歌っているか分からなかったもん!!

コヤシゲ…本当に歌が上手くなったよね。

(上から目線っぽくてすいません…あぁ石投げないで汗)

4人グループで3人歌って(しかもユニゾンじゃない)1人は歌わないとか…こういう変化球の歌割り大好きだし、NEWSだからこそ出来る、誇れる事だと思います。

 

 

 

 


19.星に願いを

whiteの4人がギュッとなってクルクルしている演出可愛くて大好きだったからめっちゃ嬉しかった!!

もうディズニーのダッフィーフレンズにしか見えません…。きゃわわ!!

 

 

ねぇ、それにしてもギュッギュくっつきすぎじゃない?

 

f:id:suu11_11:20180808001010j:image

 

入りの増田さんの「恋をした~」で、今まで青く深い宇宙空間だった所に、太陽のフワッとした光が入って一気に地上に近い色が着くような感覚にさせてくれる出だしが好きです。

 

 

からの仲良しNEWSワチャワチャね。

コヤシゲは完全にもうなんか…うん。ラブラブですね。

というか普段コヤテゴの暑苦しい絡みばかり見ていたから、シゲちゃんって慶ちゃんにこんなに身を預けてされるがままなの!?

え、そんな感じで甘えるの!?…ってこちらはこちらでまぁ良いもの見た感じだったんですけどね。

 

 

 

ただ、テゴマスよ!!テ・ゴ・マ・ス!!!

 

公演ごとに近づいたり離れたり…だったんですよね。(地方レポ漁った感じ)

オーラス前は、てごちゃん増田さんの肩に手を置く感じまでいって…

f:id:suu11_11:20180723204816j:image

 

 

オーラスでは完全にてごちゃんがガッツリ増田さんの肩をグイッと抱いたーーー!!!

そして、ちょっと怯むんだけどどっしりしている増田さん…

 

かと思いきや、

てごちゃんの腰に手を、ま、、、まわしたやないのーーー!!!

 

 

 

その後すぐに、てごちゃんにもたれかかっている慶ちゃんにちょっかい出していたからちょっかい出したくてこうなったのか腰に手を回したくてしたのかは知らんけども…

えっと…どうなんですか増田さん、教えて←

 

 

 

そうそう、私てごちゃんの背中(後姿)がすっっっごい好きなんです…ってのは以前書いてるんですけど、NEWS4人が並んだ後姿もかなり好きなんですね。

(私のあらゆるホーム画面もそういえば全部後ろ姿だな…)

 

特にテゴマスの体型の違いすぎる後姿がたまらんのですよーーー。

細身のてごちゃんに(でも肩は張ってるのよね…すき←)

厚みのあるどっしりした増田さん

こんな二人が歌で繊細に共鳴する…はぁ、最高かよ。

 

 

あ、テゴマス語りだしたらどんどん気持ち悪くなってきましたね、すいません。

 

 

見て下さいよ、WSのスクショなんですけど、

f:id:suu11_11:20180723205147j:image

 

まぁコヤシゲはちょっと置いておくとして←

 

てごちゃんが増田さんに寄り添っ肩に腕を置いた時のてごちゃんの嬉しそうな顔!

そして増田さんの、このドッシリズッシリとてごちゃんを受け入れてからの優しいお顔よ!!

まさに、おれの手越感。

 

あぁ。一生勝てやしねぇ…

 

 

そういえば暗転して明かりがついてMCに入るんですけど、オーラスで明かりが付いた時にてごちゃんが赤ちゃんのように増田さんにひっくり返されて尻を叩かれていたのは何だったんですか…

ねぇ、暗転中なのをいい事に何してたの←

 

 

 


~MC~

 

えーーーっと、、、読み飛ばして頂いて構いませんので、とりあえずてごちゃんのタンクトップについて語っても良いですか?笑

 

増田さん、てごちゃんが封印したタンクトップ着せてくれてありがとうございます!!

どこのMCレポか忘れたけど、ここの部分の衣装は各々自分の好きな服チョイスだったけど、てごちゃんだけ増田さんにお任せだったんですよね?

服の事は分からないからと増田さんを信頼して全部丸投げするてごちゃん。

そして服が似合わないと豪語する&タンクトップを封印したてごちゃんにすんなり封印を解いて着せて、このスタイリングがお気に入りだという増田さん強い。

 

はぁ…テゴマス…何なんだよ、テゴマス…。

 

結構ざっくりとしたタンクトップだったので私の大好きな程よく締まっていて、でも以前より太く逞しくなった素敵二の腕とあの肩が張っている感じが(てごちゃんの肩幅最高じゃないですか?超好きなんですよ。。。)ずっと堪能できて最高幸せでした。

増田さんありがとうございますーーー!!!はぁ、薄着って素敵☆

 

あーーーあの二の腕にかぶりつk…ゴホッ、ゴホン。

 

 

 

 

えっと、、、MCに戻りまーす笑

 

NEWSのMCってなんでこんなに面白いんですかね。

どの公演のレポ読んでも文字だけですぐ想像できてフフッって笑っちゃうんですよね。

NEVERLANDの全公演MCダイジェストが最高だったから、是非また入れてほしいなぁーと密かに期待してます。

 

 

細かく書こうかとも思ったんですけど、まぁ4人がよう喋るわ私の記憶力はポンコツだわで文字起こしは放棄しました笑

 

「エプコティア MC レポ」で検索して頂けたら、きっと素晴らしいレポの数々が出てくr(他力本願)

 

 

まぁ、たまアリの増田さん爆弾発言「俺は手越が苺だと思っているけど」

に、ここ一番のリアルトーンで

「はぁ????」

って出た事だけお伝えしておきますね。

最近の増田さん、マジで何なの…マウンティングがすぎる…(いいぞ、もっとやれー)

 

 

 

 

 

 

あ、じゃあ福岡のテゴマス事件をちょろっと書こうかな。

 

事の発端はマイクを使わずに地声で喋りだしたてごちゃんから(←めっちゃスタンドの上まで聞こえる笑)

「テゴマスでマイクなしで歌ったことあるよね」

って流れで、

慶ちゃんが「せっかくテゴマスがいるんだから、テゴマス聴きたいよ!歌ってよ!!」

って押してくれてね。

テゴマス自身は結構話題を変えたりしてたんだけど、慶ちゃんが「皆さんも聞きたいよね!?」って会場にも意見聞いてくれて。

「え~何歌ってもらおう!青いベンチ…あ、砂時計もいいなぁ~え~選べな~い♡」

って床をごろごろする慶ちゃん…完全にこっちサイド意見すぎてもう泣

 

そして歌うって決めたらすぐに二人で寄って結構長く打ち合わせしていたんだけど、すごい近い距離で真剣な顔で打ち合わせする二人がめちゃくちゃカッコよかった…!!

テゴマスとして歌を大事にしたい思いと、歌うと決めたら決して手を抜かない二人の共通する思いが伝わってきて、改めてテゴマスの事を大切にしているんだなぁってのが分かって何かもう胸がいっぱいでした。

  

しかもワンフレーズだけかと思いきや「はい、そこからもうちょっと~」

って大サビまで歌ってくれるように促してくれて泣

「俺、凄くいい仕事したでしょ?」

言ってたけど、 いやマジで慶一郎さまさまです…

 

初めて聞いたのがマイクなしの生歌なんて本当に贅沢な経験させて頂いて…(震)

凄く素敵なハーモニーだったので、活動をしていないのが勿体ないなぁと今まで以上に強く感じました。 

 

私はテゴマスの歌に惚れてNEWSを知るって流れだったので、テゴマスのライブに一生に1度は絶対行きたいという夢があるんですけど、最後に増田さんが「テゴマスもライブやりますから!」って言ってくれたので、期待して待ってますね…!!!

(ニュアンス的に、”やりたい”を言霊的に発信した感じだと思います)

 

 

あ、打ち合わせの間もコヤシゲがアカペラで「いいたいだけ♪」とか「もうちょっと~もうちょっと~♪」って歌ってくれたり、「俺らも何か曲作りたいね」「コーンスープとか…」ってトークで間をつないでくれたり、歌唱中も両手を左右に振って盛り上げてくれたり…何か認め合ってる関係性に感動しました。

 

二人も地声がちゃんと聞こえるか、何か歌ってよ!!…って話で、同じくマイクなしで銀ラプを歌ってくれた慶ちゃん、ちゃんと2階席まで声届いたよ!!

「シゲは~シャララタンバリン……あ!やっぱり、あやめ!?」って言った瞬間に、

「あやめ!?それは他人事じゃねぇ」とスクッと同時に立ち上がるテゴマス笑

でもクレーンが無いとダメとかなんとか二人して意気投合してキャッキャする始末。

ねぇ、君たちどんだけお気に入りなの!!!笑

 

 

結局シゲちゃんはてごちゃんのリクエストで

「シゲcoming~天までイケない!!バージョン」

「BLACK HOLE~てごパートをシゲバージョンで」

をやってくれるという豪華なMCでした!!

 

 

NEWSはMCだから何かネタを…って感じで喋るのではなく、自分達自身が楽しくなっちゃってるのが伝わってくるから永遠と見ていられるんですよね。

 

 

 

 他にも増田さんのチラリアカペラ披露だったり、にゅす恋セリフを言ったり、慶ちゃんが質問しに客席きてくれたり、てごちゃんが機長に無茶ぶり当てられてEPCOTIAの頭文字分からない時に増田さんがずっとタオル掲げて教えてくれてたり(甘)、テゴ褒めならぬシゲ褒めしたり、慶ちゃんが増田さんのバスグッズ勝手に使っているから今同じ匂いだと言ったり、てごちゃんの行動を「あいつの事は15年も一緒にいるからわかる」とシゲちゃんが言ったり…

 

印象に残っている一部を書きだしただけでも、まぁすんごい豊富に色々ありましたね。

いつか自分の記録用に纏めたいけど…うん、無理だな笑

 

 

そして、次のソロ準備の為に一人だけ先にハケないといけないんだけど毎回ハケたがらずに時間稼ぎしたりダダこねてるてごちゃんが可愛すぎた。

ステージの上が大好きだもんね。

 

 

 

 

 


20.プラトニック(手越祐也)

てごちゃんのソロバラードの中で一番好きです。

(ソロで一番とは言えない…ロックを自由かつ楽しそうに歌う姿も大好きだから)

 

普段高い音域の人が出す低い音ってめちゃくちゃセクシーでカッコいいんですよね。

それに抑え気味な歌唱なのも、声に深みが増して良い。

 

そして今回はNEWSICALで取得した多重録音。

あれだけ歌が上手いのに、自分の限界を決めずにまだまだ…と努力を重ねているのが素人でも分かりやすいくらいに変化を魅せてくれる。

一体この人はどこまでストイックなんだろうか…

特に今回のように自分の持ち味でもあるビブラートや高音を抑えても、魅力が劣るどころか増すのは努力の賜物。

こんなにも沢山の可能性を秘めていることを常に更新して魅せてくれるからこそ、目が離せないし追いたくなるんですよね。

 

普段の力強い高音も大好きなんだけど、控えめに歌う事によって一音一音が底から響いてくるのがめちゃくちゃ心地良かったです。

 

 

 

私は今まで女性ボーカルの、しかも高音を得意とする方ばかり聴いてきた為かどうしても高い音を中心に拾ってしまうんです。(ハモリとかも高い方中心にしか拾えない)

CD音源でもどちらかというと高い方ばかり拾っていて、ライブではどちらで歌うんだろう。低い方でいって大サビで突然反転してほしいなぁ…とワクワクしていて。

 

 

そしたら、まさかの希望通り低い音主旋律で大サビ反転してくれた…!!!

これ実際歌ってみると、反転するところの音が急激に上がるからとても難しいんですよね…

でも音にきちっとハマるとめちゃくちゃ気持ち良いの!!!

 

 

 

反転しても綺麗な高音でしかもさらに力強くて。

 

あぁ、もう本当CD音源じゃ全然物足りない。

 

色々調整されて完全にベストな状態でパッケージされているものを生音でゆうに超えてくるんだもん。そりゃ惚れるでしょ。 

 

今回、音と雰囲気を大切にしているからこそいつもより控えめに歌っているてごちゃん。

本人が出てきたい所から出てきて大好きなファンに囲まれて嬉しそうに歌う姿はとても幸せそうなんだけど、私は大切な音は一音たりとも逃したくないし、どうしても視覚の方に注目してしまうから凄く勿体ないなぁってずっと思っていたので、理想の形がたまアリで叶って凄く嬉しかったし、本当に一音も逃すことなく堪能できたプラトニックは物凄いダイレクトに身体に入ってきて、その歌唱力と表現力に圧倒されて身震いするほど感動しました。

 

上から見た時に、大サビになるとお花のような優しい色の模様がてごちゃんを中心に会場全体にフワーッと広がっていくのが声と相まって幻想的でとても綺麗だったなぁ…

 

え、妖精かな(←台無し)

 

あ、衣装も凄く素敵でした。どなたが準備されたんでしょうか…

柄といい袖が長いのといい…歌に合わせて中性的な感じにしたのかな?

可愛いくて最高でした!

 

 

 


21.UFO

スポーティーでカラフルな衣装が可愛い!!

 

そして踊りがピン〇レディーのオマージュですか!?

キスも傷も交差して~のバッテン振り付けのてごちゃん可愛い。

(埼玉で自分のパートで完全に歌詞が吹っ飛んでフニャフニャ言ってたのも可愛かったけど、その後動揺せずに引きずらず完璧だったの流石でした☆←甘い)

 

私あんまり歌詞カードを見ないんですけど、

「君の愛を見せなよ」

とか強気なのに、

「離したくない 大好きだよ」

とか言われてんのコンサートで気付きまして…

超萌える。ツンデレがすぎる。

 

あと、個人的に慶ちゃんパート「君が欲しいんだよ」の「欲しいんだよ!!」

の言い方が凄い好き。

必死な感じがまた良いんですよね~。

 

この曲からガラッと流れが変わるのCDと同じでぞくっとする!!

起承転結の「転」の部分に相応しい楽曲。

 

 天井にUFOがフワフワしていたのも可愛かったです☆

 

f:id:suu11_11:20180723205348j:image

(てごにゃちいちゃいねぇ~衣装も相まって少年のようだねぇ~可愛いねぇ~) 

 

 

 


22.EMMA

イントロがかかると上がるーーー!!

そして今回初めてMVの衣装じゃないのを着て歌ってるよね??

増田さんって凄いなぁ。EMMAはもう完全にあの衣装のイメージなんだもん。

 

余談ですが、NEVERLAND展で一番存在感があってドキドキしたのがEMMAの衣装でした。

マネキンに衣装を着せているんだけど、遠くからでもまるでメンバーがそこに立っているかのような存在感とインパクトとオーラが凄かったんです。

 

 

そういえば、どこかの公演でマイクスタンドにジャケットをかける直前、衣装にジャケットが絡まっちゃってたんだけど、慌てずにちゃんと外して何事も無かったかのように対応したてごちゃん見逃さなかったよ☆凄いねぇ、偉いねぇ(デレデレ←甘い)

 

 

 

 


23.EROTICA

※先に言っときますね、気持ち悪いくらいてごちゃん語りします笑

 

はい、エロティカはてご担さんが悶え苦しんだあの踊りね!!!

もう言わなくても分かるでしょうけど、慶ちゃんパート「燃える 夕日追いやる~」の部分ね!!

 

 

いやいやいやいや

何だあの可愛いステップは…

どこの美人踊り子ちゃんなの…

ラテンダンスになるのかな??サンバ??

ステップが細かくて仕草も丁寧かつしなやかだから女性っぽいダンスがめちゃくちゃ似合うんです。

それに衣装もピタッとめだから、華奢でしなやかな身体の曲線美も相まってめちゃくちゃ綺麗だったんだよなぁ。

てごちゃんにこの踊りをさせてくれて本当に有難い泣

…というか、今回やたらてごちゃんだけ可愛い振付ありますよね!?

無限ループしたい個所やじっくり見たい部分が多すぎるんですけど…

 

いやもうエアマンさんに菓子折りを持って行きたいくらい、すんごい良いもん見れたわ… 

 

 

はぁ…まさに誰もが振り返るエロティカ…

 

 

 

 

 

あー永遠に見ていたいわー。

真正面から見たい。どんな顔して踊ってたんだろ…

はぁ、きっとすんごい可愛い顔してたんだろうなぁ…

(床に転がって悶え苦しむ絵文字)

 

 

なのにさ、靴はムートンなのよ?

ムートン!!!

あんなにムートンが似合う30歳男性いますか、ねぇ!!!

 

 

ところで、あの踊りもてごちゃんしか踊っていなかったんでしょうか??← 

 

 

 

そして、サビの「誘うような~♪」の誘う振り付けはもう、めちゃくちゃモテる小悪魔女子が行きずりの男を可愛く誘惑しているようにしか見えなかったです。

ねぇ、なんて顔して誘ってんのさ。

いやーーーもう、あの表情たまらん!!抱きt…(自主規制)

 

 

 

 

基本的にこの曲てごちゃん自身は艶やかさを意識して歌っている感じですよね。

私にはエロと可愛いのはざまなんですけど、その感じがまたたまらないんですよね~!!(完全に男子目線)

 

「Make me open the door~♪」の「door」歌い方が吐息交じりで凄い艶っぽくて好き~!!

 

 

それから大サビ前のソロパート「誘うような 唇~」のところね。

ここの「こっちおいで」の「こっち」の小さい「っ」を発音せずに

語尾に「ぃ」を入れて「こちぃ おいでぇ♡」ってなる所と、

「おいで」の「お」の発音が超優しい所が可愛くて可愛くて悶え苦しみます。

 

「おいでぇ」の後にハートマークが見える…私には完璧に見えるんだよ…。

 

 

 

それに続く

「EROTICA EROTICA~ I am the one for you~♪」

の、「あ」を強調する歌い方が好き。

「EROTICA」の「A」を強めにするから、次に来る「I am」を弱くして。それがちょっと苦しそうな所がまたエッロイんですよーーー!!! 

 

 

そうそう「あ」の声といえば、最後の「ベィビーエロティ〜↑カァ〜↓」の語尾の低い "ァ" の声がめっちゃ好き。

というかエロティカの語尾伸ばすところって全部綺麗に最後の一音まで響いてくるんですよね。

凄く一音一音大切に丁寧に歌ってるのが分かります。

 

てごちゃんってこの曲に限らず「母音(特に語尾の音)」を大事にしている気がするんですよ。

発音というか声の出し方が優しい+印象的な声色で一音も無駄にしないからこそ、最後まで耳に残るのかなぁと。

 

 

 

はぁ~~~~ん…

あの baby EROTICA に会いたい…

今すぐ会いたい。

めっちゃ中毒性ある…

 

火傷したっていいーーー!!!

 

(えぇと…他担さん引かれてないですか汗…というか同担さんにも引かれて…る??え、大丈夫かなこれ。)

 

 

 

 

 

あ!!見せ場でもある、てごちゃん、シゲちゃん、慶ちゃんの

サビ前の「EROTICA!! Ah~♪」の所なんですけど、一番エロくて素敵だったのは唯一このパートを歌ってない増田さんです…

大きい体で大人の余裕のようにターンして前髪がこう…顔にかぶさって下を向く感じが正に、せくしーびゅーてぃほーでした。

前髪の隙間から見える目がもうね…何かもう色々とダダ漏れ

 

増田さんと言えば「to love&be loved~」の「to~」を

「トゥー→」じゃなく「ト↓ゥー↑」って入る所がすき。

 

 

 


24.メガロマニア

ここでまさかのメガロマニアー!!!

カップリング曲にしておくのが勿体ないくらい疾走感あってカッコいい隠れ名曲です。

いやーまさかメガロマニアをセトリに入れてくれて、かつ今回の見せ場でしょ!?

いやーーー相当興奮したー。

 

 一列に並んでガッシガシに踊るNEWSくんとジュニアが超カッコいい。

そしてちゃんと歌も怠らないんだよね。

見ているこっちが消耗するくらいの気迫で。

この踊りで生歌って凄い事ですよね。

それでも絶対生歌を大事にするNEWSが好き。

 

私はダンスの切れとか揃ってる云々はあまり重要視しないんですけど(というか、よく分かっていない)今回てごちゃんが雑誌のインタビューでガシガシ踊りたいって発案して、自分の中の目標はフリを完璧に踊りきるって決めて。

私生活でもきちんと体作りの強化や怪我をしないよう大好きなスポーツを控えたり…

そういう努力の結果が素人から見ても一目瞭然なのが凄い。

本当に丁寧に、一振り一振り綺麗にきちっと踊るのね。

 

今回のツアーでお会いした方に「てご担です!」って言うと、よく他担さんにてごちゃんのダンスが凄かったね!って言ってもらえたのが嬉しかったです泣

いや本当凄かったですよね!?

靴、ムートンですよ!?

繊細さとキレもあって…誰よりも疲れを見せることなくキッチリ踊ってたんですよ!しかも笑顔で!!

そう、絶対笑ってるんですよね。彼は。

 

 

一列だからよくも悪くもダンスの比較ができやすいのもあるんだけど、それもまたお互いが仲間でありライバルのような関係性って感じに見えるのが好きだ。

きっとメンバーの誰よりも一番完璧に踊りきってやる!って思いで挑んでいたはず。カッコいいなぁ…天井知らずの向上心と魅せる力が大好きだ!

 

 

 

 

~時空の歪み~

今回のツアーで一番感動&興奮しました!!

私は歴代の表題曲がどれも大好きで、ずっと生で体感したかったんです。

けどツアーに行けたのはNEVERLANDからだし、やはりそのツアーの表題曲ってコンセプトの強いNEWSはそのツアーだけの披露なのだろうなぁと諦めていて。

なのでMR.WHITEのイントロが鳴った瞬間の興奮と言ったらもう…泣

 

 

セットもそうだけど、これは少しは15周年意識している…よね??

そして改めてNEWSの表題曲の大事さとカッコよさが分かりました。

本当にツアーごとの世界観を作り込むのが上手いよなぁ。

 

そして一番感動したのがメガロマニアでかなり体力消耗しているだろうに、ここでまさかのQUARTETTOのあのダンスよ…

 

福岡ではなかったと思うんだけど、埼玉でははっきりと聞こえるように前半部分で慶ちゃんが何度も気合いの掛け声入れてメンバーを鼓舞してて、そしてそれに応えるようにてごちゃんも声を出して、シゲちゃんも増田さんもバテ気味だったけど全員が踊りきる!!という気迫、あの時だけはメンバー4人だけの醸し出す空気感とか空間というか絆のようなものがダイレクトに響いて凄く感動しました。

自分も声を出すのもキツかったろうに、こういう時に誰よりも一番に声を出してくれるところがリーダーだね。

 

 


25.4+FAN

時空が歪んでしまった空間をどうやって戻すのか?

その戻す手段がファンのクラップよ…

そして曲が4+FANっていう、ね。

どんだけFANを頼りにしてくれてるのよ…泣

 

この曲は、まだNEWSのライブに行ったことがなくて夢中で見ていた10thのライブDVDでNEWSとファンの掛け合いが相思相愛みたいに見えて凄い楽しそうで羨ましくて大好きな曲だったんですよね。

だから今回も歌ってくれて嬉しかったー!!!

 

「歩き出せたよ 待っててくれたんだね?」

っていうフレーズを歌いながらファンを見るお顔が大好きーーー!!!

 

 

 


26.D.T.F

少プレのプレミアムショーとNEVERLANDでめちゃくちゃ好きになった曲。

もうセトリには入らないんだろうな…と思っていたからビックリした!!

一番の見どころ「よそ見すんなよ」ね。

でも今回、花道じゃないから見えづらかったです…泣

盤ではとびきり可愛い部分が入ったカメラ割を期待してますよ!!!

顎クイどころかめっちゃ顎持ってるシゲちゃんと、女子よりも可愛いてごちゃんのニコニコなお顔、超絶イケメンな顎クイのオッスーに自ら迫っていく慶ちゃんが大好きなんですよー! 

 

 

 


27.weeeek

去年のNEVERLAND福岡で増田さんからご指摘を受けたファンがサボっている節ね。笑

今年の、しかもまた福岡でご指摘されたんですよ…

 

なので、頑張りましたよ。

この曲はもうペンラも団扇も双眼鏡もタオルも置いて拳で応戦した方が楽しい!

次回からはもうWeeeekは手ぶらにしよう。

今回のペンラとかひっかけるの無かったから飛んでいきそうだったもん笑

 

 

でも今回の私的神曲はこれかもしれない。

ぐるっと回ってきてくれるじゃないですか…

その時って結構スタンドの上部を見てくれてるんですよね。

本当隅々まできちんと見てくれているのが凄く伝わりました。

みんな、お目目がキラッキラ。

アイドルってとっても眩しい。

 

 

なんか…何回も目があって、しかも凄いガン見してくれたんですけど…

え、なに?運命?もう結婚しよ?←

 

 

 

28.U R not alon

前回NEVERLANDツアーの中で一番印象に残っている、いわばNEVERLAND代表曲といっても過言ではないくらい存在が大きすぎる曲だったから、時空の歪みとメガロマニア以外で一番驚いた選曲でした。

 

福岡の一日目(自分的に初日)に運よくてごちゃんの真正面に入れたんだけど、同じ曲でもその時の歌い手の感情によってこんなにも違う景色が広がるんですね。

 

もう去年のてごちゃんはどこにもいなかった。

自分の為じゃなくて、みんなの背中を押せるようになってた。

 

サビはずっとひとりマイクを通さずに、嬉しそうに笑顔で大きく手を広げて全身でファンの歌声を受け止めてて。

 

「今までの超えた日々が僕らにはあるじゃないか」部分の

「僕ら」で自分とファンを交互に指差す姿を見て、涙が溢れた。

 

余りにも気持ちが重たくて、未だにNEVERLANDのURを見るのは結構躊躇するんですけど、本人自身がどんどんその呪いを解いていってくれるのが嬉しい。

 

 

 

そして最後の「not aloneーー↑↑」って上げてくる新しいアレンジも!!

 

 

あぁもう、、、

私達の前に出てくれる時は少しずつ前へじゃなくて、ぴょんぴょん駆け足で進んでいってしまうてごちゃんがてごちゃんらしくて大好きだ。

 

 

あ、福岡1日目の後はずっとシゲちゃんが正面の席だったんだけど、3人よりも明らかに気迫が違っていてめちゃくちゃ熱いシゲちゃんに感化されて、こちらも全力で声を返そうと熱くなったよ!!

今回は四隅にメンバーがいたからそれぞれで歌い方が全然違ったんだろうけど、シゲちゃんの人一倍全力のURかなりかっこよかった…

なんかもうなりふり構わず感情を出し切る感じで。

 

私達も最大限に全力で酸欠でした。

完全燃焼できたよ、ありがとう。

 

 

 

 


29.イノセンス

NEVERLAND同様、ラスト2曲がアルバムと同じセトリだから終わりが近づいているのが伝わってきて切なくなりますね。

 

 

私はどうも青臭い曲が好きな傾向があるもんで、この曲もアルバム発売時から大好きだったんです。

戻らない日々を惜しみながらも進んで行く切ない感じをNEWSが歌っているという情景がたまらないんですよね。

冒頭のギター音とテゴマスの元気な歌声が、昔の青春時代を思い起こさせるようで切なくなります。セピア色の情景が何故か浮かぶんですよね。ハモリも凄い好き。

 

 

そしてライブでは、URのすぐ後だからか「弱さという強さを手にして」が何だかてごちゃんと重なってねぇ…

 

そしてメンステに戻らなきゃけないのに、一向に行かないんだよ…

ずーーーーっと目一杯手を振ってるの。

ねぇ、そんなにファンがすき??泣

 

 

キラキラしたシャボン玉の中でニコニコしながら隅々まで大きく手を振る4人が眩しくて、何だかシャボン玉と共に消えちゃいそうな儚さがあって切なかった。

f:id:suu11_11:20180723205605j:image

(て、天使…)

 

 


f:id:suu11_11:20180723205613j:image

 

 

 


30.HAPPY ENDING

最後の最後の曲。

この曲といいLPSといい多幸感溢れる曲の冒頭がてごちゃん入りで、最初のたった一音で一気に明るい世界へ導いてくれる歌声が大好き。

LPSの所でも書いているけど、今回のアルバム曲は前回よりも格段に歌声が優しく、そして柔らかくなったよね。

 

 

 

 

…というか、NEWSはファンに歌わせたがりよね笑

もー欲しがりなんだからぁ(デレデレ)

 

 

そして煽りはだいたいてごちゃんがしてるんだけど、いつもファンに対しての声と話し方がすこぶる優しい。

 

 

「みんなの声を聴かせて?」

 

 

いや、こんな優しい煽り聞いたことないんですけど!!

 

 

そして何回か繰り返し歌う時も、

 

 

「みんな もっと出るぅー♡」

 

 

……はい???

 

いや、なにそれ。

 

何なんだよ、その可愛い声は!!!

 

甘えん坊め!!!

 

世界一可愛い煽りかよ!!!

 

ファンには激甘なそんなあなたがこの会場中で一番可愛いんですけど!!!! 

 

 

そしてそのファンの声にアドリブでハミングしてくるやん!!

何なの!!一緒に歌いたいの!??好き!!!! 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばNEWSの歌割りって誰が決めてるんでしょうか??

いつも思うけど、各メンバー歌うパートの歌詞がガッチリ本人に合っていませんか?

URもだけど、特にこの曲も歌詞と歌うメンバーの情景が凄いリンクするんだよね…

 

 

 

 

つまづいてまた 下を向いてた どこまでも続く青い空

憧れだけ遠く見える こんなんじゃだめだ

 

 

何をやってんだって どうにかしなきゃって

不甲斐ない自分を許せるような 言葉探してまた遠ざかってるよね

 

 

笑顔の裏で見つけた ああ 涙が僕を奮い立たす

 

 

 

ゆっくり前向いていいよね?

決してこの想い絶やさぬと決め

 

 

ってまたすぐにエモい方向に考えがちだけど、この曲で最後だからこそ最高に幸せな気分に浸れてどこまでも歩いていけそうな心の軽やかさで終われるのが良いよね。

 

そしていつも最後に

「一人じゃないよ」

って教えてくれるNEWSが好き。

今回なんて許さないとまで言われてるからね笑

 

 

 

そうそう、オーラスではサプライズ企画があってね。

まず会場に入るとスクリーンに突然

「サプライズ企画!座席に赤いシールが貼ってある人はこちらの合図で点灯してください」

みたいなニュアンスで事前にお知らせがあってね。

 

いつもはイノセンスで一回真ん中のセットに入っちゃうNEWSを宇宙人が客席のペンライトをキラキラ光らせる魔法をかけたら出てくるんだけど、

 

オーラスでは

「画面の”せーの”の合図でハッピーエンディング!!!と叫んで、座席シールの方だけペンライトを点灯してください」って指示。

 

 

ちょっと早い段階で幕が開いてしまったと思って焦るNEWSちゃんに、

会場中からの

 

「ハッピーエンディングーーーー!!!」

 

の大歓声と共に、群青の世界にキラキラと浮かんだ光り輝く

 

「☆ HAPPY ENDING NEWS ☆」

 

私達ファンも何があるのか分からなかったからすっごいドキドキしたし、文字が崩れることなく成功した事への感動でいっぱいでした。

 

 

 

そして唖然とするメンバー。

 

「みんな、ありがとう!!!いつから知ってたの!?」

 

「いやー綺麗。本当すげぇ!!」

 

「俺最初スタッフがタイミング間違えたと思って、もー最後になんだよぉ!と黒ますが…手越もね、横で”早ぇ 早ぇ”ってね」

 

って感じで皆喋ってるのに、一人ずっと喋らない子が…。

 

 

……てごちゃん担さんは、もうここで察しましたよね?

うん、私もここで泣いた。

あの子、絶対泣くの堪えてんじゃんか!!!

 

そしたら慶ちゃんが「実は、これ一番きてんの手越」

って振ったら「いやー本当にね、有難いなって…」

って会場の文字を見渡しながら、マイクを通さずに「やばい、やばい」

ってウルウルしてたら

慶ちゃんが「つられるから…」って泣いちゃって。

そしたらてごちゃんも我慢できなくなって

「うえーーーん」って小さな子供みたいにボロボロ泣き出しちゃって。

 

 

 

去年、もう二度とあんな風に泣く姿は見たくない。

そうずっと思った一年間だった。

 

 

でもお顔を隠すことなく子供みたいに泣く姿を見て凄く安心しました。

今年の涙はうれし涙だったんだよね。

 

何だか年末くらいからTVで見かける度に顔つきが変わったなぁ~と思っていたけど、ツアーで一目見た瞬間に、あ!めちゃくちゃ楽しいんだな、充実しているんだな。ってのが全部表情に出てて。

他担さんからも、てごちゃんが凄く可愛い…と言われていたほど本当にいい表情してたんですよね。

きっとあれから色んな物と葛藤して自分で乗り越えて。

 

私は今年、あの柔らかい表情を見れただけで去年の悔しくてもどかしくてしょうがなかった思いが晴れたような気がしました。

 

 

本当に子供みたいに泣きじゃくるてごちゃんに(泣き方も可愛い)

去年裏側でずっと隣で寄り添ってくれていた増田さんが

 

「うれし涙だね、嬉しいねぇ」

「タオル使う?」

 

「もう曲いくよ!出だし手越だよ、歌えるの?」

って言われても

 

「もうちょっと見ていようよ」

 

とか

 

「それでは聞いてください…氷温」

 

 

ってわざとボケて、てごちゃんが泣き止んで落ち着いて歌えるまで待っててくれたりしてね。

 

今年もちゃんと隣に寄り添ってくれててありがとう。

 

 

 

 

 

でも、15周年の思いみたいな事を各々喋るときに増田さんも泣き出しちゃって。

 

   

 

余りに急だったもんだからか、シゲちゃんや慶ちゃんは増田さんの所へ駆け寄るんだけど、さっきまでワンワン泣いてたてごちゃんはスッと泣き止んで一切増田さんを見なかったんですよね。

 

これ見てさらに私が泣くっていうね笑

 

きっとお互い分かってたんじゃないかな。

テゴマスは自分達でも言ってたけど、片方が泣いたら片方は泣かない。

ずーっと昔から変わらずこの関係性で、二人にしか分からない絆があるんだろうなぁって思ったら嬉しくて。

 

 結局3人泣いちゃってるけど、シゲちゃんだけは泣かずにスッとしている姿がカッコよかったです。去年もそうだったけど、シゲちゃんがそうあってくれているからこそNEWSってバランスが取れてるんだろうなぁ。

 

 

そして今回の演出で

”ペンライトで文字を作りたい”って言ったけど 断念したから嬉しいと言っていた増田さん。

その”作りたい”という想いをスタッフの皆さんは覚えててくれて、作る文字を考えて、ホールの形状を見てどの椅子にシールを貼るか試行錯誤して、膨大な量の椅子に一つ一つシールを貼って、この1回の為にモニターの指令文字と機長さんも協力してくれて。

そしてこのサプライズの成功を最後はファンに委ねてくれる。

 

NEWSがお仕事仲間の皆さんにも凄く凄く愛されている証拠ですよね。

NEWSとスタッフの皆さんとの関係性も素敵。

 

 

 

 

最後はみんなでHAPPY ENDINGの大合唱。

もはや幸せでしかない。 

 

 

 

そして今回めっちゃ嬉しかったのが、憧れだった

 

「僕たちの名前は!?」

 

「NEWS----!!!!」

 

っていう最後の最後にファンが全力でNEWSに声をぶつける瞬間ね!!

この時のメンバーの嬉しそうな顔が好きなんです。

そして、いつもイヤモ二を外して幸せそうに大きく手を広げて全身で受け止めようとする彼の姿が大好きなんです。

 

 

……あぁもう、

NEWSコール聞いて、さっき泣いちゃってるもんだから涙腺ゆるゆるでまた泣いてるじゃんか!!!

 

可愛いなぁ、愛しいなぁ、大好きだよ!!!!

 

 

 

最後に四方に挨拶する時は宇宙人大好きですぐ絡みに行くし、「まってよーーー」って真似してフザけてるし笑

そしてワルノリして一緒に真似してふざけたかと思えば、4人で手を繋いで挨拶するからって、ずっと前を向いてるのに右手を後ろにスッと出して隣に来るまでちゃんと待っている増田さんに激萌えでした。

そういうとこだよ、テ・ゴ・マ・ス!!!!(いいぞーーもっとやれ!!笑)

 

 

導線の都合上なのかな?たまアリではステージを降りてアリーナの外周を歩いていって、会場を出るちょい前に一人ひとりカメラアピールして会場を後にしていくんだけど、今日は誰ともなく4人の挨拶が終わるまで会場出なくて、ガッチリ4人で肩を組んでギュッとくっついて歩いて行った姿が凄く凄く素敵でした。

 

「手越、泣いちゃったねぇ~♡」って皆で可愛がりながら笑

 

 

 

 

 

最高の宇宙旅行を見せてくれた4人の背中は凄く眩しくて、でもずっと追いかけていきたいと思うほどカッコいい背中でした。

 

 

 次の世界を体験するのが楽しみでしょうがなくなるような世界を見せてくれたNEWS、きっとまだ見ぬ「W」も最高でしかないはず!

f:id:suu11_11:20180723205714j:image

 

 

 

~アンコール~

メンバーがはけた後はもうアンコールがない構成なのは分かっているんだけど、どうしてもありがとうを伝えたいファンのNEWSコールは退場のアナウンスが流れる中、5分以上は続いたように感じました。

NEVERLAND同様、きっとコールがあっても出ないと決めていたであろうから勿論メンバーは出なかったんだけど、すべて終了のアナウンスが流れると不満どころか温かい拍手で締めくくったNEWSのファンも素敵だなぁと思いました。

 

きっとメンバーにも、感謝のコールが届いている事を信じて…☆

君のいる世界を大切にしたい

 

皆様、お久しぶりです。

 

 

本当はエプコティアツアーの感想を長々と書いている途中だったんですけど、書くのが本当に遅くって(この記事も1か月以上かかってる笑)いつも、え、今更!?ってタイミングで更新してすみません…

諸々の事情で時空が歪んでしまいますが、まずはこちらを先にアップする事にしました。

 

エプコティアツアーも完成させますので、お暇な時に読んで頂けたら幸いです。

 

※以前、当記事を書きかけの時にそのままアップしていたみたいで…読んで下さった方、スターを下さった方本当にすみません泣

 

 

 

 

 

まぁ~ツアーが終わってから本当に色々とありましたね。うん。

毎日が物凄く長く感じたし、自分の中の”NEWS”という存在がどれだけ大きかったのかを痛いほど思い知らされた日々でした。

 

 

 本当は黙っておくつもりだったんだけど(どうしても感情論になるし、持論を押し付けちゃうのもよくないし…)余りにも不条理な世の中に色々思う事があるのと、自分へ再確認のためにも残しておこうと思いまして。

あまりツイッター上では触れたくなかったので、ワンクッション置いたブログに書き連ねる事にしました。

楽しい内容ではありませんし今更感満載なので、自己判断で読んでくださいね。

 ※そもそもの内容はわざわざ詳しく書く必要はないと思うし、触れられたくない方もいらっしゃると思うので書きません。悪しからず…

 

 

 

 

 

 

 

去年、SNSやネット自体を辞めてしまいたいと思った出来事から約1年。

また同じような事に見舞われた。

 

 

人の悪意ってなんでこんなにも神経を蝕むようにできているんだろうか。

 

 

本人の全てを知っているわけではない人たちが、たった一部分だけを切り取った情報にある事ないこと取って付けて寄ってたかって責め立てて…。

 

自分勝手に理想像を作り上げ、その自分の理想像と違う行動を取れば批判。

その場にいたわけでもない、全部の事を知っているわけでもないのにどうしてそこまでの言葉を浴びせられるのだろうか…。

 

 

匿名なら何をしても、何を書いても良いの?

それってもはや集団いじめと同じ事なのでは?

 

いや、自分は顔も名前も所在地も明かさなくてよい安全な所からしている分、いじめよりたちが悪いですよね。

 

あまりにもひどい暴言ってどうにかできないんですかね。

情報源やコミュニケーション等ネット社会になりつつある今、こういった問題はもう無視できなくなってきていると思うのですが…。

 

 

  

 

 

 

そして一番言いたいことは、怒りの矛先が何故か全部彼らに向かっているけど根本的に悪いのは犯罪行為をしている方であるという事を忘れないで欲しいです。

未だに、ここが1番責められない理由が分からないし納得がいかないです。

 

 

  

しかも事を大きくした原因がまたファンっていう事実。

(まじで去年なに学んだの?)

誰が言ったか流したか出所不明な情報を見つけては安易に書き込んで。 

それで誰かの興味をそそり検索され、アクセス稼ぎに加担してるんですよー!

自分たちが自分たちの大好きな人の首を思いっきり絞めてるんですよー!

 

そもそも一生見る事のない、本人も見せる事のなかった別の世界の事を勝手に暴いて垂れ流されているのを知りながらも自分の意志で見に行って、気に食わなければ暴言吐くのはどうなんだ?それは余りにも勝手すぎるのでは…。

 

 

その時、あの曲は響かなかったですか?

私はそういう世間への訴えの意味だと捉えていたので…

まぁそこらへんは解釈の違いなのかもしれませんので、私の主観でしかないですけど汗

 

 

 

そして前回もそうだったけれど、今回もSNSを辞めたくなった一番の理由は同じ。

「大好きな人が不特定多数の人に好き勝手書かれて傷つけられている事実」

そしてそれをしているのが同じ事務所所属のファンや、同じグループ内のファン。

特に、その方のアイコンを掲げて書かれた様々な言葉は相当堪えたし、いいね機能が心底いらないと思ったのは初めてだった。

どうして同じ仲間を潰し合いするの…それによって、なにか良い事でも生まれるのかな?

 その行為は、あなたの大好きな人の印象を悪くしていませんか?

いくら本人が頑張って頑張って凄く好印象の最高のアイドルだったとしても、付いているファンのマナーが悪ければご本人の足枷になると思うんです。

もしも、自分のファンが自分の大切な仲間の悪口を言っているのを知って嬉しいと思うかなぁと…。

 

 

 

アイコンの印象って、結構脳に張り付いちゃうんですよね。

特に強い言葉はアイコンとセットで記憶に強く残ってしまうので、一時期同じようなアイコンを見かけるたびに怖かったです。

 

自分が好きな人や物を挙げているのであれば、そのファンの印象=本人に繋がる要素があるという事を常に頭に置いておかなければいけない事を私自身も凄く考えさせられたし、再確認できました。

 

 

 

 

 

 

そもそも”アイドル”って何なんだろうね?

常にキラキラしていて何でも完璧で魅力的で夢を見させてくれる人??

 

 

でも私の大好きな人も言ってたけど、アイドルである前に私達と同じように感情を持つ”1人の人間”であることを忘れてはいけないですよね。

 

 

私は何の為に働いているか…生活していく為なのはもちろんだけど、自分の趣味や好きな事にお金を使う”自分を楽しませる”為に働いています。私はね。

 

 

彼らだって「仕事」としてアイドルをしている。

でもそれは特殊なお仕事で、ちょっとした一挙一動に世間はすぐに反応し、記事にされ意見を言われるような世界に在中していて。

 

私はNEWSで初めて”ジャニーズ”の世界に入ったのだけど、最初はファンの方の細かな洞察力に凄く驚きました。

こんな小さな行動やちょっとした言動や表情まで見ているのか…そしてそれをピックアップして色々な方法で楽しんでいる姿に感心すると同時に、隅々までチェックされている事に正直ちょっと怖くもあった事を思い出しました。

(でも気付かなかった小さな幸せを沢山教えてもらえているので楽しんで見させてもらっている事の方が圧倒的に多いですけどね!)

 

 

 

そんな気を張ったお仕事から解放され、好きな事をして心を休めたいであろう完全プライベートでさえ許可もなく写真を撮られ、〇〇で目撃!!~していた!こんな対応された!

と目撃情報がすぐにネットにアップされ拡散される。

しかも全く身に覚えのない嘘の情報でさえ、それを完全に信じ込んで好き勝手言われてしまう。

想像もつかないですけど、彼らは今までどれだけのネット情報に悩まされてきたんでしょうね。。。

 

 

 

 

 

えっと…ここからは個人的な余談になるんで読み飛ばして頂いて大丈夫なんですけど、ちょうどこの騒動の時に私の周りでもそういう恐れがあった為、とあるプロの方に来てもらう出来事がありました。

(すみません、都合上色々と濁します汗)

 

その時に見せてもらったのは、本当に気にも留めないような小さな小さな物体でした。

その小さな箱は普通の音は勿論の事、ごく些細な声、わざと聞こえないようにしているヒソヒソ声、外を走っている車の音でさえも鮮明に拾いあげていました。

なんと今は画像まで撮れたりする物もあるそうです。

そして安価で手に入る事により、今ではかなり広く普及しているという事を知りさらにゾッとしました。

 

何気ない日常、その場のテンションでの話、気を使って放った一言、その人にしか言えない内容の話、だれの耳にも入る事のないはずの独り言、気を抜いた一瞬の表情や行動。

 

普通であればその部分を見られるはずのない見せることのない人に見られ、しかもそのデータで何をされるか判らないという得体の知れない恐怖が頭の中を支配し、一気に不安の闇に襲われました。

 

田舎の一般人でさえこんな状態なんですよ。

 

 

 

その方に訪ねてみました。やはりその行為は刑で罰せられる立派な”犯罪”だそうです。

「撮られる方が悪い」…それは犯罪行為をするよりもですか?

 

 

 

 

 

 

ネットの普及と携帯の進化によって今や誰もがその行為を簡単に出来る世の中。

監視カメラで四六時中見張られてるようなものですよね…

いくら気をつけろって言っても限度があるし、そんな息苦しい世界じゃ何も楽しめないだろうなぁ。

 

 

 

 

私がファンになってから今まで、ずーっと夢中で見てきた人なんです。

その見せてきてくれた姿に嘘はないし、だから好きになったんです。

それをずっと見てきたわけでもない、知りもしない人達から一部分だけで批判されるのはかなり耐え難いんです。

 

私は立場が違えど、人を批判したり説教したりガッカリできるほどちゃんとした生活を送ってきた立派な人間でもないですし…。 

 

私は極端な事をいえば、ファンにとって多少傷つく事があっても犯罪行為以外は公の場で暴言を吐く理由にはならないと思っています。

 

 

 

 

発言や感情だって本人だけのもの。

謝れだの、泣くなだの、可哀想だの…

いやいや…それは本人が決める事で、人の感情をいちファンが奪ったらダメでしょう。

ファンは活動に対してお金を払っているけど、一個人の感情まで指示できるような立ち位置ではないですよね?

彼らだって大人なんですから、ファンに言われなくとも自分達で話し合って反省する所はするだろうし、各所に色々と動いていると思いますし。

それに、表で話すことの出来ないもっと色々なことを乗り越えてきている4人だけの裏側の世界がある。

自分がずっと見てきているからか錯覚しがちだけど、メンバーの事を一番見てきて一番理解しているのはファンではなくメンバーなんですよね。

それをファンが超える事は絶対ないと思います。

 

 

   

こんな事まで言わなくてもいいのに…と馬鹿正直に真っ直ぐ感情をさらけ出してくれる彼らが大好きだし、そういうアイドルらしくない人間臭い部分を見せてくれるからこそ惹かれたんです。

そうじゃないと、きっと好きにならなかったとさえ思っています。

ちゃんと同じ人間なんですよね。

誰から見ても完璧な人なんていないんです。

 

 

そんな彼らが、人の顔色を伺い感情押し殺された当たり障りのないことしか言えなくなった狭い世界は果たして楽しいのかな?

そして、そんな4人を見ている私達も心から楽しめるんでしょうか。

 

(まぁ結局どれを選んだとしてもどーせ叩かれるんだろうけど)

 

 

 

そう、ファンなんて結局は勝手な生き物なんだよ。

自己責任で好きになったのに嫌いになれば文句言うし離れていく。

一生好きなんて保証もない。

 

 

 

 

だから私はメンバーの好きにして欲しい。

言いたいことがあれば言ってほしいし、言いたくないなら言わなくて良い。

ただ、自分の考えや言葉を大事にしてほしい。

 

 

 

 

それよりもこの一件でここまで細かく色々言う人達が出てきて、 こんな肩身の狭い制限された世界なんていらない。

と、彼らが手を放してしまうんじゃないかと不安で仕方がなかった。

特に私は、自由が大好きだけれど自分のいる世界でもがきながらも羽を伸ばせる最大限の所まで伸ばす彼が大好きだから。

 

でも不安であると同時に、自分が幸せになる方を選択してほしいとも思った。

まずは自分を一番大切にしてほしい。

そして自分を見失う事だけはしてほしくない。

 

 

 

でも彼らはまだ進む事を選んでくれた。

覚悟を持って。

 

それならば全力で応援しようじゃないか。

 

 

 

 

 

どうやら私は自担に似て負けず嫌いで愛情が深いみたいです。

 

 

子猫ちゃん、まぁまぁ勇ましいよ?笑 

 

 

だって自担がいつも欲しい時に欲しい言葉をくれて、戦闘態勢でいてくれるからね。

 

 

3年前の一万字インタビューで

「4人の中で一番メンタルが強いのは自分だし、エースとして立たせてもらってるんだから俺がNEWSのシールドになる。批判は全部俺が受け止める。だから3人には言わないで。批判は全部手越まで。」

って言葉がずっと忘れられないんだけど、月日が経って去年の事を乗り越えてメンバーにも少し甘える事が出来ているのかな…って思っていたんだけど、数か月前の雑誌で全く同じ事を言っててハッとしました。

 

 

あぁ彼は何があっても変わらず真っ直ぐな人なんだなーと思ったし、彼が真っ直ぐ前を見て先頭を走ってくれている限り大丈夫だと思った。 

 

きっと私達の知らない所、メンバーさえも知らないような所で色んな事を受けているんだろうなぁと思うと、強くあろうとする姿やわざと批判覚悟の発言を聞くたびにギュッと心が痛くなります。

 

「批判は全部受ける。だって俺は何を言われても大丈夫だから」

そう言っていたけど、そんな人なんていないですよね。

誰よりも経験も歴も短くて年下で、人見知りの寂しがり屋の甘えん坊。

そんな彼が覚悟を持って立ってくれている。

 

相方が言うように「強いようで弱い」部分もあるだろうから、そこはファンに見えないところで(絶対見せたくないだろうからね)メンバーや安心できる居場所で甘えてくれてたら良いなぁと願うばかりです。

 

 

 

 

 

ただただ幸せだったエプコティアツアーが終わって、さぁこれから15周年!!

自分達がお祝いされる…というよりも、応援してくれたファンの為に感謝を表す15周年にしたい。たくさんの楽しみが待っているよ!

 

そう言ってくれてた矢先の出来事。

悲しい、悔しい、何で今なの??

…うん、分かる、凄く分かるよ。

考え方や求めるものは人それぞれだもんね。

塞ぎ込んで黒い渦の中から抜け出せない方の気持ちも凄く分かる。

でもいつか、自分の中の納得する着地点が見つかるといいなぁと思っています。

どうか苦しい思いをするよりも楽しい方を選んでほしい。

 

 

 

 

私が学んだのは、

 

①出所の分からない記事は絶対クリックしない。

 

読んでも時間の無駄。

誰があんなク〇記事に私の大事なアクセス数と時間をあげなきゃならんの。

人を下げる記事書いてお金貰って人の心かき乱して、それ信じちゃった人が自分の顔も見せずに批判。

多くの人の心に傷をつけといて、もし真実と違うと分かったとしても記事書いた人も批判した人も、誰も訂正や謝りもしないんでしょ??

はー都合よすぎるわ~。

何なんだその責任感のなさ。

そして、そんなんでまかり通るだなんて本当腐った世の中だな←

 

という事でY〇hoo!はアンインストール☆さよなら~♡

(言葉がかなり悪くてすみません…ネット記事・週刊誌・ク〇スポだけはどうしても許せないので)

 

私は去年から、公式とご本人からの情報以外は信じないようにしています。

 

 

 

 

②軽い気持ちで検索をかけない。

 

世の中には人を叩くことで楽しみを得ている方もいらっしゃるからね、わざわざ色々検索して嫌なもの見て暗い気持ちになっちゃう時間が勿体無いですよ!!

少し見ただけで具合が悪くなるくらい、どす黒い感情って精神やられちゃいますよね。

価値観が合わないんだな~と思ってシャットダウンしましょう。

自分が知る必要のない黒い世界なんて、自ら入らなくて良いんだよ。

自分の"好き"を大事にしよう。

 

 

 

 

③余計な詮索をしない。

 

〇〇が仲悪いらしいとか、〇〇は許していないとか…

えーっと…憶測での話、心底どうでもいいです笑

なんかこういう会話が出る事自体が女子特有ですよねぇ。。

これ書くとかなり薄情ものだと思われるかもしれないけど、私本当に好きな人以外の他人にあまり興味を持てないんですよね。

だから承認欲求ある人とか私は辛いアピール構ってちゃんとか超苦手……まぁ私の薄情ものの話はどうでも良いですね笑

だから特に根拠のない噂話とか全く興味がない…というか、そもそも内情なんてファンには絶対分からない世界なんだから、色々詮索したって結局正解なんて本人以外の口から出ないわけじゃないですか。

だから私は本人達のみ信じることにしています。

というか、15年以上一緒なんだから仲良い悪いって次元でもないと思いますけどね。

 

 

 

 

④自己防衛は大事、快適なSNSに!

 

今までそんなに自分から声をかける事って出来なかったんですけど、BLUEのRT祭りで出会って同じような愛で方をしてらっしゃる方に積極的に声をかけてフォローさせてもらったら、ものすごく幸せなTLになりました!

私の場合は今回の追いBLUEやRT祭り、ハガキ要望やてごちゃん可愛い褒め…等、自分と同じような行動をされている方はきっと考え方が似ているのかなぁと思いました。

RTして下さる方はいつも同じ方々だったのでアイコンも覚えて、通知が来る度に一人じゃない…!!と凄く安心感を得られていました。

改めて毎回RTして下さる方、ありがとうございます!

見たくないものは一切流れてこないし、今日も可愛い💕天使!!って画像や言葉が溢れている世界は最高でしかないです。

 

もちろん考えや応援の仕方が違ったとしても、今までと同じように仲良くしてくださっている方々にも感謝してます!

色んな考えの人がいるのは当たり前なので、自分なりに対策をしましょ!

 

 

 

 

 

 

⑤自分に合った応援の仕方を!

 

私は自担が持ってきてくれたシングルBLUEに対して思い入れが凄く強かったし、なにくそ根性+何かしてないと不安なのもあって追いBLUEやハガキ・メール・RT…色々出来る限りで動いてみました。

都合の良い時だけ応援したくなかったというか…何もしない自分に後で絶対後悔することが分かっていたから無理してでも頑張りたかったんですよね。

 

でもこういうのも全部自己満足なので、自分の性格や思いに合った方法で良いと思うんです。

いつも通りの通常運転でも良し、静かに見守るもよし、すべてシャットダウンして一旦離れてみるも良し、愛を叫ぶも良し!!

ファンはこうでないといけない!こうしないとダメ!という正解も無いですからね。

 

  

考え方の違いはしょうがないんだ。

だって好きなところが違うからこそ担当が別れるのであって。

そりゃ一人一人好みや考えが違うのが当たり前だから、どうしても分かり合えない事もあるかもしれない。

でもそれが今回大きく出たなぁと。。。

 

 

私はあの4人だからこそ好きになったし、

1+1+1+1=NEWS

だと思っていて。

個性が強くて一見合わなそうなメンバーが集まっているのにあんなに魅力的で仲が良いのは、それぞれが認め合っているからだと思います。

得意分野はその人に任せて、自分の分野を精一杯やる。

持ちつ持たれつの関係性。

だから誰かだけがずば抜けて凄いわけじゃないし、それぞれの頑張りのお蔭で今のNEWSがあると思っています。

その4人が4人共、今まで見せてきてくれた姿に嘘はない。

だからこそ、積み上げてきた物が一瞬で崩れていく現状がとても辛かったし、世間に全部嘘だと言われているようで悲しかった。

 

 

そんな時、立ち上がったファンの方達がハガキ書いて、リクエストメール出して、各所に問い合わせして…NEWSが宣伝出来ないのなら私達ファンがすればいい!

と行動する姿にとても勇気をもらったし、継続になったお仕事や音楽特番等に呼んでもらえているのはファンの要望も少しは力になれているかもしれないけど、ほとんどが今までNEWSと一緒に仕事をしてきた関係者の方の目に彼らがどう映っていたかの結果ではないかなぁと思っています。

(もちろんジャンルによっては、どうしてもそれだけでは難しい問題もあるけど)

 

 

 

当たり前の事が当たり前じゃなくなる、それが一番怖かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の結論は

 

「彼らが大切にしている世界を大切にしていたい」

 

 

 

四人の足並みが揃ったのならば、同じ頂きに行こう。

 

 

私は彼らと一緒に、彼らの目指すその先が見てみたい。

 

f:id:suu11_11:20180721183811j:image

地上から更に壮大な宇宙へ★

前回のNEVERLANDの感想、NEWアルバム発売直前だったにもかかわらず沢山の方に読んで頂けたようで嬉しいです…!

超個人的感情が溢れていますが、DVDを見て「あのオーラスの独特の空気は映像じゃちょっと伝わりづらい部分もあるのかもなぁ」と思って。

なので、少しでも伝わればと思い書き残しました。

 

 

それとメンバーがよく「今まで色々あったグループだけど、それでもついてきてくれたから、ファンが支えてくれたから」って言葉。

その大変だった当時の事なんて全然知らない後追いのファンとしては、勝手ながらどこか疎外感のような寂しい気持ちが若干あって。

だから「フルスイング」はもちろん大好きで特別な歌なんだけど、当時からファンの方とは曲との向き合い方、熱量や感じ方は若干違うと思うんです。

 

でも、今回はフルスイングのように「UR not alone」というファンにとってもNEWSにとってもとても大切な歌をリアルタイムで共有できたことによって、そういう部分をちょっと解消くれたツアーだったなぁって思って。うん。

 

本当にあの歌にたくさんの力をもらい、救われた。

NEVERLANDツアーを経て出来上がったUR not aloneは、今後は内から外に向けて歌っていく曲になるんだろうな。

 

改めて、4人共幸せな気持ちでいてほしいなぁと思ったツアーでした☆

 

 

…あと、ブログ書くにあたってDVD見返してたら、

ここのパフォーマンス超好き!!

とか、

この表情たまらん!!

って所がわんさか出てきたんだけど…需要あるんかな笑

(か、書けたらいつかこっそりアップしようかな)

 

 

 

 

 

さて、また前置きが長くなったけれども!笑

第二章のはじまりですね!!

 

 

 

NEWSの「E」部分、エプコティア。

(アルバムのチケット部分、そしてジャケットの裏面はみましたか!??N・E共にちゃんとアルバムと同じ字体になっているの…!!)

f:id:suu11_11:20180331192554j:image

 

 

 

 

NEVERLANDに滞在しておきたい気持ちが残っている中、エプコティアを恐る恐る再生。

 

 

……あれ?もう瞬時に宇宙に連れ出されちゃったよ笑

 

 

 

 

 

それにしても、ほぼ新曲って豪華だなぁ。

シングルリリースが少なくて寂しい気持ちも勿論あるけど、こうやって新しい”今”の声を沢山届けてくれるのは有難い事。

けーちゃんが雑誌の取材で「15周年だけど、オリジナルアルバムにしました。

いまのNEWSはこれです!っていう新しいものを届けたい。それは4人とも一致した」

みたいなニュアンスの事を言ってくれてて嬉しかった。

ベストアルバムも良いけど、ファンとしても今現在の新しい彼らと共に一緒に前へ歩きたいもんね。

 

よーし、NEWSの素敵な気持ちを受け取ったので、気になる曲だけ感想をつらつら書きます!

 

細かい謎解きやら解説やらは歌い手&小説家というスペシャルな方が丁寧に書いてくれているからね。

 

これ当たり前にたのしみにしてるけど、本当に凄い事だよね。

だって歌っているご本人から全曲解説してくれるんだよ!?

ご本人だから、こちら側は書いてくれないと絶対知り得ないであろう当時の情景なんかも交えて。

しかも小説家だから、かなり読み手を引き込む文章だし、めっちゃ細かく丁寧に書いてくれるんだよ!

そんなグループ他にいる!?

因みに、一気に読みたい派なのでまだ読んでません!全曲読みながらアルバム聴くの楽しみー( ;∀;)

 

 

 

じゃ、ただの感情と好みでしか書いてない私の感想を…笑

 

 

「EPCOTIA」

前回のアルバムの時にも書いていますが、やはり1曲目って本当に大切だと感じさせられた曲。

一気に聞き手を宇宙空間が呑みこんでくる。

地上へ別れを告げ、飛び立ったその先は濃紺の世界にキラキラ輝く星の世界を遊泳している気分。

エフェクトかかってるサビのフェイクと、転調が良い具合に未知なる世界への警鐘のようでゾクッとする感覚が好き。

あと、「世界は群青」ってワードがめっちゃ好き。

これから始まる宇宙旅行のオープニングに相応しい1曲。 

あと、この1曲だけで前作のNEVERLDANDの第二章だと思わせる伏線も完璧。

 

 

「KINGDOM」

なんかテレビ披露の時よりも後ろの音が増えたかな??

サッカーソングは全部好き。

歌詞に今までのサッカーソング、てごちゃんの誇り高き勲章が散りばめられているのもいいなぁ。

特にSEVEN COLORSが「七色の魔法」に変換されてるのが嬉しい。

6月のテーマソングはどんな感じなのかな?←もう自分の中で決定事項として決まってる笑

 

 

…で、NEVERLANDに引き続きアテンダントの方のアナウンスによってナビゲートしてくれるのすごく重要!

 

~引き続き機内音楽をお楽しみください~

 

で、LPSの流れになる持って行き方が斬新で凄く良い。

前の流れの曲からつながりにくい曲も、本当に宇宙を漂いながらLPSをイヤホンで聴いているような感覚になるんだもんなー。

 

 

恋する惑星

30過ぎても、こういう可愛らしい曲が似合うNEWSが好き!!

4人のぶりっこな歌い方いいなぁ。

そして、てごちゃんだけ女の子目線なのかな??

歌い方が超可愛すぎるんですけど。

 

 (*´・ш・)Oh boy まだ分かんないの~♪

 

しかも歌い方、ちょっとプンスコしてる感じよね?どういう表情で歌っているのかめちゃくちゃ想像できるところがもうすでに可愛い。

この曲のライブパフォーマンス超楽しみだな〜💕

 

 

 

ードッキングー

 

実は、個人的に電子音とかエフェクトがあまり得意ではありません汗

この後に続く曲が特に声にエフェクトがかかっていて、誰が歌っているのか分からん…

って感じだったんだけど、ドッキング初聴きの時にてごちゃんの声にドキーーーッと反応したのは自分でもびっくりした。笑

いつもより低めの声でエフェクトかかっててるけど少し皆よりも高めで、無機質風なんだけど無機質じゃない感じがてごちゃんらしいな。

 

 

 

「AVALON」

 「IT’S YOU」

最初まぁ身体に馴染まなかったこの2曲。

でもエンドレスで聴いていくうちに心地よくなってくる不思議なサウンド。

そして、どうライブで表現してくれるのかが楽しみ!

今回のライブで絶対に魅せ方によって化けるであろう、NEWSが化かしてくれるであろう2曲。

期待大!!!

 

 

「UFO」

間にこの曲を入れてくれて感謝!!

謡曲大好きだから、歌謡曲が盛んだった世代にはすんなり入れるだろうし、若い子にも馴染みやすい曲調でもあるんじゃないかな?そして新鮮でもあるのかな。

ミステリアの位置付けのような「転」の曲。

 

 

 

「BLACKHOLE」

てごちゃんサビの伸びる高音が好き。

こういう曲をまさかジャニーズが歌うなんて想像もできなかった。。。

まだまだNEWSの可能性は無限大だなぁと思った曲。

 

そして本当に闇の世界に落ちていくような終わり方からの次の曲への変わりようが凄い。(ここたぶん、曲間長いよね)

BLACKHOLEのその先は希望に満ち溢れたキラキラの青い世界だったのかな。

 

 

 

イノセンス

ちょっと作られた音に疲れているときに冒頭のギター音でホッとした曲。

てごちゃんの歌い出しが爽やかで若々しくて好き。

ニゾンが綺麗で心地よい。

 

 

 

「HAPPY ENDING」

NEWSくん達は本当にファンと一緒に歌うのが好きね💕

お互いの声で気持ちを確かめたがる愛し愛されたがりの彼らが可愛いし、ファンと常に一緒にコンサートを作ろうとしてくれているのかなーって思うと愛しい。

NEVERLANDでもそうだけど、今回のチケットにも「一緒に」を入れてくれたNEWSは常にファンと一緒に歩もうとしてくれているんだろうね。

多幸感に溢れた歌詞の大合唱、きっと素敵な空間になるんだろうなぁ✨

 

 

 

こんな個性豊かでかっこよくて、新しいジャンルをどんどん歌ってリリースできるジャニーズグループはNEWSだけなのではないだろうか?

 

 歌いにくそうな個性的な曲達を、どんなパフォーマンスで魅せてくれるのか楽しみで仕方ない♫

特にNEWSはCD音源よりもライブで聴く方が迫力があって好きだったりします。

後から音源で聴いて物足りなさを感じるのは、それだけ生の彼らの音と魅せ方が素晴らしいってことなんだろうし。

 

 

あと、彼らの歌声の変化が凄い。

今回はシゲちゃん歌い出しが多いんだけど、艶やかでミステリアスな声色が”宇宙”という入りにくい世界にすんなり入れるよう最高なエスコートをしてくれている。

 

 

増田さんはフワーッと全体を包み込む優しい声、慶ちゃんは切なさや苦しさが伝わってくる声、シゲちゃんは憂いを帯びた艶やかな声、てごちゃんは一気に明るく照らしてくれる光のような声ってベースの印象は変わらないんだけど、今回のアルバムはプラスアルファが凄い。

NYでのボイトレやNEWSICALがちゃんと活かされている事が一目瞭然で、彼らの努力の証がリアルタイムで伝わってくるのが嬉しい。

 

 

 

そんなこんなで、ちんたら感想を書いていたらあっという間にツアーも初日を迎え、みなさん続々と宇宙旅行へ行かれているみたいで羨ましいです!

私は、NEWSはコンサートを見てやっとアルバムが完全に完成したような感覚なので、どんな新しい世界を魅せてくれるのか楽しみだし、曲との向き合い方も見る前と見た後ではかなり変わってくるんだろうなーと思っています!

 

どうか、NEWSとファンのみなさんが世界中のどこよりも素敵な笑顔だけが溢れるツアーになりますように…✨✨

 

 

 

 

ずっと夢に見た明日はきた

世界は群青!!!

 

 

f:id:suu11_11:20180331191333j:image

 

 

 

ようこそNEVERLANDの世界へ

 

 

ついに、待ちに待ったNEVERLANDの映像が世に放たれましたね。

(…約2か月も前に笑)

 

 

 

いや、本当はすぐにでも感想を上げようと思っていたんですけど、なにぶん文章を書くのが下手くそなので書いては消して〜を繰り返してたのと、ちょっとオーラスへの思いが激重すぎて自分でも手におえなくてですね…苦笑

 

 

…というわけで超今更感満載ですが自己満感想をアップしておきますので、お暇な方はゆるっと読んでいってくださいませ☆

(ちなみに、完全に直感型感情的タイプですのであしからず~)

 

 

 

 

 

突然ですが、私はライブって日常の嫌な事とか悩み事とかネガティブな部分を忘れさせてくれる、いわゆる夢のような世界へ連れて行ってくれる空間だと思っているので、より世界観が確立されている一つの物語のようなライブが大好きなんです。

 

 

 

そして、それがNEWSでいうとWhiteツアー。

真っ白な世界からNEWSが色んな色を音や衣装や演出で足していって、最後はカラフルな七色に。

彼らはどんな色にも染まる事ができるし、でも地盤は変わらない…そこをうまく取り入れている構成とセトリの流れが大好きだったから、もうこれを超える事はないんじゃ…とひっそり思っていたんですけど、今回のNEVERLANDはその私の勝手な壁を大きく打ち砕いてくれました。

 

 

 

 

 

 

そもそもNEVERLANDは、アルバムの仕掛けからして完璧で。

(え、そこから振り返る!?笑)

 

 

 

 

まず、アルバムジャケットという視覚での仕掛け。

 

f:id:suu11_11:20180216233913j:image

「NEVERLAND」が、この現実世界とは全然別の世界になっているという事が見てわかる、鍵穴付きの扉。

(レトロで可愛い。鍵穴から扉の向こう側の色がのぞいているのも良い。そして、所々にメンバーのイニシャルや文字が隠れている細やかな作り✨)

 

 

 

 

そんな閉ざされた世界にどうやって入るかというと、次は触覚の仕掛け

 

 

 

なんと、本物の鍵!

(しかもおまけ程度なんてもんじゃないよ?ガチの重さだし、作りも繊細。デザインと色も扉に見合ったレトロが感あって可愛い。紐を通す部分もあるから、身に着けることもできるよ。形は”4”と幸運を意味する四つ葉のクローバーの形、そして鍵穴に合ういわゆるロックを解除する呪文を担う部分の形は「NEWS」になってるの!なにそれ、最高かよ。)

 

f:id:suu11_11:20180308215654j:image

 

 

 

もうこれだけですんごいよね??

でもまだあるよ?

 

 

 

 

扉を開いたその先…

そこに入っていたのは…

 

 

NEWSからの、NEVERLANDへの招待状!!!

 

 

 

f:id:suu11_11:20180318095729j:image

 

 

 

 

しかもこれね、これ縦読みすると

「いっしょにね♡」になるの。

 

勝手にこっちの世界に入っておいで~

じゃなくて、「一緒」を強調してくれるんだよ?

(歌詞カードには、鍵穴の向こうから四人がこっちに向かって手を差し伸べてくれている写真が!!)

 

……なんだそれ、好き。←

 

 

 

物理的な扉・鍵・招待状が一人ひとりちゃんと手元にあることによって、NEVERLANDという世界の扉を自分の手でいつでも開けれるというリアルな視覚と触覚での楽しさと、多幸感の供給が凄い。

 

 

 

 

 

えーっと、、、ここまでまだ全く音楽を聴いてない状態よ?

 

何だこのジャケットと付属品だけでこの満足感は。

 

これだけで小一時間楽しめるわー。

 

 

 

 

 

 

って思ってたんだけど、こんなのまだまだ序盤。

扉を開けたその先には、もっと凄い世界が広がっていたんですよ…(震)

 

 

さぁ、次は聴覚の世界へ✨笑

 

f:id:suu11_11:20180308215627j:image

 

 

 

 

 

っとその前に…

私はアルバムの(1曲目)ってめちゃくちゃ大事だと思っています。

 

まず再生した時に耳に飛び込んでくる最初の1曲によって、このアルバムはどういう方向性なのか、今現在このグループはどんな音を伝えてくれて何を魅せたいのかなって想像力を掻き立てられるし、何気なく音楽を聴くという普通の日常の世界からアルバムの世界に序盤でどんだけ引き込めるかってのがかかっていると思うんですよ。

 

それはそのアーティストが好きなファンの方はもちろん、まだファンって程ではないけど興味があるから聞いてみようかな~って軽い気持ちで聴いてくれた人にインパクトを残したり魅了するのに一番大事な曲だと思うから。

リピするにしても、また1から聞きたい!って思った時に、また最初に耳に入る曲がいまいちだったらリピる比率も違ってくるんじゃないかな。

 

 

 

それを踏まえた時に、まず再生してすぐに曲ではなくてミスターインポッシブルという、NEWS以外の案内人の登場。

 

その案内人が不思議な世界に聞き手をスマートにエスコートしてくれる。

 

 

それだけでもう、この先何が待っているんだろうっていうアトラクションに乗っている時のようなワクワクドキドキ感。

 

そしてNEVERLANDの冒頭メロディーで一気に異世界へ誘われる。

 

物語の第一章の幕開けに相応しい重厚感のある、まさにダークファンタジーな印象。

「七つの脅威」や「七色の喝采」、七つのワードが呪文や伏線のようにちりばめられているから、

 

”七つの脅威ってなに!?”

"このアルバムって他にどんな曲が入っているんだろう!?"

"続きが気になる!そして最後はどう終わっていくの!?"

 

 

冒頭だけでこんなにも高揚感と冒険心を与える事って、なかなかできない事なのでは…!?

 

聞き手の意識を完全にアルバムの世界に引っ張り込んで離さない強力な1曲があるのは、このアルバムの強みだなぁ。

 

 

 

 

 

その他一見ジャンル違いの曲たちも、ミスターインポッシブルによって一つの区切りと誘導があるから、きちんと聞き手の気持ちが置いて行かれずに一呼吸置いて次の世界へすんなり入れるし、曲間の秒数も詰めすぎず空きすぎず、曲によって秒数が変えてあってちょうど良いテンポ。

曲から作り出すミュージシャンの方々は曲間の秒数もこだわるのは知ってたけど、まさかアイドルもちゃんと秒数にこだわってるとは思わなくて…本当音楽に対するクオリティ高い。

 

 

 

 

(※本当は1曲1曲語りたいくらいどの曲も重要で大切な物語の1曲だけど、書いていくと終わらない気がするので省きます汗)

 

 

 

 

そして1曲目もかなり大事だけど、起承転結の一番最後「結」部分の曲もかなり重要で。

物語の結末として、すっきりと気持ちよく。でも多少余韻を残して終わることによって夢見心地にもなるし、再度1から聞きたいな…と思わせてくれるような曲。

 

 

 そんな重要なポジションであるNEVERLANDを閉める最後の曲は、一緒に旅を終えて現実世界に戻ってきてからも、決して「一人じゃないよ」って伝えながら背中を押してくれる応援歌

 

「UR not alone」

 

 

ここをミスターインポッシブルの台詞によって、異世界と現実世界を分かりやすく別けて、夢から覚めたけど楽しかった余韻と、戻ってきてしまった虚無感に襲われたときに最大級のエールを私達にくれるNEWSが好きすぎる。。。

 

 

アルバムがまるでひとつの壮大な物語のような創りで起承転結が明確で、最後まで楽しくて飽きさせてくれない完璧な流れ。

むしろ曲順を入れ替えずに、そのままで聞きたい!

いや、そのままで聞かなきゃいけない気がする。

そう思わせてくれるアルバムは、そうそうないと思う。

 

 

 

そしてNEWSの楽曲への適応能力。

素人が聴いても分かるくらい今回のアルバム曲、どれも歌唱力がないと歌いづらい曲ばかり。女子が歌っても高いと思うくらい高音が多いし、曲ごとにテイストも全然違う。
それを数か月で習得して、さらに自分の色を付けて…
このアルバム聞いてると、ついつい本当にこの人たちはジャニーズなんだろうか?と疑問を抱いてしまう。

 

こういう事をサラッとしてくるからNEWSから目が離せないし、惹かれるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

…っと、あまりにもアルバムの創り自体が素晴らしすぎてライブの感想まだひとつも書いてないや笑

 

 

 

でもこのツアーに関しては私の語彙力じゃ素晴らしさが全く伝わらないだろうし、ダラダラと長文で書きたくなるし(すでに長文ですが笑)表現力のあるたくさんのファンの方が感想を書いていらっしゃるだろうから、書きたい所だけかいつまんで残しておこうと思います。

 

 

 

 

 

冒頭でも書いたけど、1曲目のNEVERLANDでこの世界観が確立されているといっても過言ではないくらいのクセの強い、でもキーになっている曲。

そもそもNEWSのオープニングは毎回凝っていて素敵な演出なので、今回も期待は膨らみます。

はたして、どんなオープニングになるなんだろう?ってワクワクしてたら…

 

 

まさかの汽車ーーー!!!

 

動いてるーーー!!!

 

さらにアトラクションみが増してるーーー!!!

 

 

f:id:suu11_11:20180317151845j:image

 

 

しかも汽車が分裂して棟になって、その頂点に4人の番人がそれぞれの武器を持って登場するんだよ!?

あなたたち、鍵職人だったりエスコートしてくれる案内人だったじゃんか!!

NEVERLANDの番人であり4人それぞれエリアを治める王だったんですか!?

 

f:id:suu11_11:20180317151925j:image

 

か、かっこよすぎるんですけど!!!

 

 

高揚感を掻き立てるこの構成本当たまらん!!

 

 

 

別々の武器を持って登場するアイデア最高すぎます、増田さん。

(ねぇ、何故自分とてごちゃんだけ持ち物決めてコヤシゲだけ本人達に任せたの!??ねぇ、そこをもっと詳しく…!!)

 

 

 

 

あと、演出で気になっていた事。

今回のアルバムの世界観とはそんなにリンクしているわけではない、4人とも個性豊かなソロをどう持ってくるのかなって思ってて。

 

 

それがまさか、4つのエリアに分けてゲートを作って一人ひとりの番人を置いて、ソロはじまりに持ってくるなんて…!!

 

f:id:suu11_11:20180317152244j:image

 

 

そしてソロの次1曲目で、アルバムの中で一番属性にあった曲を持ってきて、その後の曲も(たぶん)その番人や属性にちなんだ曲になってる…!

 

 

シゲちゃんは光属性(Brightest)

f:id:suu11_11:20180317152028j:image

 

小山さんは水属性(恋を知らない君へ)

f:id:suu11_11:20180317152041j:image

 

増田さんは音属性(Silent Love)

 

f:id:suu11_11:20180317152153j:image

 

てごちゃんは炎属性(BLACK FIRE)

f:id:suu11_11:20180317152222j:image

 

なんかそれぞれの歌声にもちょっとリンクするような気がするなぁ…

 

シゲちゃんは憂とか艶

慶ちゃんは切なさとか哀

増田さんは、包み込む優しさやバランス

てごちゃんは高揚感、アクセント、強さ

 

(今ぼんやりと思いついたまま書いたけど…たぶん聴く側の気持ちとか情景でも歌声の感じ方って違ってくるよなぁ)

 

 

 

 

見に来た人がそれぞれの番人にエスコートされながら旅をしている感覚で、冒険心をくすぐるうえに飽きさせないし、過去曲の配置もゲートエリアによって違和感のない流れになっているし、全体を通してみても、最初3曲と最後2曲をアルバム曲で合わせているのも世界観の確立になっていて凄い。

この流れ作った人、天才かよ…

 

 

それと個人的に花道を使ってステージを移動する時に、ジュニアを引き連れて悠々と4人が並んで闊歩する姿が超かっこよくて好き。

 

ただの移動なのに、それすらもドラマチックで前の曲の余韻を残しつつ次の曲に期待させる繋ぎの演出がいい。

 

 

 

 

 

 

 

そして、NEVERLANDの旅に終わりを告げるエンディングとして大切な曲

 

流れ星

 

 

思いだけが知っている

奇跡じゃないと信じている

何一つ終わってない

未来へと手を伸ばせ

まだ歩けるだろう

 

また歩き出すよ

まだ歩けるだろう

 

 

 

楽しかった旅に終わりを告げるけど、でもそれは悲しいことじゃないよ。まだまだ先へ行けるよって希望をくれる歌。

 

 

 

なんか、まるでNEWSの事を歌っているかのような歌詞だなぁ。

 

まだ歩けるよね、僕らの夢を繋ごう。一緒に…

 

 

と歌いながら、たくさんの黄色い光が照らしている中を隅々まで目一杯手を振ってくれ、僕たちがNEWSでした!

と、4つの輝く星のような4人が手を繋いでNEVERLANDを後にしたその先は…

 

 

 

 

 

 

唯一、NEVERLANDとは別の世界で歌われた歌

 

グランドフィナーレの

 

「UR not alone」

 

 

 

スポットライトに一人ひとり照らされた彼らは特殊な着飾りもないのに、物凄い気迫で鳥肌が立った。

 

f:id:suu11_11:20180308220003j:image

 

 

この曲の力は凄い。

自分の置かれている状況や、NEWS自身が歌う環境によって全然見え方や感じ方が違ってくるし、会場皆で歌う事によって完成されたような、いわゆる”化ける曲”。

 

自分を鼓舞したり

誰かの背中を押したり

今までの自分を称えたり

自分自身に問いかけたり…

 

 

歌割りも、まるでそれぞれのメンバーが書いたようにピッタリな部分を歌うから、さらに彼らの気持ちが重なって聴こえてくるようで心にずっしり重く響いてくる。

 

 

 

私は、ずっと東京ドームに憧れている増田さんの

「拝啓、あの日の僕へ 今はここに立っています」

と、憧れの場所で初めて歌う姿がどうしても見たくて1日目にも入った。

 

 

 

最初からもう感極まって泣いて歌えない増田さん。

それを優しく笑ってみつめるシゲちゃん。

様子をみながら、そっと増田さんのパートを歌って手を差し伸べた唯一無二の相方。

それを見て一緒に歌に入ってきてくれた慶ちゃん。

 

 

とても温かいUR not aloneだった気がする。

 

 

 

 

 

 

でもオーラスのUR not aloneは彼らの「叫び」のように感じた。

最後の最後は自分たちの気持ちを、上手に丁寧に…とかじゃなく丸裸の気持ちを、魂を歌に乗せてくれたように感じた。

 

 

 

特に、大サビ前のてごちゃんの

「あの日つまずいて しゃがみ込んだ」部分。

 

同担さんがよく言ってるように「あ」の発音がとても魅力的なてごちゃん。

だからこそ、感情が最初の音で現れていて、聞いているこっちも痛くてしょうがなかった。本当に感情をすべて吐き出して叫んでいるようだった。

 

 

でも、メンバーの力強く優しい声が1人ずつ駆け寄ってきてくれて4人の声が重なった時、4人横一列に歩き出すように聞こえた。

 

 

わきだして

 

かけだして

 

助走に変えて

 

 

いけるように…!

 

 

 

 

 

苦しい事や辛いこと、今まで影で頑張ってきたり我慢したこと。

そんな出すに出せないような感情を投影できる歌。 

 

この時期に、この曲に出会えたのは偶然じゃ無くて必然だったんじゃないかな。

 

 

 

 

  もう、これ以上望むものは何もないと思わせるくらいの力を込めて全身全霊で歌でぶつかってきてくれる彼ら。

 

 

その気迫と熱意に圧倒されると同時に、私たちも思いに応えなきゃ…!!とお互いが全力でぶつかり合う終焉は美しかったし、とてもエモかった。

 

でも、そんなエモいNEWSとファンの関係性が大好きだった。

 

 

 

予定調和を壊すのって結構難しい事。

しかもエンターテイメント性の強いジャニーズならなおさらだと思う。

(最初はアンコールを誘発するような映像がある事にかなりビックリしたもん)

 

 

なのに、今回の世界観を大事にしたいからURでグランドフィナーレであるという事を感じ取ってアンコールが起こらない&起こさないのは本当にお互いの信頼関係だと思う。

 

 

 

 

だけどオーラス当日、自分の気持ちにいっぱいいっぱいで最後の方はほぼ記憶がないけど、しっかり覚えている事があって。

 

 (※ここの部分は詳しく書こうか迷っていたけど、DVDの映像に入れてくれたのなら…という思いで感じたことを記しておきます。語彙力が無いため、全然臨場感がないのが申し訳ないですが…当日はもっともっと凄い空気感だった事だけは先に伝えておきます!笑)←あと、出てきてくれるまでもちょっと時間が長かったような気がします…

 

 

ドーム1日目、NEWSが去った後にはNEWSコールが起こった。

でも、会場の終演を告げるアナウンスで自然と終わって。

それはアンコールは見たいけど、、、でもNEWSの思いをくみ取ろうと皆が納得して自然と終わったものだったと思う。

 

 

 

 

 

でも、オーラスのNEWSコールは全然違った。

 

 

終演を告げるアナウンスがかかる度に、何度も何度も大きくなっていった。 

 

 

自分たちの思いがアナウンスの声にかき消されまいと、みんな必死だった。

 

 

 

アンコールなんて望んでいない、出てきてくれなくてもいい。

 

 

 ただ、

 

 

素晴らしいツアーを最後まで無事に完走してくれたNEWSに

 

何があっても笑顔で私たちの前に立っていてくれたNEWSに

 

全身全霊で思いを伝えてくれたNEWSに

 

幸せな時間をくれたNEWSに…

 

 

 

 

ありったけの「ありがとう」

 

を伝えたい一心だった。

 

 

 

NEWSコールが鳴り止まないどころかどんどん大きな声になっていくなか、その思いに応えて姿を見せてくれた彼らは、アイドルというより、私たちと同じ等身大の姿だった。

 

 

マイクも何も着けずに、ほぼ素の状態で。

 

見せたくない姿だったのかもしれない。

 

でも、ありのままの姿で出てきてくれて、私たちの声に目一杯応えてくれた。

 

 

そんな彼らが、お互いの手で支えあい労いながら約6万人の大声援の中をたった4人だけで闊歩する姿は儚く美しく、そして、とても愛しくて仕方がなかった。

 

 

 

そんな彼らの姿に、居てもたってもいられない!

 

この言葉にならない思いをどうしても伝えたい!

 

 

 

ドームを後にしていこうとする彼らの背中に伝えたのは、自然と沸き起こった会場による「U R not alone」の大合唱だった。

 

 

  

例えばこの声が 届くのなら 

誰でもいい 聞こえますか

胸張って さぁ叫ぶんだ

全部詰め込んだこの宣誓を

 

僕は誓うよ 一切ひかないし 一切負けない

自分で決めた道のうえ すべてをかけて

笑えるように やり抜くぞ

 

  

 

みんなのNEWSに対する想いが一つになって、揃う事の難しい広い広い東京ドームで奇跡的に一つの大きな歌声になった。 

 

 

 

 

f:id:suu11_11:20180317152542j:image

ーみんなの気持ちが1つになった瞬間、NEVERLANDはさらなる奇跡を作り出す場所ー

 

 

……完全に後付けだけど(笑) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその模様は後日、たくさんのWSで放送された。

 

その部分ばかりがピックアップされて流れていた。

 

 

 …とても複雑だった。

こちら側の勝手な思いに優しい彼らは応えてくれたけど、本当はあの時NEWSコールをしたのは間違いだったんじゃないか?

全身全霊で伝えてくれた彼らに、アンコールのような事をして失礼だったんじゃないか?

 

しなければ、見せたくなかった姿を見られる事はなかったんじゃないかな…

って思いが消化したつもりでも、ずっとずっと付きまとっていて。

 (このお話は、てごちゃんのBDブログ

で少し触れていますが)

 

 

 

 

 DVDが発売されると知ったときは、まず一番最初に終焉がどうなっているのかが気になりました。

入れてほしいような、入れてほしくないような…

だって、一生残るものだから。

でも彼らが決める事だから、どちらにしてもきちんと受け止めようと思っていて。

 

 

 

 

発売されたDVDには、最後の最後まで映像を入れてくれていた。

 

NEVERLANDの世界観を大切にしたいから、アンコールが起こったとしても絶対にしないと決めていた彼らが。

 

 

しかも、そのステージに再度上がってくれるまでの舞台裏までも収めてくれていた。

 

 

 

…そっか、あの時の私達ファンの思いは真っ直ぐに伝わってたんだね。

 

 

 

 

 

 

そして、きっと乗り越えたんだね。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり私は、この背中が大好きだなぁ。

 

 

 

f:id:suu11_11:20180317152839j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……あはは、自分で読んでても超気持ち悪いくらいエモいですね、すみません汗

 

 

今回はどうしても「楽しい」という感情だけじゃなかったからね。

(今でもかなり引きずっているから当時の諸々は話したくもないし、少しでも悪意ある事をした人は全員不幸が訪れる呪いにかかればいいのに…って今でも思ってるけどな!!毒)

 

 

 

 

でもNEVERLANDの世界に触れるたびに、今回は裏側とかいらないなーって勝手に思っていたんだけど、オーラスが終わったいま、改めて付けなかったの本当にナイスな判断!

むしろNEVERLAND本編自体がもうドキュメントのようだったもんなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

…っという事で(まとめが雑)

NEVERLANDは、エンターテイメントとドキュメントの両方を掛け合わせたようなワクワクドキドキ心揺さぶる、そしてNEWSの4人がスペシャルにカッコいい&可愛いすごく素敵な映像です!

 

 

特にジャニーズに興味が無い方から見ても絶対面白いと思うくらい世界観の確立や魅せ方にこだわっている作品だから、是非色んな方に見て・知ってほしい超お勧めの一品でございます!

 

 

初回盤は、東京ドームと大阪城ホールという全く違う規模の会場が収められています。

できるだけ近い距離で会いたい願ってくれたホール会場、迫力満点でたくさんの方を魅了できる東京ドーム。

 

どちらもNEWS自身がこだわった部分です。

色んな違いの良さや、違わない良さ、それぞれの魅力が比較できて面白いボリューミーな4枚組です✨

 

 

通常盤は、初回盤にも入っている東京ドーム公演と、NEWSのひたすら可愛いワチャワチャっぷり&自由さが堪能でき、笑い皺増えるやないかーーーってくらい面白いMC集です(♡´ω` )

f:id:suu11_11:20180317153021j:image

 

どちらも超お勧めですよ!

 

 

 

 

 

 一緒に、NEVERLANDの旅に出てみませんか?

f:id:suu11_11:20180216234304j:image

 

 

 

追記:ちまちまブログを作成している間に、もう明日には次のアルバム「EPCOTIA」が発売されますね!

NEVERLANDから抜け出せない私ですが、次回も世界観を大切に作っているようだし、NEVERLANDから繋がるものもあるようですので、NEVERLANDを作ったNEWSが、次はどんな世界を魅せてくれるのか楽しみですね♡